スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「これじゃ全く意味ないじゃん」 駐車場・車寄せ・集水桝・水たまり・水勾配2017/12/11 update

「これじゃ全く意味ないじゃん」 駐車場・車寄せ・集水桝・水たまり・水勾配

とある駅の車寄せ。

舗装はアスファルト舗装になっていて、

雨模様。

雨の日に気にするのは車の乗り降りの時の水たまり。

特に出発するときなんか扉を開けてそこが水たまりだったら、

いちいち車を移動させなければならない。

万が一水たまりに足を突っ込んだらアウト。

時間がなければそのまま電車に乗り込み目的地に向かわなければならない。

一日ブルーだ。

写真はそんな水たまりを防止するために設置されている、

集水桝

と呼ばれるコンクリート構造物の周りの写真。

24323925_1106273872808277_660478459_o.jpg

「これじゃ全く意味ないじゃん」

こんな突っ込みをついつい入れてしまう。

少し専門的な話しになっちゃうけれど、

集水桝の周りには、

「水勾配」

といってスロープが設置されることになる。

そのスロープが水を集水桝に導き、

水は適正に処理されることになる、

はずなんだけど、

実際はそうはいかない場合が多い。

それはアスファルトの性質に起因する。

アスファルトの性質

アスファルトのいいところでもあり悪いところでもある、

靭性

という性質。

コンクリートに比べてアスファルトは荷重や応力に対して、

ぐにゃり

と変形することが知られている。

脆性

とあらわされるようにコンクリートは変形や応力に対して、

「もうだめ」

となった場合ぐにゃりではなく「ぱりん」と割れる性質を持つ。

この人生。

轍(わだち)などの現象を引き起こすことが知られている。

集水桝の周りの轍

どうしても降車する場所は水たまりを避ける。

するとついつい集水桝の周りとかになっちゃう。

わだちができる

せっかくの水勾配にわだちができて、

そこに水がたまるようになる。

集水桝のまわりに水たまりができる。

足がはまる。

1日ブルーになる。

※映像は熊本の緒方生コンさんで撮影されたもの(見学会の様子)

コンクリートは轍がおきない

だから、駐車場などの舗装には向いている。

集水桝の周りがくぼんだりしない。

ましてやこのところ普及著しい透水性コンクリートならば。

そもそも集水桝なんかもいらない。

水勾配だっていらない。

どこだって水を吸い込んじゃうからだ。

脆性

を説明したけれど想定以上の荷重がかかると、

「ぱりん」

問われてしまうことが知られている→ひび割れ

だから、割れないように厚みをとる(100㎜とか150㎜とか)

適材適所だからどっちがいいという問題ではない。

アスファルトにはアスファルトのいいところ。

コンクリートにはコンクリートのいいところ。

いずれもある。

当サイトは「生コン」だから、

押され気味のコンクリートの肩をどうしても持ってしまう(笑)

事実95%が舗装はアスファルトというのが我が国の現実なのだ。

(※ちなみにお隣韓国は50:50と肉迫している)

「これじゃ全く意味ないじゃん」

もし駐車場を検討している方がいるならば。

そんな気持ちにならないように。

透水性コンクリートも検討の一つに加えてもらいたいと思う。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「え?ウッドデッキの上に駐車してもいいの?」2017/12/08 update

「え?ウッドデッキの上に駐車してもいいの?」

先日は立会ありがとうございます。H.Pに早速掲載されているので、びっくりしました。せっかくなので、完成の写真を見て下さい。

お客様からの反応はとてもうれしいじゃん?

いきなりため口で恐縮だが、

うれしさは伝わると思う。

納めさせていただいた材料のフィードバック、

喜びのお言葉。

僕もそうだけどおいしいご飯をつくってくれた人には、

「ごちそうさま。超おいしかったです」

そんな風にフィードバックすることってすごく大切だと思ってます。

ただ、それが仕事になるとサプライチェーンは、

金銭の授受があるから当然

くらいになっちゃって、

日頃お世話になっている人たちに感謝の言葉をかけ忘れることも。

生コンブログの始まりである。

23828889_1987352491477960_1659434152_o.jpg

Before

IMG_4418.JPG

After

目を疑わないだろうか?

ウッドデッキにライン引いてありまっせ。

カーストップが設置してありますよ。

え?ウッドデッキの上に駐車してもいいの?

ふつうそう思わないだろうか。

これを実現したのも以前の記事(http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_273.html)出ご紹介した、

透水性コンクリートのなせる業。

技術

アイディア

お客様から頂いたメール。

先日は立会ありがとうございます。H.Pに早速掲載されているので、びっくりしました。せっかくなので、完成の写真を見て下さい。

心温まるではないか。

12月にも入り人のぬくもりが恋しい季節だ。

このようにお声かけ頂ける。

供給させていただいた業者に見せる配慮。

まことにありがとうございます。

さらにさらに貢献できるよう努力してまいります。

そんなわけで、

以前紹介したBefore記事のその後、

After記事をお客様からのご高配でこのようにご紹介できた。

今後もこのような実績紹介ができたら幸いである。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「本家福井での残コン技術フォーラム」 福井・残コン・見学会2017/12/08 update

「本家福井での残コン技術フォーラム」 福井・残コン・見学会

社会人ならだれにでも大切なパートナーがいるはず。

川端工業の中村光宏さん。

彼から連絡をいただいたのは1年とちょっと前の初夏だった。

圧送業者さんからの連絡

なんだろう?

初めてのケースだな。

そこから僕の残コンに関するキャリアが大きく変化した。

残コン技術フォーラム

翌年、つまり今年の春。

全生の技術大会が開催されているその日に、

残コン技術フォーラムは発足した。

・ゼネコン(需要家)

・圧送業者

・生コン工場

業種業態の垣根を越えて残コンを議論する場。

中村さんのお力添えでそんな場所が生み出された。

その後、5月下旬に出張版残コン技術フォーラムが、

ご当地野方菱光で開催された。

その打ち上げの席で、

「いっちょ47都道府県回りますか?」

気さくな問いかけに中村さん、

「はい」

非常にライトなご返事を頂戴し、

前回京都で31カ所を全国行脚したことになる。

ノリである。

このまま47都道府県年度内に突っ走りたいと思う。

考えると鈍る。

考えずに走っちゃえと思っている。

そんな場所をつくるために共に力を合わせている同志。

川端工業中村さんのおひざ元で開催します。

残コン技術フォーラム in 福井・川端工業

残コン。

福井は困ってませんか?

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年12月9日(土) 15:00~16:30頃迄

・会場 川端工業 (福井県 福井市 八幡町23-1-1)

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

※いずれかに〇を囲みご返信ください

御社名;         ご担当者名;         連絡先;          

・返信先

FAX. 0776-59-2334(川端工業 中村)

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします

コンテンツ セミナー(またはデモ)がございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連)

・その他

対象;生コン関係者(ゼネコン、圧送業、生コン工場、他)

残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

「本家福井での残コン技術フォーラム」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

個人的に一番楽しみにしているのは、

福井のあきよしが出前で来てくれる!

あの焼き鳥、

あの福井県人のソウルフードを現場で楽しめる!

ということ。

来てね♪

転載元:宮本ブログ

「福井次世代の土間コン」 福井・土間コン・見学会・透水性コンクリート2017/12/08 update

「福井次世代の土間コン」 福井・土間コン・見学会・透水性コンクリート

いよいよ師走だ。

先生も走るというけれど、

僕は先月11月月間300Kを達成した。

なにかいいことがあったか?

人から「変態」と呼ばれるようになった。

それ以外は特に何も変わらない。

今日も変わらず生コンブログの始まりである。

24281958_1104599456309052_1135213091_o.jpg

※金沢(きんなま)で開催された透水性コンクリート見学会

24271316_1104599389642392_1743260678_o.jpg

※特設の型枠に直取で打設

24271346_1104599446309053_1208752242_o.jpg

※室商さん特製の仕上げ方法。景観舗装のエキスパート、有限会社室商

24281710_1104599452975719_189065263_o.jpg

※その性能を熱弁

「これなら30分で終わっちゃいますよね?」

ご来場いただいたお客様にご説明をする。

たしかに、これなら30分で終わらせることができる。

次世代の土間コン。

夕方から打てる土間コン。

クレームや水勾配を心配しなくてもいい。

そんな土間コン。

来週12月9日(土)は福井でも見学会やります。

おかげさまで全国区で普及が始まっている、

次世代の土間コン、ドライテック。

ご当地川端工業にて、福井の雄が主催します。

夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 福井・川端工業 ~ 今時の土間コンは【水勾配】ありません ~

・生コンの注文と同じようにオーダー

・打設後すぐ仕上げ(ブリーディングがない)!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり(住宅外構の場合)

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・メッシュ筋の配筋不要

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度(※詳細は説明会で)

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草が生えません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

・日時 2017年12月9日(土) 14:00~15:00頃まで

・場所 川端工業 (福井県 福井市 八幡町23-1-1

・施工 ご参加各位におかれましても施工を体験していただけます

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先       

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

FAX.  0776-59-2334(川端工業 中村)

月刊透水性コンクリート事務局 まさつぐ(090-6596-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

「福井次世代の土間コン」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

当日前後にはほかの勉強会も開催されています。

12月9日は色んな技術に川端工業で触れましょう♪

ご来場心待ちにしています。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「あきよし川端工業色合わせ」 体験会・福井・コンクリート打ち放し・色合わせ2017/12/08 update

転載元:宮本ブログ

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「あきよし川端工業色合わせ」 体験会・福井・コンクリート打ち放し・色合わせ

全部載せはお好きですか?

昔(今もあるかも)じゃんがらラーメンというお店があって、

そこのメニューに、

「全部載せ」

という甘美な響きのラーメンがあった。

全部載せるのである。

すべてを載せちゃうのだ。

生コンブログの始まりである。

コンクリート打ち放し色合わせ体験会

昨日は北陸金沢においてきんなま(金沢生コン)さん主催でワークショップが開催された。

※お馴染みのご挨拶から始まる

(生コン屋さんとコンクリート補修)

24209852_1104599406309057_812425309_o.jpg

※みんなで色合わせ体験

24271591_1104599472975717_1730934849_o.jpg

※室商の室田さんの作品。初めての色合わせにしては上出来

24201451_1104599422975722_2114383728_o.jpg

※最後はそれぞれの打ち放しをもって記念撮影

24209754_1104599382975726_308551883_o.jpg

※この後5㎞走って月間300Kmを達成。ただ自慢したかっただけですごめんなさい

そんなコンクリート色合わせ体験会

来週9日土曜日は福井でやります!

しかも、

当WEBサイトの見学会はこの色合わせの他に、

・残コン技術フォーラム

・夕方から打てる土間コン(次世代の土間コン)見学会

を含めて3点揃えている。

それら3点が今回初の、

全部載せ

福井で全部載せとなる。

これは貴重な会となる。

是非参加するといい。

夕方からご当地「あきよし」(福井県民のソウルフード大手チェーン)の、

出前サービスも企画されているとかいないとか。

(企画されています)

そんなわけで、

コンクリート色合わせ体験会 in 福井・川端工業 ~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~ With フッコー・GNN

・新しい技能を持ちませんか? ・打ち放しコンクリートの模様造成を体験できます。 ・色合わせ補修は緊急性が高いから喜ばれる ・プロフェッショナルが施工のコツを伝授 ・明日から「色合わせ特殊工」として営業開始できます ・将来は杉板や浮造りの補修だってできるかも? ・左官や塗装の腕がある人ならすぐに習得 ・まずは体験会にいらしてください ・コンクリート補修についていろいろお伝えします ・ご希望により補修案件の受託もお願いしております

・日時 2017年12月9日(土) 12:30~13:45

・場所 川端工業 (福井県 福井市 八幡町23-1-1

・定員 30名

・参加費用 3,000円(釣銭のないようご協力お願いいたします)

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先        ※いずれかに丸をつけてご返信ください

→返信FAX. 055-947-0052(月刊色合わせ補修 事務局:長岡生コン内)

当日はコンパネにコンクリート打ち放し模様を造成するデモンストレーションを実施致します。実際に道具や材料に触れていただくことは可能ですが、写真撮影・動画撮影をされる場合は不特定多数の方が閲覧できる媒体へのアップロードはご遠慮ください。

対象(左官・塗装業 その他関係者)

月刊色合わせ補修事務局 小松(080-3525-5405)

「あきよし川端工業色合わせ」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/rc/

当日は全部見せます。

漢、中村光宏が吠えます。

福井が動きます。

考えてみればコンクリート打ち肌のトラブルを最初に予見できる人。

圧送業者

毎日コンクリート打設に携わっているのだ。

「あ、ここ、ジャンカになるな」

わかると思う。

このコンクリート圧送業者との事業連携。

とても可能性を感じる。

さあ、その無限の可能性のきっかけとなる1日。

是非その歴史の証人になってください。

「やって当然、普通にしてたらドラ息子」 残コン・三重・イワノ工業2017/12/08 update

「やって当然、普通にしてたらドラ息子」 残コン・三重・イワノ工業

社長の息子。

日本に一体何人いるんだろう。

社長の息子。

僕も昔社長の息子だったことがある。

社長の息子。

なんか感じ悪い。

社長の息子だった僕ですら一般にはこんなイメージがあるのではないか。

そんな風に社長の息子時代は思っていた。

大人になり世知をつけそんな僕の社長の息子に対するイメージは変化した。

生コンブログの始まりである。

※イワノ工業社長の息子岩野大雅氏作、残コン・スラッジ処理システムの動画

イワノ工業大雅さん

最近、三重県のお父様が経営されている生コン工場に入職した。

事業を継承する。

そのように決意をしたそうだ。

この時代に生コンを継承する。

生半可な決意ではないと思う。

現在事業全体を見通すことができるということで、

過酷な業務である残コン処理を中心に構内全般を管理する仕事についているそうだ。

川端工業の中村社長

全国津々浦々を共に残コン技術フォーラムで巡っている同志。

この人との出会いのきっかけもインターネットだった。

誰もが直視しない残コンという問題に対して文字通り

がっぷりよつ

で向き合う傑物。

この人も昔社長の息子だった。

動画を使った情報発信。

僕がブログを日に3本書いている一方、

彼は毎日動画を撮影し編集してYoutubeにアップしている。

社長の息子

日本中には一体何名の社長の息子が今いるのだろうか。

「やって当然、普通にしてたらドラ息子呼ばわり」

そんな全国の社長の息子たち。

がんばれ、社長の息子たち。

今日はそんな独り言。

転載元:宮本ブログ

「一人では何もできない」 残コン・京都・見学会2017/12/08 update

「一人では何もできない」 残コン・京都・見学会

残コン技術フォーラムの真の価値とは、孤独な取り組みになりがちな残コン問題をより流動的にして広く多くの問題意識を持っている人たちとの孤独ではない交流の場所をつくること、その交流の山の様な力を活かして残コンという問題の根本解決を図ること

場所が欲しかった。

生コン

1.5時間の壁の中で操業する業態。

1.5時間の中ですべて完結するからその外には用がない。

分け合って余りある財があった頃。

そんな業態でよかったかもしれない。

多くの生コン工場がいろんなきっかけで、

1.5時間の壁の外に勇気を出して踏み出している。

そこには壁の中にないものがあるから。

残コン

生コン関係者はこのことに何を想起するだろう。

僕たち1.5時間の生コン工場は、

残コンという言葉に孤独な何かを感じると思う。

夕方大量に余って持ち戻される残コン。

その処理はなにかを生産しない。

生産しないばかりか時間と手間をかけた果てには、

廃棄物処理費用

という費用が支出される始末。

多分にアンコンプライアンスが付きまとい、

狭い敷地の中で孤独に処理をしている。

誰にも褒められないし、喜ばれもしない。

むしろ騒音や振動で疎まれる方が多い。

好きでやってるわけじゃないのに。

残コンに向き合う人たちが集まる場所が欲しかった。

今回で31回を迎える京都・洛北レミコンで開催された、

残コン技術フォーラム in 京都・洛北レミコン

ご当地京都の多くの方々が訪れてくれた。

僕たちの無謀とも見える47都道府県残コンツアー。

とても評価してくれた。

※お決まりのご挨拶を井辻社長から

24281637_1103778603057804_721843945_o.jpg

※座学の様子

24259511_1103778559724475_1662616756_o.jpg

※デモンストレーションの様子

例えば、

1回の残コン技術フォーラムに20名が参加するとして、

47都道府県の残コンに問題意識を持った人たちとの交流が生まれたとする。

47×20=940

なんと、1,000人近い残コンに問題意識を持った人たちとの交流が生まれることになる。

インターネットがある現代。

実際の場所は必要ない。

志が一緒だったり共感をベースとした交流は、

地域を超えて一つの場所に帰結することができる。

残コン技術フォーラムの真の価値とは、孤独な取り組みになりがちな残コン問題をより流動的にして広く多くの問題意識を持っている人たちとの孤独ではない交流の場所をつくること、その交流の山の様な力を活かして残コンという問題の根本解決を図ること

31回目の京都で僕は残コンを説明しながら、

はたとそんな大切なことに気付かされた。

一人ではなにもできない

全国を回る。

バカバカしい。

人に指摘されるまでもなく、

当の本人たちもわかっている。

ただ、じっと羊になって黙っているわけにはいかない。

なにか具体的な行動を起こさなきゃ。

川端工業の中村さんをはじめパートナー各位には感謝してもしきれない。

こんなバカバカしい取り組みに付き合ってくれて。

それがいつしか1,000名の共感を得る場所になろうとしているのだから。

次回は長崎生コンで32回目となる残コン技術フォーラム。

年内は、12月9日の福井と、12月15日静岡の2回を残す。

残り13カ所は年明けがっつりコミットするつもりだ。

年度内47都道府県の終わりが見えてきた残コン技術フォーラム。

まずは全国の残コンを肌で感じる。

いつしか場所が出来上がっている。

その場所から残コンに関する人の道を問いただす。

目を背ける、見て見ぬふりをする、誰かに押し付ける。

そんなんじゃなくて、

みんなが共生できるような生コン産業にするように。

残コン技術フォーラムの歩みは止まらない。

転載元:宮本ブログ

「香川県でコンクリート色合わせ体験」 香川・コンクリート打ち放し・体験会2017/12/04 update

「香川県でコンクリート色合わせ体験」 香川・コンクリート打ち放し・体験会

金沢の11月30日は寒い。

僕は今自分と向き合っている。

1か月に300K走る。

疲れのためか今朝少し遅めに起きた。

7時半、まどろみの中、待ち合わせ時間から逆算して、今日走れる距離を考えた。

20K

先程走り終えた。

300Kに2K足りない。

11月は今日で最後だ。

何とかしなければならない。

生コンブログの始まりである。

僕が自分と向き合っていようといまいと、

最近はコンクリート色合わせ体験会が活性化している。

24259771_1103778593057805_2671351_o.jpg

※色合わせ体験会 in 京都・洛北レミコン、会場設営の様子(昨日)

24250925_1103778586391139_420465728_o.jpg

※参加者の皆さんと仕上げについて語り合う白石建設堀木工場長

24271382_1103778596391138_794556684_o.jpg

※それぞれ道具を手に取って打ち放しを再現してみる

そんな感じで全国で色合わせ体験会やってます。

そして12月11日は四国は香川高松でやります!

コンクリート色合わせ体験会 in 香川・香川県生コン工組 ~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~ With 小豆島生コン・フッコー・GNN

・新しい技能を持ちませんか? ・打ち放しコンクリートの模様造成を体験できます。 ・色合わせ補修は緊急性が高いから喜ばれる ・プロフェッショナルが施工のコツを伝授 ・明日から「色合わせ特殊工」として営業開始できます ・将来は杉板や浮造りの補修だってできるかも? ・左官や塗装の腕がある人ならすぐに習得 ・まずは体験会にいらしてください ・コンクリート補修についていろいろお伝えします ・ご希望により補修案件の受託もお願いしております

・日時 2017年12月11日(水) 15:00~

・場所 香川県生コンクリート工業組合 (香川県高松市茜町28番40号)

・定員 30名

・参加費用 3,000円(釣銭のないようご協力お願いいたします)

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先        ※いずれかに丸をつけてご返信ください

→返信FAX. 055-947-0052(月刊色合わせ補修 事務局:長岡生コン内)

当日はコンパネにコンクリート打ち放し模様を造成するデモンストレーションを実施致します。実際に道具や材料に触れていただくことは可能ですが、写真撮影・動画撮影をされる場合は不特定多数の方が閲覧できる媒体へのアップロードはご遠慮ください。

対象(左官・塗装業 その他関係者)

月刊色合わせ補修事務局 小松(080-3525-5405)

「香川県でコンクリート色合わせ体験」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/rc/

実際に道具を触ってご自身で色合わせやれます。

簡単な色合わせなら今日から事業開始です。

もちろん、高度な色合わせに関してもネットワークがサポート。

今日から「コンクリート打ち放し色合わせ補修」を営業品目日加えることができる!

そんな体験会を12月11日には香川県で行います。

現地小豆島生コン安達工場長共催にて、

場所はいつもご協力賜っている生コン工組の会議質です。

さあ、香川県でも開催です。

会場でお会いしましょう!

転載元:宮本ブログ

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「敷居が高いイメージがある」 鹿児島・コンクリート打ち放し・色合わせ・体験会2017/12/04 update

「敷居が高いイメージがある」 鹿児島・コンクリート打ち放し・色合わせ・体験会

敷居が高いイメージがある。もともと特殊技術なわけだから、一般にはちょっと近寄りがたいイメージがあるのかもしれない。もちろん杉板浮造りなどのような高度技術は、ごく一部の技能者しか請け負うことのできない領域。ただ、そんな上級者も最初は素人だった。打放色合わせの魅力に取りつかれたきっかけが必ずあったはずだ。

昨日は鹿児島と熊本で仕事してて、

今朝は岡山で目を覚ます。

今は白石建設堀木さんの車で京都に向かっている。

今夜は金沢で宿泊予定だ。

仕事の目的はいろいろあるけれど、

こんなに喜んでもらえるのもなかなかない。

コンクリート打ち放し色合わせ補修体験会のことだ。

コンクリート打ち放し色合わせ補修

僕自身10年以上携わっている事業。

ビジネスパートナーの伊喜さんと連携して、

日本中のコンクリート打ち放しで発生する悩みを解決している。

コンクリート打ち肌はお肌と同じように繊細。

特に打ち放しコンクリートに関していえば、

その審美眼は厳しくならざるを得ない。

土木・建築を問わず、

きれいな打ち肌

が求められる。

50年以上前から伝統のあるコンクリート打ち放し色合わせ

これは、打ち肌に現れたトラブルをなかったことにする技術。

職人技として知られ高度なスキルが要求される。

24201034_1102917609810570_82025907_o.jpg

※色合わせ体験会 in 鹿児島に駆け付けていただいたインターウェーブ倉橋社長

24169741_1102917603143904_688986720_o.jpg

※初めてにしてこの出来栄え、上々

敷居が高いイメージがある

もともと特殊技術なわけだから、

一般にはちょっと近寄りがたいイメージがあるのかもしれない。

もちろん杉板浮造りなどのような高度技術は、

ごく一部の技能者しか請け負うことのできない領域。

ただ、そんな上級者も最初は素人だった。

打放色合わせの魅力に取りつかれたきっかけが必ずあったはずだ。

そんなきっかけになれたらうれしい

僕もそうだし、倉橋社長もそう。

絶対僕なんかにはできない。

そう思い込んでいたけど、

プロのインストラクターに丁寧に教えてもらうとあら不思議。

結構それっぽく見える打ち肌が描けるから面白い。

この延長上に上級コンクリート色合わせ補修のスキルがある。

そう思うとなんだかやる気がわいてくる。

(もちろん、僕らはそこを目指すわけじゃないけれど)

打ち肌のトラブル

起こしたくないと思っていてもそれは突然やってくる。

そんな時に途方に暮れる。

ただ、そのトラブルを自分で解決できたらどうだろう?

このくらいの色合わせなら・・・

そんな風にしてその打ち肌のトラブルが解消できたら。

もちろん、大掛かりな工事の場合はそうはいかないものだけれど。

そんなきっかけを手にして参加者はとてもご満足いただいている。

全国キャラバンやってます。

そんな体験会を今日は京都で、

明日は金沢で、

来週は長崎で、、、

全国各地でやってます。

お近くの街で開催されることがあったら是非参加してみてください。

きっと何かを得ることができると思います。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「長崎の舗装はおしゃれがいい」 エクステリア・長崎・土間コン・見学会2017/12/04 update

「長崎の舗装はおしゃれがいい」 エクステリア・長崎・土間コン・見学会

長崎って坂が多いイメージがある。

なんかおしゃれなイメージもある。

港町ってなんでおしゃれなイメージがあるんだろ。

おしゃれな街の街並みには、

おしゃれな舗装がお似合いだ。

おしゃれな舗装?

そう、

透水性コンクリートがお似合いだ。

透水性コンクリート?

つまり、あれだ。

アスファルトみたいに轍(わだち)ができないから、

歩いてて躓くこともない。

イケメンも足を引っかけて転んだらイケメン足りえない。

転ぶリスクは最低限にとどめておきたい。

イケメンは長崎によく似合う。

イケメンはインターロッキングブロックにも注意が必要だ。

不陸に躓いて顔面から転倒したらイケメン台無しだ。

だから長崎の舗装には透水性コンクリートが良く似合う。

というわけで。

夕方から打てる土間コン?! 施工体験会 in 長崎生コン ~ 今時の土間コンは【水勾配】ありません ~ 他、コンクリート色合わせ体験会

・生コンの注文と同じようにオーダー

・打設後すぐ仕上げ(ブリーディングがない)!

・施工は土間コンよりも楽(水勾配考えなくていい)

・30分で全部終わり(住宅外構の場合)

・クレームになりません!(ひび割れ・色むらetc)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・メッシュ筋の配筋不要

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度(※詳細は説明会で)

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・草が生えません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

(夕方から打てる土間コンの特徴)

・日時 2017年12月4日(月) 13:00~

・場所 長崎生コン (長崎市小ヶ倉町二丁目1058番地

・施工 ご参加各位におかれましても施工を体験していただけます

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先       

※併設で「コンクリート色合わせ補修体験会」があります(有料3,000円/人)。ご参加希望の方は下記にチェックを入れてご返信ください。ご希望の方は釣銭のないようご協力ください

・コンクリート色合わせ補修体験希望

有り / 無し

※プロのインストラクターが打放色合わせ補修のいろはを伝授します。詳しくはURL参照;http://www.nr-mix.co.jp/rc/

・返信先

FAX.  055-947-0052 (月刊透水性コンクリート(長岡生コン内) 事務局;まさつぐ)

月刊透水性コンクリート事務局 まさつぐ(090-6596-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

「長崎の舗装はおしゃれがいい」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

今回は初の試みとしてコンクリート打ち放し色合わせ補修セミナー併設してみた。

考えてみれば透水性コンクリートもコンクリート打放色合わせも、

エクステリアのお役立ちツール

ご案内を配信する先も結構近かったりした。

それなら同時にやっちゃおう的な。

毎度ながらのりだけで決まる。

しかも他人を巻き込む。

そんなわけで今回12月4日は長崎県の老舗生コン工場。

長崎生コンさんでは午後から盛りだくさんの内容。

目が離せない。

ところで、

当社は長岡生コン。

開催場所は長崎生コン。

あ、

一文字違い!

なんかそれだけで親近感感じちゃう♪

当日は長崎生コンと長岡生コンの夢のコラボを見れますよ。

会場で楽しみましょう!

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

このページのトップへ