スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「なぜ人は壁に絵画を飾るのだろうか」 価格・打ち放し・色合わせ・内装・平滑2018/02/19 update

「なぜ人は壁に絵画を飾るのだろうか」 価格・打ち放し・色合わせ・内装・平滑

1F部分がRC造、2F部分が木造の建物。内装にも打ち放しが採用されていて、特に「目線の位置」に打ち放しが多くあるためきれいな仕上がりを希望されていたのでとくにきれいに施工しました。内装に骨材露出箇所があると衣服や肌を傷つけてしまうため、内装に採用される方の多くは打ち放し面の平滑さを求められます。写真の箇所は1日1名で約50000円

例えばすげー高いブランドの洋服を奮発して購入したとする。

道行く人がはっと振り返ってしまうくらいの。

でも下着は10年使い古した染みつきブリーフ。

か、

超高級下着を着こんではいるけれど、

しみつき全身タイツで街中を歩く。

道行く人はある意味はっと振り返ってしまう。

あなたはどちらを選ぶだろうか。

人は中身だよ。

そうかもしれない。

けど、なぜ世の女性たちはみんな化粧をするのだろうか?

女性だけじゃない。

なぜファッション雑誌が売れるのだろう?

なぜおしゃれに気を使うのか?

それはよく見せようとしているからではないのか?

生コンブログの始まりである。

28034380_1674251975998502_571121213_o.jpg

※Before(上)、After(下)

打ち放しコンクリートは依然として人気だ。

木造文化の日本であっても、

自然な打ち肌をそのまま魅せる打ち放しコンクリートは根強く人気がある。

もちろん外装に採用される場合もあれば、

この建物のように、

内装を打ち放しコンクリート

という場合だってある。

その場合その打ち放しコンクリートは常に視界に入る。

なぜ人は壁に絵画を飾るのだろうか?

なぜ人は部屋の中に生け花を飾るのだろう?

内装における打ち放しコンクリートは、

絵画や生け花などと同じように芸術品として効果を期待される。

常に目の中に飛び込んでくるのだから。

だから、内装における打ち放しコンクリートはとにかく気を付けなければならない。

1F部分がRC造、2F部分が木造の建物。内装にも打ち放しが採用されていて、特に「目線の位置」に打ち放しが多くあるためきれいな仕上がりを希望されていたのでとくにきれいに施工しました。内装に骨材露出箇所があると衣服や肌を傷つけてしまうため、内装に採用される方の多くは打ち放し面の平滑さを求められます。写真の箇所は1日1名で約50000円

見た目だけじゃない。

もちろん生活の一部になるわけだから、

ざらざら尖っていては危険だ。

平滑さも求められる。

現場を管理した人ならわかる。

打ち放しコンクリートの施工はとにかく気を遣う。

ぶっつけ本番一本勝負

だからである。

失敗、即、打ち肌に影響。

(写真上参照)

そんな時に身近な存在。

生コン屋さんとコンクリート補修

僕達がついてます。

身近なコンクリートの専門家。

生コンでいいこと。

施工体験会も希望に応じて随時開催しています。

コンクリートで不幸になる人を0に

生コンポータルの願いです。

転載元:宮本ブログ

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「北国で土間コンが嫌われる理由」 ブリーディング2018/02/19 update

「北国で土間コンが嫌われる理由」 ブリーディング

この水が引かなければ仕上げ作業ができない。土間コンの運命である。もう、お分かりだろう。暑い地域はすぐ乾く。寒い地域はいっこうにかわかない。それが、ブリーディング水。

※銭形平次 Vs クールス

北日本雪合戦大会をご存じだろうか?

雪合戦は単なる雪の遊び。

僕はそう思っていた。

この漢、上野克浩に会うまでは。

28034734_1161939350575062_1286666067_o.jpg

※右 刈屋建設営業部長、上野克浩氏(強豪チーム銭形平次の選手)

映像をご覧いただいただろうか。

もう、これは遊びじゃない。

バトルだ。

静岡県東部地区にもビヨンドⅡというチームがあるそうだ。

雪がない地域なのにけなげに頑張っているそうだ。

がんばれ、ビヨンドⅡ

というわけで、生コンブログの始まりである。

雪合戦の話を伺いに行ったわけじゃない、盛岡。

盛岡でもいよいよ透水性コンクリートの伝説が始まる。

寒い地域であればあるほど嫌われているようだ。

土間コン

沖縄でもセミナーをやったことあるのでわかる。

「土間コンて大変じゃないですか?」

の問いかけに沖縄では、

ぽかん

という反応があった。

それほど大変じゃないけどね

みたいな。

一方、盛岡の反応は、びしびしだった。

びんびん飛んできた。

「超大変だよね!」

みたいな。

なんで寒い地域で土間コンが嫌われるのか?

生コンクリートにはブリーディングという現象がある。

buri-dhinngusuimekanizumu.jpg

※引用;http://www.s.arch.mie-u.ac.jp/hatanaka-lab/2005HP/durability/dura4.html

buri-dhinngusui.jpg

※このように土間コン表面に水が浮いてくる

この水が引かなければ仕上げ作業ができない。

土間コンの運命である。

もう、お分かりだろう。

暑い地域はすぐ乾く。

寒い地域はいっこうにかわかない。

それが、ブリーディング水。

だから、絶対に朝一から施工したい。

なにが何でも朝一注文を入れたがる。

一方生コン屋さんが揃えている生コン車の数には限りがある。

すべてのご要望にお応えすることなど不可能。

これが、北国で土間コンが嫌われる理由

このブリーディング水ややもすると凍ってしまうのだ。

すごい手ごたえを感じた。

・ブリーディングがないし仕上げも転圧だけだから夕方から施工できる

・メッシュ要らないから下準備もないし足元も安定して土間コン打ちができる

・水勾配を気にしなくていいから楽に作業ができる

こんなにびんびんな反応をいただいた盛岡で僕はご満悦だった。

一言一言発するたびに「そうだよね!」みたいな共感をいただいたのだ。

そんな理由でこれからは間違いなく新時代の土間コン

透水性コンクリート

(仮にブリーディング水が発生しても透水しちゃうだろう)

が盛岡地区つまりは岩手地区で広がっていくだろう。

毎度怪しいFAXにもかかわらずご来場いただき誠にありがとうございます。

3月中には施工見学会を盛岡地区で開催するのでどうぞご来場ください。

27951030_1158064300962567_1660933192_o.jpg

※透水性コンクリート施工の様子

コンクリートで不幸になる人を0にする

生コンポータルの願いです。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「空海に学ぶ土木の途(みち)」 GNN2018/02/17 update

「空海に学ぶ土木の途(みち)」 GNN

GNN合宿 in 高野山。今回は特別に許可を得てアルコール類や食材の持ち込みができる。洗脳された後には真夜中まで続く酒盛りでさらに脳みそをざぶざぶと洗ってしまおう。

渋すぎる。

この企画、渋い。

タイトル、

「空海に学ぶ土木の途」

GNNではこれまで不定期に合宿を行ってきた。

今回の合宿の地はなんと高野山。

渋すぎるではないか。

前日GNN四国大会のタイトルは、

「四国は生コン小町♡で行こう」

とのコントラストが素敵すぎる。

生コン女子のイベントの後には女人禁制の高野山(今は解かれている)で合宿。

この展開を予想した者はいただろうか。

kuukainimanabudobokunomichi.PNG

この企画を裏で操っているフィクサー。

なにわのヤマジマンこと、

寝屋川コンクリートの山路工場長

現代土木工学を代表する偉人。

鳥取大学名誉教授 西林新蔵 を擁し、

いよいよ御本尊のお出ましという感じのイベントである。

渋すぎる。

その他スピーカーは以下の通り、

・講和 高野山真言宗 講師

・ESC建材 片岡宏治氏

・元鹿島建設 泰文男氏

なんだこの渋みがかったラインナップは。

四国でスイーツを食べた後に渋いお茶で口内を洗い流そうってあれか。

このイベント伝説になる気配がする。

定員30名ということだがすでに半数は埋まっている。

参加者にはあの栗延主査(回収骨材WG主査)もがいる!

しかも会場は一般人には立ち入りが許されないとされる、

宿坊龍泉院

こんなお得なイベント?僕は過去に覚えがない。

気持ちよく洗脳してくれるかもしれない。

悟りを開き下山を拒む人が出てくるのかもしれない。

あまりにも土木、そして生コンを深く考えすぎて悟りを開く。

見えなかった何かが見える。

そんなGNN合宿 in 高野山

今回は特別に許可を得てアルコール類や食材の持ち込みができる。

洗脳された後には真夜中まで続く酒盛りでさらに脳みそをざぶざぶと洗ってしまおう。

辛いことが多い生コン業界。

「空海に学ぶ土木の途」

を通して気持ちよくなってまた明日からの生コンの活力を得よう!(笑)

それにしても渋いイベントである。

一体どれだけの人が集まるのか見ものである。

生コンでいいこと。

転載元:宮本ブログ

「生コン小町によるパネルディスカッション」 四国・GNN2018/02/17 update

「生コン小町によるパネルディスカッション」 四国・GNN

GNN初上陸 in 四国・香川工組 「四国は生コン小町♡で行こう」 2018年3月23日(金)

22回目は四国・高松市で開催。

生コン女子=生コン小町

とにかく、女子押しである。

というのもリーダーシップを握るのは小豆島生コンの女性工場長。

安達周代さん

生コン女子

出会いは和歌山で開催された全国生コン青年部の総会にさかのぼる。

GNN元気な生コンネットワークが展示ブースに興味を持たれ、

その場でGNN加盟を決める。

その決断力と行動力は閉塞する生コンが現状を打破する大切な要因。

生コンは生コン女子がリードする。

そんな思いを込めた第22回GNN勉強会 in 四国は3月22日に開催される。

namakonnkomachi2.PNG

共催を快諾いただいた香川県生コン工組。

松永理事長にはオープニングのご挨拶をいただく。

その後、四国の現状や生コンにおける女性の役割についての基調講演などが続く。

そして、なんといっても目玉は、

「生コン小町によるパネルディスカッション」

前回東京大会でも好評だった生コン女子によるPD

四国でもスケールアップして開催される。

これまでの業界団体のセミナーは常に男性目線だったように思う。

主語が、男性。

今回の四国GNNは主語を徹底的に女性に絞り込む。

女性から見た生コン産業。

女性から見た職場環境。

女性から見た技術革新。

70年産業生コン、そのほとんどは男社会。

少しずつ割合をあげているとはいえ、

まだまだ主語が男性の生コン産業。

閉塞感漂う生コン産業を打破するカギを握るのが女性。

女性の目線から現状の様々な取り組みを論評してもらう。

そんな企画が、

「生コン小町によるパネルディスカッション」

プログラムにもあるように9本の話題提供がされる。

いずれも、

「女性や若者に選んでもらえる産業」

というキーワードで技術革新など各種取り組みが発表される予定。

当の本人たちはこれが大切だと思ってやっている各種事業。

女性目線から見て果たして有益な取り組みなのか?

鋭いメスが入る予定。

僕もしゃべるのでちょっと怖い。

このところ身の回りで生コン女子の活躍が目覚ましい。

もともとGNNのセミナーは女性参加率が極めて高い。

特に今回は普段以上の女性に参加してもらいたいと思っている。

リーダー安達周代さんが創り出す生コンセミナー。

四国の生コンに何かを残すことができるだろうか。

初の女性主体の生コンセミナー。

当日は多くのアクシデントが繰り広げれられる楽しいイベントを期待している。

転載元:宮本ブログ

「熱い、さすがは岩手の生コン!」 見学会・残コン2018/02/17 update

「熱い、さすがは岩手の生コン!」 見学会・残コン

破顔一笑

いやはや、

さすがの僕も多少緊張した。

「おまえ、馬鹿にしてるのか?!」

と怒鳴られて帰ってしまったりしたらどうしよう?

なにせ、岩手である。

前全生連会長のおひざ元である。

生コンの象徴的な地域なのだ。

生コンのカリスマがいる街。

声が震えた。

足も震えた。

言うか言うまいか直前まで呻吟した。

「ご唱和ください。残コンニチハ」

岩手県生コンクリート工業組合の事務局長様の相好が崩れた。

素敵な素顔を垣間見ることができた。

これで僕の仕事は99%終わったと思った。

ありがとう、岩手。

ありがとう、盛岡。

マイナス8度、

最高気温もマイナス2度。

気づいたことがある。

凍結もとことん凍結すると逆に滑らない。

本州で最も気温の低い県庁所在地。

岩手の生コンの強さはきっとそんな気象条件が醸成したのかもしれない。

冗談はさておきそんな岩手県盛岡市で残コン技術フォーラムは開催された。

・ゼネコン

・生コン

・圧送

3者が同じテーブルにつかなければ残コンは解決しない。

小人数ではあったけれど、

ゼネコン、生コン、圧送からそれぞれご来場いただき、

忌憚のない意見交換ができたと思う。

(今回は地元建設業刈谷建設(上野部長)との共催)

実際のお金のやり取りをしている間柄

距離が近ければ近いほど話題に出しづらいという理屈はわかる。

「この残コン、もともとあなたのものですよね?生コン会社や圧送会社が持ち帰る所以はありませんよね?ここに置いていきますよ?いいですか?」

こんなことを実際に圧送会社や生コン会社が言い出したら、

秩序ぶちこわれる。

僕達残コン技術フォーラムは決してそんなことを望まない。

残コンを取り巻く破たんしている現状に、

秩序を創り出す。

秩序とはルール。

残コンは残念ながらルールの外、

部屋の中の象として臭いものには蓋の扱いを受けている。

見て見ぬふり。

資本主義をいいことに、

弱いところにしわ寄せて知らんぷり。

さすがは岩手。

力強い。

現状をしっかりと受け止める。

山となったスラッジ。

その定義いかんによってはその不良資産としてのマイナス価値は1桁変わる。

その現実を直視して、

現在できることを考えて実行する。

そんな姿勢をご来場の生コン関係者からは感じた。

圧送業からも声があった。

生コン、ゼネコン、圧送が三位一体になって技術革新を討議する場所がなかった。

そのため残コンにかかわる施策もぶつぎりの単発だけで終始する。

継続的な活動たりえない。

建設業。

あらかじめあきらめてしまうのではなく、

共同して設計段階から残コンに関する費用をきちんと確保する。

その予算を原資として残コン処理にかかわる各種技術を採用する。

解決する。

気温はめっちゃさむかった。

伊豆育ちの僕には文字通り骨身にこたえた。

ただ、議論は真逆。

1時間ほどの熱き議論。

質問も絶えない。

一方的ではない。

みんなで意見を出し合う。

その場にはシナジーが生み出されていた。

熱い、さすがは岩手の生コン!

少しずつ残コンを取り巻く景色が変わろうとしている。

みんなが少しだけ残コンのことを考える。

少しずつ失われた栄光が僕たち産業に戻ってくる。

明るい生コンそして建設産業に向けて一歩踏み出すことが重要だと思った。

転載元:宮本ブログ

「南国の残コン」 鹿児島・見学会2018/02/15 update

「南国の残コン」 鹿児島・見学会

5か所。

昨年4月に発足した残コン技術フォーラム。

そこから5月に福岡の野方菱光で見学会を開催。

「全国回りますか?」

の掛け声に全国行脚が開始される。

ちょっと無理かもね

誰も口にはしなかったけど、

きっと誰もが心中秘めていたはずだ。

そんな47都道府県残コン行脚の旅。

まだ予約のない都道府県。

これから調整を始める都道府県の数。

5か所。

栃木、滋賀、高知、奈良、山口 ※どなたか我こそはという工場がいらっしゃったら主催してください)

本当にありがたいことに。

各所から素敵なリアクションをいただいている。

業界新聞で取り上げてくれたことも大きかろう。

どこぞの馬の骨の酔狂

そんな風に忌み嫌われても仕方のないこの所業。

中には応援してくださる方もある。

さあ、いよいよ鹿児島だ!

ご当地有力企業、南国殖産で華々しく残コン技術フォーラムは開催される。

生コンのゴミを資材に 残コン技術フォーラム in 鹿児島・南国殖産

残コン。

鹿児島は困ってませんか?

無駄な残業や休日出勤

深刻化する廃棄物問題

近隣への騒音、粉塵、振動などの環境問題

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2018年3月1日(木) 15:00~16:30頃迄

・会場 南国生コン 谷山工場(鹿児島県鹿児島市南栄4丁目5−2※参加費無料

出 ・ 欠 ※いずれかに〇を囲みご返信ください

御社名:         ご担当者名:         連絡先:          

・返信先 FAX. 055-947-0052(残コン技術フォーラム事務局 担当:宮本)

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当:宮本)

コンテンツ セミナー&デモンストレーションがございます

・ドラム内はつりを完全無人化 全自動はつり

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連)

・その他(全国残コン、スラッジ最先端技術の紹介)

※「南国の残コン」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/ ・ http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

カウントダウンが始まる。

年度内47都道府県てことはのろのろしてらんない。

この残コンフォーラム。

回として後になればなるほど情報量も多くなるからお得。

第42回となる鹿児島の残コンフォーラムでは国内外ありとあらゆる、

残コン・スラッジ

に関する事例紹介と現地のヒアリングと議論を予定している。

どこぞの馬の骨として始まったこのフォーラムも、

今では現地の工業組合や協同組合と連携することが増えた。

一歩ずつ。

逃げずに進みます。

コンクリートで不幸になる人を0に

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「その辺でセルドロンしといてよ」 現場・残コン・代行試験2018/02/14 update

「その辺でセルドロンしといてよ」 現場・残コン・代行試験

ちょっと残コン。

ちょこっと残コン。

ぷっち残コン。

みに残コン。

生コンブログの始まりである。

膨大な量の前に人は立ち尽くすものだが、

ほんの些細なそれにも人はいらっとする。

例えば試験で伺った建設現場。

生コンの品質を検査し、

確認が済んだその生コンは残コンとなる。

「どうしますか?」

「その辺にやっといて」

その、その辺が見当たらない。

ぷち残コン。

一口残コン。

そんな時、セルドロン。

serudoronnnohukuro.jpg

※10KG袋単位で販売されている。試験室の懐刀として当社では活躍中

その魔法の粉をぱらぱら振りかけ、

そのへんのスコップでかき混ぜる。

流動性がとたんに失われて、

生コンではなく砕石のように変化する。

二度とコンクリートとして硬化しない。

(※厳密にいえば水和反応は続く)

原料は古紙の微細粉砕されたパウダー。

特許が2件得られている。

これまでに明らかにされなかったメカニズムにより、

瞬間的に水はとらえられる。

まるで水が瞬間的に抜かれてしまったように。

生コン(=残コン)は形を変える。

ありそうでなかった技術。

その素早さは忍者みたい。

セルドロン!

hutamisannnoserudoronn.jpg

※泥水や高含水のヘドロだって瞬間に流動性が消える。スコップが立っている

パッケージって重要だと思う。

忍者のキャラが、

「そんじゃこの辺でドロンします」

の格好をしている。

生コンの品質確認をする。

「これ、どうしますか?」

「その辺でセルドロンしといてよ」

確かにこれならその辺がある。

砕石状にしておけば建設現場なら違和感がない。

「その辺でセルドロン」

「その辺にやっといて」

という婉曲表現よりもより具体的で、

「あ、セルドロンか」

妙に納得する。

この技術が現場における残コンのスタンダードになる。

そんな予感がしないでもない。

それではこの辺で。

生コンでいいこと。

転載元:宮本ブログ

「下からまさつ|よくある質問」 価格・雨・ピン角・車両・目地・洗い出し2018/02/14 update

「下からまさつ|よくある質問」 価格・雨・ピン角・車両・目地・洗い出し

雨の日とかどうなの?

施工後2~3時間経過していれば大丈夫です。

ピン角でも平気?

できるだけ避けてください。骨材飛散の原因になります。

雨の日も施工できる?

避けてください。施工中に雨が降り出したらブルーシートなどで養生をお願いします。ただしエフロが懸念されます。

どのくらいで車両載せられる?

土間コンと同じだけ時間をとってください。

目地は必要なの?

コンクリートだから必要です。ただし、クラック(ひび割れ)は発生しても目立ちません

価格は?

概ね生コンの倍だと思ってください。ただし、周辺コスト(メッシュや排水設備)やら手間代やらを考えれば土間コンとほぼ同程度で直工費が組めます

洗い出しはできるの?

実績はありますが難易度は高いのでお勧めしていません。そもそも見た目は洗い出しっぽいですよ

まさによくある質問が多数寄せられた。

廣瀬建材(茨城県土浦市)で開催された透水性コンクリート施工体験会の一幕である。

27901802_1158064310962566_984490731_o.jpg

※施工体験会スタート

27946483_1158064260962571_321534584_o.jpg

※横からまさつ

27951111_1158064284295902_902024262_o.jpg

※前からまさつ

27901955_1158063977629266_2082718841_o.jpg

※肩越しにまさつ

27902233_1158064047629259_824803360_o.jpg

※後ろからまさつ

27907290_1158063980962599_764836506_o.jpg

※下からまさつ

27951030_1158064300962567_1660933192_o.jpg

※あっという間に完成

まさつ激写イベントを併設していたところあっという間に施工完了となった。

15㎡くらいだろうか。

30分とかからなかった。

早い。

ちょっぱやである。

はやすぎてトイレにもいけない。

そのくらい早い。

廣瀬建材さんにいらした皆さんはとにかく真剣。

本気で新技術を習得しようという姿勢がビンビン伝わってきた。

「きっとそのうちご注文くださいますよ」

廣瀬社長にそうお伝えしたところ、

「もう注文入ったよ」

笑ってしまうほど早い。

すごい。

はんぱない、茨城。

半端ない、廣瀬建材。

そんなわけで、

やっぱり本気の地域だと質問が鳴りやまない。

そんな茨城県の透水性コンクリート見学会リポートでした。

(※まさつギャラリー)

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「残コン in 四国生コンクリート工業」 残コン・徳島・見学会2018/02/14 update

「残コン in 四国生コンクリート工業」 残コン・徳島・見学会

ありがたいことに誰かがこの文章を読んでいるようだ。

2月末でこの、

「毎日3本ブログ書く変態テンション」

が24か月満了する。

当初二けたの閲覧者数も今や3桁後半、時には4桁を記録する。

事実ほぼ毎日のように生コンにかかわる問合せは寄せられ、

実際に僕たちの製品はそんなお客様のもとに届くようになった。

ただ、

毎日の、

ブログを書く

という行為に対するリアクションは驚くほどなくて、

あれ?誰か読んでますか?

と漆黒の暗闇の中に大声で尋ねたくなるほどの孤独をかこっている。

そんな地道な活動のおかげもあってずいぶん鍛えられたと思う。

人として成長できたような気がする。

気の所為かもしれない。

生コンブログの始まりである。

残コン技術フォーラム

現在積雪に苦しむ川端工業中村さんと始めたこの闘い。

全国47都道府県を全部回って残コンに関する意識調査と技術紹介を行う。

この闇雲な取り組みも終盤戦に入っている。

明日の岩手で39カ所を巡回したことになる。

もう、終わりが見えてきた。

(残りは、鹿児島○、山口、徳島○、高知○、滋賀、和歌山、奈良、栃木 ○印は開催予約あり)

あと少しで47都道府県制覇となる。

2月中にできるだけ片づけておけば、

最終年度末3月はずいぶん楽になるだろう。

そんなわけで告知します。

残コン技術フォーラム in 徳島・四国生コン工業 開催します!

生コンのゴミを資材に 残コン技術フォーラム in 徳島・四国生コンクリート工業

残コン。

徳島は困ってませんか?

無駄な残業や休日出勤

深刻化する廃棄物問題

近隣への騒音、粉塵、振動などの環境問題

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2018年2月21日(水) 15:00~16:30頃迄

※当日同会場では以下のプログラムも予定しております(調整中)

▶「型枠を外してもぞっとしない」 コンクリート打ち放し色合わせ補修体験会(有料3,000円) 13:00~14:00 (透水性コンクリートの施工体験会) ▶「水勾配不要」「夕方から打てる」「クレームのない」 土間コン講習会14:00~15:00 (透水性コンクリートの施工体験会)

・会場 四国生コンクリート工業(徳島県徳島市新浜町1丁目1−30

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

※いずれかに〇を囲みご返信ください

御社名;         ご担当者名;         連絡先;          

・返信先

FAX. 055-947-0052(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

TEL.0886-62-0030(四国生コンクリート工業 担当;山中)

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話での詳細に関するお問い合わせは宮本までお願いします

コンテンツ セミナー(今回は説明会のみ)がございます

・ドラム内はつりを完全無人化 全自動はつり

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連)

・その他(全国残コン、スラッジ最先端技術の紹介)

対象;生コン関係者(ゼネコン、圧送業、生コン工場、他)

残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

「残コン in 四国生コンクリート工業」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

あああ。

冷静になるとなんて恥ずかしいことをやっているんだ!

と顔面が真っ赤になるような行為をしているのかもしれない。

だってほぼ強引に生コン工場の知人に電話して開催を了承してもらい、

「残コンニチハ」

とか言ってよほど常人には見えない挨拶から始まる残コン技術フォーラム。

このブログだって、

10年後寒すぎて赤面しすぎて閉鎖するようなことを書いているのかもしれない。

まあ、よい。

人生なんて暇つぶしだ。

暇つぶしついでに世界の残コン・スラッジの問題を解決してしまおう。

特に祝日など休日には変なテンションに襲われやすい。

これから岩手県に移動である。

明日開催される岩手残コンフォーラムのために前泊である。

日本の残コンの夜明けは近いぜよ。

またもやくだらないことを書いてしまった。

生コンでいいこと。

転載元:宮本ブログ

「人工芝の下地だそうです」 神奈川・透水・土間2018/02/13 update

「人工芝の下地だそうです」 神奈川・透水・土間

「側溝がありながら、側溝に入らない こんな 所沢山ありますよね 透水性舗装にすれば側溝もいらないのに」(まさつ談)

足柄上郡開成町付近金太郎。澤地石材店様施工1.5㎥。以前に調布の施工見学会に参加された方が前日にいきなり電話で明日打設したいの問合せあり、長岡生コンから出荷。人口芝の下地

突如脈絡もなくグループチャットに放り込んでくる。

まさつである。

最近まさつぐさんと書くのもおっくうになり、

まさつさんになり、

今や、

まさつん

となった。

そのうち、

まん

になる可能性も示唆できる漢、まさつ。

masatsunn.jpg

※「武南さんが所沢とか山とか言い出すからわけわからなくなっちゃったじゃないですか!」と語るまさつ。ちょっとなにいってるのかわからない。

27907034_2022937281252814_636201798_o.jpg

※隣県神奈川県の住宅外構の現場(施工前)

27907157_2022937377919471_1250356614_o.jpg

※犬走に透水性コンクリート打設開始

27950743_2022937287919480_1199035706_o.jpg

※あっという間の施工完了

足柄上郡開成町付近金太郎。澤地石材店様施工1.5㎥。以前に調布の施工見学会に参加された方が前日にいきなり電話で明日打設したいの問合せあり、長岡生コンから出荷。人口芝の下地
どうだ、このフットワークの軽さは。

前日に無茶ぶりともいえる「明日持ってきて」に対応する。

生コンならいざ知らず、

透水性コンクリートでも対応できる。

そう、この対応力が僕らをして、

次世代の土間コンの常識

と言わしめる所以。

まさつにお願いがある。

人工芝が施工された後の写真が欲しい。

ここまで書いてきて自ら気づいたが、

この記事何を伝えたいのかさっぱりわからないのではないか?

もう、伝わらなくてもいいのだ。

僕たちは所詮素粒子の繋がりでしかない。

素粒子の繋がりが重なり合って物語が生み出されているだけだ。

まさつをはじめ、素粒子の繋がりが入れ替わり重なり合い、

こうして透水性コンクリートという虚実の判然としない物語が、

この世の中に生み出されているように見えるだけに過ぎない。

宇宙はある時無から有を産出した。

それと同じことだ。

生コンでいいこと。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

このページのトップへ