スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

8/28~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~「夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店」売上増・新規・ドライテック・透水・水たまり・舗装2017/08/18 update

20150730_145409.jpg

8/28夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

※透水性コンクリート「ドライテック」と併せて、メッシュ筋の要らない生コン「メッシュレスコンクリート」のご案内もいたします。

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店 (愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

※メールでの受付はこちらまで→http://www.ito-syouten.com/mailform/

必要事項

①お名前

②メールアドレス

③「ご用件内容」⇒8/28施工体験会の参加希望の有無

FAXでの受付

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤大司)

TEL. 090-7087-5443 (担当;伊藤大司)

お問合せ先は伊藤商店の伊藤まで気兼ねなくご連絡ください。→090-7087-5443

「上に目線を移すことができるのかな」 水たまり・路面2017/08/18 update

「上に目線を移すことができるのかな」 水たまり・路面

 

すごい雨だ。

今ようやく電車に乗り込むことができた。

(2017年8月15日14時半ごろ)

神田駅まで5~6分。

所要を済ませて雨降ってるから傘さして。

とぼとぼ歩いたたった5~6分で靴下はびしょ濡れ。

傘をさしてたのに背中とリュックの中身びしょ濡れ。

ここは東京ディズニーリゾートであり、

スプラッシュマウンテンでスプラッシュを浴びたんだ。

そう言い聞かせてもどうしてもテンションがハイになれない。

まだまだ修行が足りないようだ。

生コンブログの始まりである。

猛烈な雨。

のど元過ぎればだと思う。

たまに見舞われて、

運が悪かったとあきらめればいいのさ。

野良犬にかまれたようなもんさ。

と。

そうではない。

例えば、道行く路面がすべて透水性コンクリートだったとしたなら。

せめて足元だけはうっすら水が張ることもなく。

例えば窪地に水がたまることもない。

跳ね返りもないから足元を気にせず歩行することができたろう。

その注意は別のところに向けられる。

例えば傘がちゃんと全身を保護しているだろうか。

リュックに水が入り込まないだろうか。

本来そちらに向けられるべき注意は、

「水たまりにはまりませんように」

とどうしても下へ下へ向けられることになる。

そして結果的に現在電車に乗っている僕は全身水浸し。

テンションはなかなかハイになれていない。

本来は今日はすでにブログを3本UPしてあるので、

電車乗車中は別のことに時間を割くつもりだったのだが、

雨に見舞われて不覚にも前進ぬれねずみになった悔しさから、

4本目のブログを書いている。

雨ごときの外的要因に、

僕という人間は不覚にも影響されてしまったのだ。

本来はもっと別の有効な貢献のできる行為に時間をさけたかもしれない。

であるにもかかわらず僕は雨から受けた影響に心を動かされ、

単なる愚痴のような論旨展開をブログに乗せてしまっているのである。

これがもし路面が透水性コンクリートだったとしたならば、

きっと僕は濡れた靴下に不快な思いになったりせず、

もっと貢献出来る時間を電車乗車中に楽しんでいたことだろう。

そしてそれはきっと身近な人にハッピーを届けたり、

もっともっと多くの人たちに明るさを提供できたり。

そんな活動につながっていたのだと思う。

それが、路面が透水性コンクリートでなかったばかりに、

水たまりがあちこちに発生していたばっかりに、

そんな心の余裕を持つことができずに僕は今ブログを書いている。

今大雨に見舞われて同様の気持ちになっている幸福ではないすべての皆さん。

そんな気持ちにさせてしまっている責任はこの僕にあります。

もっと力を得て。

もっと影響力を持って。

もっともっと透水性コンクリートを普及させます。

雨が降るのは仕方ないけど、

少なくともびしょ濡れにならなくてもいい技術くらいは持ってます。

この技術がきちんと普及して。

今の僕みたいに幸福ではない気持ちになる人を減らすことができたら。

今の僕の悔しさも少しは和らぐかな。

そしたら路面ではなくて上に目線を移すことができるのかな。

転載元:宮本ブログ

ドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

愛知のドライテック施工体験会は→http://www.ito-syouten.com/dw/case/_in.html

「答えはブログで」 中小企業・連携2017/08/18 update

「答えはブログで」 中小企業・連携

IT変化のスピードは著しい。

最近は仕事におけるE-mailの優先順位が低くなってきている。

もはや日報の存在感も希薄だ。

SNSやグループチャット(メッセンジャーやLINE)、

Googleサービス群(スプレッドシート等)。

コミュニケーションは自動的に保存される。

業務がそのまま記録される。

後ですぐに検索することができる。

非常に便利になってしまったものだ。

さらにもう一歩踏み込みたいと思う。

このところの僕の仕事(特にデスクワーク)は、

ブログ

で片付いてしまっている。

・何か案内を作成してほしい

・企画を立案してほしい

・製品提案をしてほしい

・プレゼンを作ってほしい

・会社の制度を新しく設定してほしい

お客様や社内から寄せられる多くの要望。

それらすべてはこれまでいちいち作るべきものだった。

このところその作業がすべてブログのネタと化している

ブログを作成して社内グループチャットで共有したり、

お客様にmail添付してお送りしたりなどしている。

非常に無駄がないのだ。

業務のための業務。

日報作成が代表例だ。

日報を作っているその時間は全く何も生産していない。

ITの現代活動をITベースで行えばそれらはすべて自動的に保存される。

最近社内のMTGなどはFacebookの履歴を確認するくらいになっている。

日報など見ることがない。

一発検索で過去の活動履歴がたどれるのである。

スピードは今後さらに加速するだろう。

日頃から考えていること。

大企業に比べて中小企業が秀でていることは少ない。

その数少ない秀でていることの中で、

「スピード」

が俄然光っていると思う。

大企業の意思決定はどうしても遅くなる。

中小企業が市場経済の中で大企業に伍していくためにはこの、

「スピード」

をとことん磨き込んでいく必要があると常々感じる。

意思決定も早ければ、

間違っていればその軌道修正も速い、

撤退も速いし、

実行も速い。

そんなあり方が求められているのだと思う。

大企業が大型船とするならば、

中小企業は小型ボート。

好きなところにすぐに駆けつけて成果を上げることができる。

あそこに魚群(チャンス)があるそうだ。

すぐに駆けつけることができる。

大企業が意思決定に時間をかけているその時間に、

すぐにその市場にありつくことができる。

情報に関してチャンスは現代平等となっている。

IT(流動性の向上)が平等をもたらした。

情報において平等な時代というのは過去の長い歴史の中でなかったことだと思う。

情報格差がすなわち大企業と中小企業の差だったわけだから。

情報格差がなくなった現代。

中小企業と大企業を隔てる要因は過去の蓄積だけでしかない。

情熱と行動力、そしてスピードを生かせば充分輝ける市場環境といえる。

やるべきことを決める。

そのテーマにとことん向き合って、

心底ほれ込んでいるテーマであれば、

後は一点集中で全リソースを注力する。

誰よりも速く、

熱心に実行する。

とことん貫く。

これから僕たち中小企業はきっと素晴らしい幸福を手にするだろう。

大企業が膨大な稟議や調整に追われている一方、

僕たちは好きなことにとことん熱中することができるのだ。

「○○ってどういう意味ですか?教えてもらえませんか?」

「答えはブログで書いてから回答します」

1 to 1のコミュニケーションに終わらず、

同じような課題や困ったを抱えている全ての人に、

ブログやITツールはソリューションを届けることができる。

1 to ALL

「答えはブログで」

昔書いていた日報はすべてやめてしまった。

業務のための業務はすべてきれいさっぱりやめてしまった。

不安がないわけではない。

日頃何をしているかといえば、

利害関係人との面談(意思決定や合意形成など)またはブログとランニングと自己啓発だけ

変化の連続で不安定だから不安もないではない。

このワークスタイルは果たして正しいのか。

そんなことを考えたりもする。

特に堅い商売とされる生コン業でブログを毎日何本も書いていて、

不安を感じないはずがない。

そんな奴僕だけだからだ(笑)

まあ、ただし、確信もある。

時代が変化した。

既成のルールが壊れようとしている。

大企業は確かに強いけれど、

細分化していくとどうしてもゆるみがある。

個別の局面においては、

覚悟を決めて迅速に動く小型ボートの中小企業の死ぬ気の仕事

にはどうしても勝てない。

これも事実。

そして、そんな小型ボートは小型ボート同士、係留しあうこともできる。

大波が表れたときに小型ボート同士つながっていれば転覆も免れる。

日本の中小企業の象徴。

生コン業。

地域を制限され、

情報を制限される。

そんな小型ボートも互いに係留しあい、

それでいて個別のテーマに情熱を傾けて、

猛スピードで動く。

誰よりも速く。

その集積が社会を変えるのは理屈では通る話だ。

後は、その理屈を実践するだけの話である。

転載元:宮本ブログ

「夏こそ粉まみれ!」 セルドロン・シールドトンネル・月刊GPP・県産品・残コン2017/08/18 update

お盆など大型連休はつらい。

WEB閲覧者数が伸び悩む。

深刻な問題である。

夏は辛い。

みんな、スマホやPCの画面から離れて、

青い海や空を見て、

休んでるぜ、楽しいぜ

とか思ってるのかもしれない。

その安息の裏側には僕のように苦しんでいる男がいることを忘れてはならない。

生コンブログの始まりである。

obonnnoochikomi.PNG

お盆が始まる前の火曜日をピークに、

順調に閲覧者数が減少していく。

昨日2017年8月13日は見事に底をついたかに見える。

甘い。

底はさらに先にある。

今日もみんなは海だ山だ川だと浮かれている。

そんな彼らにこのWEBサイトをどうにかして閲覧させる。

どんな手段があるだろうか。

閑話休題。

gekkannserudoronn2.PNG

ブログを書くときにネタ元としている月刊誌。

「月刊GPP」

というのがある。

セルドロンの製造元であるグロースパートナーズが月1で発行している。

今日はその商会をしたいと思う。

セルドロン。

ここには、僕があやふやな論調で紹介した、

・京都大学との共同研究の様子

・愛媛県県産品指定

などが詳らかにされているので読まれたい。

さらに、

gekkannserudoronn1.PNG

今回はちょっとうれしいことに、

・残コン技術フォーラム

の紹介のほかに、

・富士植木さんによる佃公園(セルドロン採用)完成報告

・韓国人職印によるコラム「日韓カラオケ比較」

など内容が盛りだくさん。

今、個人的にカラオケが趣味になりつつある。

ヒトカラ(一人カラオケ)とかみんなの前で熱唱とかじゃなく、

深夜昔好きだったアメリカのロックバンドとかのYoutube動画を聴きながら、

Google Playでその歌の歌詞を読み音読するという非常に暗い趣味にふけっている。

あなたが海や山に興じているときに、

僕はそんな趣味を発掘してしまったのである。

助けたいと思わないだろうか?

そんな僕を助けるためには、

読まなくてもいいからポータルサイト「生コン」にアクセスだ。

FBでシェアだ。

タグ付けだ。

今日も地味にセルドロン関係者(GPら)とスーパーゼネコンの現場訪問を予定している。

セルドロンを地下シールドトンネルで利用したいとの問い合わせである。

必ず役に立つだろう。

その模様はまた地味にこちらで紹介したいと思う。

夏こそ粉まみれ!

セルドロンは世界を救います!

青い海を守るためには浚渫が進まねばなりません。

浚渫にはセルドロンが有効です。

夏は人を惑わせます。

転載元:宮本ブログ

「イケメン夏フェス in 富山」 残コン・富山・見学会2017/08/18 update

「イケメン夏フェス in 富山」 残コン・富山・見学会

イケメンという生き物がいる。

生まれながらにしてその十字架を背負う。

イケメンであること。

それ以上でもそれ以下でもない。

彼のことを人々はいつしかそう呼ぶようになった。

イケメン

in

富山

あづまコンクリート工業

やります、やらせてください。

残コン技術フォーラム in 富山・あづまコンクリート工業(第23回)

残コン。

富山は困ってませんか?

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年9月7日(木) 13:00~15:00迄

・会場 あづまコンクリート工業 (富山市藤ノ木354)

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

・返信先

あづまコンクリート工業

FAX. 076-493-0834 (担当;毛利)

TEL. 076-421-7708 (担当;毛利)

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします

コンテンツ 見学会とセミナーがございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連

・その他

対象;圧送業者、生コン業者、建設業者、その他関係者

残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

「イケメン夏フェス in 富山」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

イケメン夏フェスである。

夏だ!

水着だ!

花火だ!

イケメンだ!!!

である。

何年か前僕が富山のあづまコンクリート工業を訪ねたとき。

同行の白石建設武南さんと僕はテレビ局の取材にあった。

富山駅に到着直後のことである。

「富山に何しにきたんですか?」

という質問だった。

「イケメンの生コン工場を訪ねに来ました」

取材クルーは色めきたった。

イケメンが僕たちを迎えるためこの後登場する。

「実は富山の元気な企業を特集する番組やってまして」

これ以上ない偶然だと思った。

ワクワクしながらイケメンの登場を一同待った。

「毛利さん、明日テレビ局が取材してくれるって言ってます!」

登場したイケメンに報告をした。

「いや、ちょっと、そういうの無理なんで」

にべもなかった。

イケメンたるゆえんである。

何の話をしているのかわからなくなってきた。

20807014_1025872117515120_480007298_o.jpg

お盆休み2日目なんていう人も多かろう。

今、こんな場所でブログを書いている。

食後のコーヒーまですすっている。

まるで、人気ブロガーみたいなブログの書き方で恐縮である。

右手遠景にけぶって見えるのは初島である。

晴れたらさらに絶景である。

しかし伊豆地方は連休ともなると非常に混雑する。

海水浴客でにぎわっている。

ますます何を書いているのかわからなくなってきたところで、

生コンブログ以上終了である。

転載元:宮本ブログ

「知りたければ岐阜の丸河興業で!」 残コン・岐阜・見学会2017/08/18 update

「知りたければ岐阜の丸河興業で!」 残コン・岐阜・見学会

寝坊してしまった!

というよりも、寝坊できる体になった!

ということを喜ぶべきなのかもしれない。

ここ1~2年、寝坊ができなくなっていた。

これは、加齢、ということなのだろうか。

よくお年寄りは早く起きちゃうといわれる。

これは、「寝るのにも体力を要する」ということで説明されるようだ。

僕、そんなに体力ないですか。

寝れないんす。

生コンブログの始まりである。

そんな寝坊できない僕だったが、

このところ快眠すさまじい。

理由を知りたいだろうか?

僕も2年前だったら猛烈に知りたい。

9880円くらいなら出してたと思う。

というわけで、

僕が快眠できる(おまけに快便)理由をここにご紹介しよう。

その前に、残コンフェスのお知らせである。

残コン技術フォーラム in 岐阜・丸河興業(第22回)

残コン。

岐阜は困ってませんか?

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年9月6日(水) 13:00~15:00迄

・会場 丸河興業 (〒509-7204 岐阜県恵那市長島町永田307番地68)

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

・返信先

丸河興業

FAX. 0573-20-3101 (担当;日下部)

TEL. 0573-20-3010 (担当;日下部

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします

コンテンツ 見学会とセミナーがございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連

・その他

対象;圧送業者、生コン業者、建設業者、その他関係者

残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

「知りたければ岐阜の丸河興業で!」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

今回22回は岐阜開催である。

全圧連(全国圧力団体連合会)加盟会社。

丸河興業さんは、生コンもポンプもやっている、という、

会場としては理想的この上ない立地環境である。

9月6日にやります!

やらせてください!!!

というわけで、快便の秘密だが、

この流れはきっと「知りたければ岐阜の丸河興業で!」となるのだろう。

人生変わりますよ。

睡眠はおおむね人生の3分の1というではないですか。

質が変わるんですよ。

それはすべてに影響すると思うな。

ということは、これは、岐阜にいかなければね。

交通費なんてただみたいなもん。

さらには、残コンに関する熱い人脈構築もできるのだから!!!

ごめんなさい。

悪ふざけが過ぎました。

明かします。

寝坊できるようになった理由。

それは。

毎日5㎞以上ランニングして、

週2くらいで水泳に通い、

ソフトボールで常時背中のコリをほぐす習慣を身に着け、

1日に2時間は自己啓発にいそしんで、

仕事する。

でした!

これをやれば簡単に寝坊できる体になります!

おすすめです!!

というわけで、岐阜で握手!!!

Enjoy Summer

 

「大分の残コンはどんなかな?」 大分・見学会・残コン2017/08/18 update

残コン技術フォーラムも夏フェスやってます!!

夏フェスは今年からの取り組みだけど、

中山譲先生のサマーカレッジと場所がかぶったらいいのに、

そんな風に思いながら。

夏フェスやってます!!

なんか、小学校1年生の頃の先生と未だにつながれる。

SNSの時代っていいよね!

ってことで、9月2日は大分で残コン技術フォーラム開催です!

残コン技術フォーラム in 大分・大分総合建設(第21回)

残コン。

大分は困ってませんか?

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年9月2日(土) 13:00~15:00迄

・会場 大分総合建設 株式会社 (〒879-0604 大分県豊後高田市美和1737番地1

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

・返信先

大分総合建設 株式会社

FAX. 0978-24-3170 (担当;小拂)

TEL. 0978-24-3350 (担当;小拂

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします

コンテンツ 見学会とセミナーがございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連

・その他

対象;圧送業者、生コン業者、建設業者、その他関係者

残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

「大分の残コンはどんなかな?」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

大分の残コンはどんなかな?

少なくとも大分総合建設の残コンは非常に素晴らしい方法で処理されている。

一度見学に伺ったとき驚いた。

その見学だけでも一つの目玉になりうる。

今日の午後からのコンサートが楽しみすぎてテンションが変になっている。

夏休みだから仕方ないよね。

今回は小拂社長のお取り計らいでなんと、

大分工組とのコラボフェス!!!

ということだそうだ。

こりゃあ、見逃せない。

というわけで、大分でもやります!

なんと、21回です!

お見逃しなく。

Enjoy Summer

ドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

愛知のドライテック施工体験会は→http://www.ito-syouten.com/dw/case/_in.html

8/28~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~「夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店」売上増・新規・ドライテック・透水・水たまり・舗装2017/08/17 update

20150730_145409.jpg

8/28夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

※透水性コンクリート「ドライテック」と併せて、メッシュ筋の要らない生コン「メッシュレスコンクリート」のご案内もいたします。

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店 (愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

※メールでの受付はこちらまで→http://www.ito-syouten.com/mailform/

必要事項

①お名前

②メールアドレス

③「ご用件内容」⇒8/28施工体験会の参加希望の有無

FAXでの受付

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤大司)

TEL. 090-7087-5443 (担当;伊藤大司)

お問合せ先は伊藤商店の伊藤まで気兼ねなくご連絡ください。→090-7087-5443

「大分の残コンはどんなかな?」 大分・見学会・残コン2017/08/17 update

転載元:宮本ブログ

あなたの小学校1年生の時の先生どんなでしたか?

覚えているだろうか。

印象は?

優しかった?

怖かった?

僕の1年生の時の先生は今歌ったり踊ったり全国を回っている。

夢やワクワクを届けている。

中山譲先生と過ごした小学校1年生の思い出。

とにかく歌ったり、踊ったり、演技したり。

今日先生のコンサートが熱海市で開かれる。

生コンブログの始まりである。

子供のころの先生が歌手(シンガーソングライター)になってます。

そんな人あんまりいなかろう。

本当に優しい先生。

サマーカレッジという活動で全国を飛び回っていらっしゃる。

ちょっとこのままだと生コンブログにならないので、

むりやりこじつけようと思う。

残コン技術フォーラムも夏フェスやってます!!

夏フェスは今年からの取り組みだけど、

中山譲先生のサマーカレッジと場所がかぶったらいいのに、

そんな風に思いながら。

夏フェスやってます!!

なんか、小学校1年生の頃の先生と未だにつながれる。

SNSの時代っていいよね!

ってことで、9月2日は大分で残コン技術フォーラム開催です!

残コン技術フォーラム in 大分・大分総合建設(第21回)

残コン。

大分は困ってませんか?

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年9月2日(土) 13:00~15:00迄

・会場 大分総合建設 株式会社 (〒879-0604 大分県豊後高田市美和1737番地1

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

・返信先

大分総合建設 株式会社

FAX. 0978-24-3170 (担当;小拂)

TEL. 0978-24-3350 (担当;小拂

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします

コンテンツ 見学会とセミナーがございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連

・その他

対象;圧送業者、生コン業者、建設業者、その他関係者

残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

「大分の残コンはどんなかな?」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

大分の残コンはどんなかな?

少なくとも大分総合建設の残コンは非常に素晴らしい方法で処理されている。

一度見学に伺ったとき驚いた。

その見学だけでも一つの目玉になりうる。

今日の午後からのコンサートが楽しみすぎてテンションが変になっている。

夏休みだから仕方ないよね。

今回は小拂社長のお取り計らいでなんと、

大分工組とのコラボフェス!!!

ということだそうだ。

こりゃあ、見逃せない。

というわけで、大分でもやります!

なんと、21回です!

お見逃しなく。

Enjoy Summer

「パクろうとしている企業も大勢あるようです」 R2・全圧連・残コン・価格2017/08/17 update

「パクろうとしている企業も大勢あるようです」 R2・全圧連・残コン・価格

・ポンプホッパー残コンを生コン工場で処理する場合の費用負担

全国平均は不明だが、おおむね10,000円~

・残コンを処理したり場外搬出すること自体アンコンプライアンス

そのため、R2を使用して場内適正処理を行えばコンプライアンス

・8,000円~でゼネコンへ販売(地域によって違います)

場内での再利用方法としては仮設路盤材など

ささ、まあ、まずはご覧いただきたい。

お分かりだろうか?

R2である。

全圧連。

全国圧力団体連合会(最近あんま受けなくなってきた)から、

この10月1日リリース予定のR2の映像である。

R2とは、

・Reduce

・Reuse

の2つのRをとったもの。

今、残コン技術フォーラム×全圧連の精力的な活動により、

非常に注目を集めています。

パクろうとしている企業も大勢あるようです(笑)

そんなR2

全圧連から以下の建付けでリリースされるようです。

・ポンプホッパー残コンを生コン工場で処理する場合の費用負担

全国平均は不明だが、おおむね10,000円~

・残コンを処理したり場外搬出すること自体アンコンプライアンス

そのため、R2を使用して場内適正処理を行えばコンプライアンス

・8,000円~でゼネコンへ販売(地域によって違います)

場内での再利用方法としては仮設路盤材など

夏休みが始まった。

毎度大型連休になると、

「やべぇ、ブログのネタがない」

と多少の不安に見舞われるものだが、

この夏はその心配がまるでない。

次から次へと書きたいことや書かなければならない事に見舞われている。

充也、

幸せである。

ハッピーである。

白い粉のことで心からハッピーである。

なんか、やばい感じがする。

ピースピース!

そんな感じだ。

このところ多くの関係者に実に学ばせていただいている。

本人の諒解を得ていないのでまだ名前は書けないが、

全圧連関係者の若頭(みたいな見た目の人)の仕事の進め方は実に参考になる。

流通全体のことを想定しながら、

尚且つ現場がきちんと済むように、

製品そのものではなく製品パッケージ全体を作り上げる能力。

僕は、R2にその実相を見ています。

これから、偽物、もたくさんでてくるでしょう。

似たようなものをちょっと安くしたり。

売り子が一所懸命ポンプ屋さんを回ったり。

R2より安いです!

なんつって、

忙しく立ち回ることでしょう。

ここ最近わかってきたことがあります。

焦らず信じた道を突き進む。

長い歴史を振り返ればわかること。

所詮偽物は偽物。

本物が生き残る。

R2

もう、リリースまで2か月を切りました。

残コンが少しずつ解決されていく。

なかなかスリリングな毎日です。

転載元:宮本ブログ

このページのトップへ