スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「ゲリラ豪雨とそれに付随する洪水」 透水・洪水・路面温度2017/08/17 update

「ゲリラ豪雨とそれに付随する洪水」 透水・洪水・路面温度

「昨日の板橋はすごかったですね」

先日都内を営業同行していたところ、

同行の方がそんな話題で盛り上がっていた。

なんのことか?

ゲリラ豪雨のことだ。

マンホールから水柱が立っている映像が報じられていたそうだ。

実感あるだろうか?

生コンブログの始まりである。

僕のように田舎で暮らしているとゲリラ豪雨はあまり実感がない。

夕立

というのはわかるけれど、

局所的にとんでもない豪雨が襲来する。

破滅的な雨量をもたらす。

ゲリラ豪雨。

このところ都内の意識が変化してきているという。

さらには雹も襲ってくるという。

直系1㎝ほどもある雹が天空から容赦なく降り注ぐそうだ。

高級車がぼこぼこになっていたそうだ。

いい気味である。

(冗談です)

あまり大きなことを論じる趣味はないのだけれど、

透水性コンクリートの価値についてはできるだけ実際に使う人。

例えばエクステリア会社さんや道路会社さん。

生コンの需要家。

その先にいるお施主さん。

そんな人たちのために届けるべきだと思っているし、

実際そうしているつもりだ。

ただ、

ポーラスコンクリート舗装の社会的価値

をおざなりにするのもどうかと思う。

僕が口酸っぱく、

「土間コンといえばポーラスコンクリート」

であるべきと主張する理由。

ゲリラ豪雨とそれに付随する洪水

なぜ起きるか?

(※わかりやすく解説しているサイトが見つかったので紹介)

それは地表がコンクリートやアスファルトで覆われているため

とすることができる。

ゲリラ豪雨自体の発生要因は、

暖かい空気の上昇

が上空の冷たい空気とぶつかることで積乱雲(ゲリラ豪雨の元)が発生する。

東京都内はおおむねコンクリートまたはアスファルトで覆われている。

身近な話だと思う。

この舗装が「土間コンといえばポーラスコンクリート」よろしく透水性コンクリートになったなら?

実は透水性コンクリートはアスファルトに比べて5~10度、

普通のコンクリートに比べても5度程度、

路面温度が低いことが知られている。

さらに打ち水をすることによってその路面温度の差異は広がる。

積乱雲の元である暖かい空気は路面温度が主な原因となっている。

さらに、河川の氾濫。

前述のように都心部はほぼ100%の舗装率である。

つまり、地表が水を吸わない。

(山の地表が降雨を吸収して地中水脈に還元し湧き水をもたらしている)

そうなると、どうするか?

集水桝やU字溝などの排水設備が活躍することになる。

ただし、ゲリラ豪雨は短時間に想定以上の大量の水が降ってくる。

排水設備の想定を超える。

あふれた水は水を吸わない地表の上を低地に向かって一気におりていく。

これが氾濫のメカニズムとなる。

お分かりのように透水性コンクリートが土間コンの常識となれば。

地表が水を吸う。

つまり、山など自然の地表と同じように作用することになる。

排水設備に頼らなくとも。

都心の舗装だったとしても。

自然と同じように水を吸い込みその水は地下水脈に還元される。

もしかしたら枯れてしまった井戸が復活なんてこともありうるだろう。

あんまし大風呂敷を広げるのは趣味でない。

語らずさっさとそんな社会を実現するため仕事すべきとも思う。

ただ、このところの異常気象を見るにつけ焦るのである。

早すぎる。

せっかくある技術なのに使われなければなかったことと同じ。

そんなのは嫌だ。

今全国展開中の透水性コンクリート全国キャラバン

常に語る内容はミクロでいかに効果を発揮するかばかり。

・夕方から打てる土間コン → 迅速施工

・水勾配計画を考慮しなくてもいい → 透水性

・クレームに発展しづらい → 粗面のためクラックなどがわからない

けれど、そんなミクロの集積がきっとマクロで、

「ゲリラ豪雨の発生しない舗装」

という社会的価値を発揮するのだと思う。

考えてて何も行動に移さないのは何もしなかったのと同じ。

まあ、とにかく、一歩一歩、前へ進む。

GNNと透水性コンクリート。

きっとゲリラ豪雨を解消する一つのうねりになっていくだろう。

そう信じています

ドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

愛知のドライテック施工体験会は→http://www.ito-syouten.com/dw/case/_in.html

「人気があるセミナー、無いセミナー」 透水・見学会・エクステリア2017/08/17 update

「人気があるセミナー、無いセミナー」 透水・見学会・エクステリア

人気。

2つのセミナーがあって、

片方が収容人数オーバー、

もう一方はがらがら。

人気があるセミナー、無いセミナー。

人気。

流行を追いかける姿勢がいいというわけじゃない。

ぶれず一つのテーマを追求する。

一過性の流行に惑わされることなく、

一つのことを丹念に続ける。

人気のある時とそうでないときと。

これは世間の流動性を考える以上仕方のないこと。

けれど、

人気あった方がいいか悪いかっつったらいいに決まってる。

セミナーを開催する以上たくさん来てもらうべき。

透水性コンクリートの見学会をやっていて感じていることだ。

・透水性コンクリート施工体験会

・コンクリート打ち話色合わせ補修体験会

現在当社ではこの2つの見学会を随時開催している。

いずれも開催場所と日時が決まったら、

そのエリアの関係する業種の方にFAXDMでご案内をして、

開催するようにしている。

色合わせは3,000円会費

透水性は会費無料

なのに、

色合わせの方が俄然集客が強いのだ。

30人に及ぶ方々が参加していただける。

なぜだろう?

先日の会議でこの点が話題となり、

FAXDMのタイトル比較を行うことになった。

夕方から打てる土間コン?!
工場から届く透水性コンクリートの

施工体験会 in(開催場所)

※透水性コンクリートの冒頭(比較的集客が弱い)

コンクリート色合わせ体験会
~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~

※打ち放し色合わせ補修の冒頭(集客が強い)

両社の間にどのような違いがあるだろう?

現在の仮説では、

色合わせに比較して透水性コンクリートは製品の売り込み感が強い

という結論としている。

色合わせ補修は、

「特殊技術を身に着けて業務の幅が広がるよ!」

というのを押し出しているのに対して、

透水性コンクリートは、

「良い製品があるからよかったら買ってね!」

みたいな感じだろうか。

だから、次回からの透水性コンクリートのDMは以下のように変更することにした。

夕方から打てる土間コン?!
工場から届く透水性コンクリートの

施工体験会 in(開催場所) ~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~

我ながら少しバカバカしいが、

これでやってみることにする。

伝え方を変えたことによって伝わるならば、

変えることが努力だろう。

伝わらなければ存在しない事と同じなのだから。

実際に先日の横浜もそうだけど、

10名のお客様に透水性コンクリートの見学会にご来場いただいた。

担当まさつぐ曰く、

「人数は少なかったけれどとても濃い10人だった」

そうだ。

実際キャラバン(全国見学会)をスタートさせてから、

まだ3か月しか経過していないのにもかかわらず、

数多くのお問い合わせと納品をさせていただいている。

中身は間違いないという実感を得ている。

後は、伝え方。

伝え方を工夫すればもっとハッピーになってくれる人がいる。

ならば、伝え方ももっともっと工夫をすべきなんだろう。

そんなことを考えている夏休み初日である。

ドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

愛知のドライテック施工体験会は→http://www.ito-syouten.com/dw/case/_in.html

8/28「夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店」売上増・新規・ドライテック・透水・水たまり・舗装2017/08/11 update

20150730_145409.jpg

8/28夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

※透水性コンクリート「ドライテック」と併せて、メッシュ筋の要らない生コン「メッシュレスコンクリート」のご案内もいたします。

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店 (愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

※メールでの受付はこちらまで→http://www.ito-syouten.com/mailform/

必要事項

①お名前

②メールアドレス

③「ご用件内容」⇒8/28施工体験会の参加希望の有無

FAXでの受付

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤大司)

TEL. 090-7087-5443 (担当;伊藤大司)

お問合せ先は伊藤商店の伊藤まで気兼ねなくご連絡ください。→090-7087-5443

8/28「夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店」売上増・新規・ドライテック・透水・水たまり・舗装2017/08/10 update

20150730_145409.jpg

8/28夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

※透水性コンクリート「ドライテック」と併せて、メッシュ筋の要らない生コン「メッシュレスコンクリート」のご案内もいたします。

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店 (愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

※メールでの受付はこちらまで→http://www.ito-syouten.com/mailform/

必要事項

①お名前

②メールアドレス

③「ご用件内容」⇒8/28施工体験会の参加希望の有無

FAXでの受付

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤大司)

TEL. 090-7087-5443 (担当;伊藤大司)

お問合せ先は伊藤商店の伊藤まで気兼ねなくご連絡ください。→090-7087-5443

「もっともっと頑張ります」 横浜・透水・駐車場・大型・排水2017/08/10 update

「もっともっと頑張ります」 横浜・透水・駐車場・大型・排水

180m2の透水性にする事で外部の側溝に負担をかけなくなることが期待され、場内も排水設備の設置を行っていない。小泉木材さんによれば、以前見学会でこの製品のことを知り、今回自社新築ということもあり、大型車の出入りする駐車場に採用。180㎡150㎜厚

思い出深い横浜でもやりました。

透水性コンクリート施工体験会 in 横浜・小泉木材 With東伸コーポレーション

180㎡

実際の施工。

その場所を施工見学会会場として提供していただいた。

小泉木材様誠にありがとうございました。

和歌山でも300㎡、

山梨でも同日施工見学会、

そして、横浜でも。

20727247_1946018108944732_1551174487_o (1).jpg

東伸コーポレーションから素敵なドライテックが配達される。

なんか、東伸コーポレーション何やってもおしゃれ。

20727029_1946017955611414_1040702082_o.jpg

施工見学会はじまりはじまり

20705910_1946077088938834_1514135073_o.jpg

20707008_1946077085605501_2081949014_o.jpg

横浜地区でも大勢のご来場誠にありがとうございました。

和歌山、山梨、横浜、同日開催。

そんなわけで、ゆるキャラまさつは3人もいないため、

横浜を担当いたしました。

tousuimasatsu1.jpg

※報告が苦手なまさつ

20727798_1946400585573151_1492186470_o.jpg

というわけで、あっという間の、完成。

180m2の透水性にする事で外部の側溝に負担をかけなくなることが期待され、場内も排水設備の設置を行っていない。小泉木材さんによれば、以前見学会でこの製品のことを知り、今回自社新築ということもあり、大型車の出入りする駐車場に採用。180㎡150㎜厚

にぎやかだなあ。

ブログ書くのが追い付かないくらい、

ドライテックがにぎやかだ。

来週は香川県で透水見学会を予定している。

キャラバンはあちこちで開催される。

スケジュール表更新しなきゃ。

今後の見学会のアジェンダも作らなきゃ。

やることいっぱいで透水性コンクリート普及の余韻に浸っている時間もない。

でも、うれしいです。

もっともっと頑張ります。

転載元:宮本ブログ

愛知のドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「今日はドライテック祭り!」 和歌山・透水・エクステリア・草・裏庭・集合住宅・水たまり2017/08/10 update

「今日はドライテック祭り!」 和歌山・透水・エクステリア・草・裏庭・集合住宅・水たまり

集合住宅の裏庭。草がすごくなって管理が大変。また、水たまりもできる。きれいにして、少しでも子供たちの遊び場になればいいなと思った。この現場、当WEBサイトをご覧になった和歌山県の有限会社テラマエ建設さんが設計の方にご提案して採用された。骨材最大寸法1505、100㎜厚、300㎡

20707177_983864618423251_1430952803_o.jpg

熱中症予防に

※施工指導は熱中症の中暑中コンクリートの伝説的大規模実験を敢行した伝説の男ヤマジマン(寝屋川コンクリート)

20706923_983862901756756_1105583896_o.jpg

20707034_983862921756754_715815296_o.jpg

伝説の漢ヤマジマンのスーパー施工指導により、

20706147_983971668412546_654896623_o.jpg

あっという間に150㎡施工終了

すごい、ヤマジマン。

かっこいい、ヤマジマン。

「今日はドライテック祭り!」

集合住宅の裏庭。草がすごくなって管理が大変。また、水たまりもできる。きれいにして、少しでも子供たちの遊び場になればいいなと思った。この現場、当WEBサイトをご覧になった和歌山県の有限会社テラマエ建設さんが設計の方にご提案して採用された。骨材最大寸法1505、100㎜厚、300㎡

昨日から本日にかけて全部で300㎡。

そして、昨日はもう1件、

横浜でも180㎡の透水性コンクリート「ドライテック」が施工された。

感無量である。

この材料、

つづけつづけて今があります。

ヤマジマンをはじめ、

さらに多くの生コン関係者の努力の結晶。

それが、ドライテック。

GNN元気な生コンネットワークと共に、

さらに拡大しています。

どんどんどんどん拡大して。

そのうち、土間コンといえばドライテック、そんな風になる。

過去10年を振り返ると、

その期間中に起こった出来事や変化を見れば、

10年後そうなっていても全然不思議ではない。

透水性コンクリートが日本の標準にするのは、

僕たち元気な生コン屋の努力の末です。

愛知のドラテックなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「土間コンニチハ」 透水・見学会・山梨・エクステリア2017/08/10 update

「土間コンニチハ」 透水・見学会・山梨・エクステリア

本日は少数のご参加人数のため申し上げるのがとても憚られますのですがご唱和ください。

「土間コンニチハ」

我ながら大したものだ。

残コンフォーラムの時には、

「残コンニチハ」

夕方から打てる土間コン、

透水性コンクリート見学会の時には、

「土間コンニチハ」

世界の国から、

「生コンニチハ」

というわけで生コンブログの始まりである。

石の上にも三年というではないか。

今ものすごい手ごたえを感じているのである。

全国を旅してまわって、

透水性コンクリート見学会(透水キャラバン)

を開催している。

昨日は山梨県河口湖はフジコン(GNN)で行った。

20771807_1022939087808423_589421265_o.jpg

説明会会場はフジコンさんの顧問税理士事務所後藤会計さんの会議室をお借りした。

20726913_1022939094475089_106344248_o.jpg

デモ会場はフジコン高木専務のご自宅前駐車場

※屋根がかかってはいるが降雨時水勾配の関係で水たまりができてしまうとのことだった

20747530_1022939101141755_1205915922_o.jpg

※F材(フッコー社製)投入

20746889_1022939091141756_350458299_o.jpg

5分とかからず敷設が進む。

※透水性コンクリートの場合鉄筋敷設がないため生コン車が乗り入れて、

「直取り(じかどり)」

ができるのも迅速施工のポイント

20747748_1022939074475091_1870417335_o.jpg

見詰めるフッコー杉山副社長と黄色がまぶしい深澤さん

20727046_1022939061141759_317754217_o.jpg

あっという間の出来上がり。

駐車場1~2台分の面積であれば30分~1時間でできてしまう。

そんなデモンストレーションだった。

今回の透水性コンクリート見学会。

10年以上の時空を超えて、

あの、コンクリート舗装の大家でもある、

渡辺夏也氏

にご参加いただいた。

思い返せば10年以上前。

透水性コンクリートを始めたての長岡生コンが360度方位に向けて、

「透水性コンクリート見学会やります!」

とDMを投げまくったことが今は懐かしい。

その当時訳の分からん田舎の生コン屋の青年の投げかけに応えて、

渡辺夏也さんとのご縁が生まれた。

そして、これまでいろいろあったけれど、辞めずに続けている。

透水性コンクリート

そろそろ15年の歴史を刻むことになる。

つづけた、透水性コンクリート。

昨日は神奈川で180㎡

和歌山で300㎡

同時にドライテックが施工されていた。

石の上にも三年

三年どころじゃない。

あきらめず、つづけ、今、

透水性コンクリートが土間コンの当たり前になりつつある。

素直に、心から、うれしい。

土間コンニチハ

この挨拶を全国ではやらせるためにも(笑)

透水キャラバンは続く。

転載元:宮本ブログ

ドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

 

8/28「夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店」売上増・新規・ドライテック・透水・水たまり・舗装2017/08/09 update

20150730_145409.jpg

8/28夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

※透水性コンクリート「ドライテック」と併せて、メッシュ筋の要らない生コン「メッシュレスコンクリート」のご案内もいたします。

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店 (愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

※メールでの受付はこちらまで→http://www.ito-syouten.com/mailform/

必要事項

①お名前

②メールアドレス

③「ご用件内容」⇒8/28施工体験会の参加希望の有無

FAXでの受付

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤大司)

TEL. 090-7087-5443 (担当;伊藤大司)

お問合せ先は伊藤商店の伊藤まで気兼ねなくご連絡ください。→090-7087-5443

「コンクリートでハッピーが増えたらいいな」 色合わせ・体験会・コンクリート・打ち放し・山梨2017/08/09 update

「コンクリートでハッピーが増えたらいいな」 色合わせ・体験会・コンクリート・打ち放し・山梨

フジコンニチハ。

どうもどうも。

やってまいりました、

コンクリート色合わせキャラバン in 山梨・フジコン

大好評となっております。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

20706307_1022320277870304_1038363981_o.jpg

今日も大勢の皆様にお越しくださいましてまことにありがとうございます。

20707244_1022320317870300_1086672977_o.jpg

色合わせの実演を手とり足取りご案内

20707005_1022320194536979_1555275425_o.jpg

シルエットが太ってみえる小松英樹の講義

なぜ、このコンクリート色合わせキャラバンが人気か?

それは、業務の幅を広げることができるから。

僕たちは全国のネットワークを持っている。

全国のコンクリート打ち放しのリアルタイムの情報を持っている。

現状、圧倒的に供給が足りていない。

全国に無数にいる才能と打ち肌・コンクリートで困っている人たちを、

プラットフォームでつなげる。

出来ると欲しいをマッチングする。

すると、コンクリートで不幸になる人を減らすことができる。

できれば、0にしたい。

本日は山梨県フジコン(河口湖)さんで開催した。

フジコンさんのお取引先には建設会社がある。

当たり前だけどフジコンさんのお客さんは生コンを購入する。

それらはおおむね構造物として造形される。

そして、悲しいかな、その一部は打ち放しで施工不良を発生させる。

フジコンさんの周辺には色合わせの「欲しい」がある。

フジコンさんの周辺には同時に、「できる」がいる。

フジコンさんをハブとして、できるとほしいがつながる。

コンクリートでハッピーが増える。

打ち放しコンクリートが自然にきれいに仕上がる。

つまり、そういうことです。

フジコンさんのような元気な生コン工場が全国に、

100社

存在しています。

その地域その地域でその工場がハブとなります。

もちろん、その生コン工場は、

コンクリートの専門家。

ただ、ぼかす、かくす、だけじゃない。

僕たちは生コンのプロ。

機能確認、調査・診断、そんなことだってできます。

だから、コンクリート色合わせキャラバンは人気です。

引きも切らない来場申し込みがある。

殺到する。

僕たちにしかできないこと。

全国どこでもどんなに小規模でも迅速にお届けできる、

コンクリート色合わせ補修

僕たちだけ。

一度体験してみてください。

まだまだ、色合わせキャラバンは続きます。

全国を回ります。

コンクリートでハッピーが増えたらいいな。

安心してください。

懇切丁寧に色合わせの練習を案内します。

大丈夫。

まずは、連絡をください。

一緒にコンクリート打ち放しを盛り上げましょう。

 

コンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「伝えたい言葉をホットワードに極力合わせる」 透水性コンクリート・真砂土・DIY・比較・外構・エクステリア・水漏れ・打ち放し・補修・残コン・ピーコン・セパ穴・見えなくする・作る・家づくり・もめ事・土間コン・ひび割れ・色ムラ・ジャンカ・モレステ・セルドロン・IWAシステム・全圧連・価格・中性化・鉄網・繊維・メッシュ・再生骨材・JIS A 5308・JIS A 5021・JIS A 5022・JIS A 5023・ドライテック・見学会・ブロック塀・CBRC・工期・クラック・シミ・カーポート2017/08/08 update

透水性コンクリート・真砂土・DIY・比較・外構・エクステリア・水漏れ・打ち放し・補修・残コン・ピーコン・セパ穴・見えなくする・作る・家づくり・もめ事・土間コン・ひび割れ・色ムラ・ジャンカ・モレステ・セルドロン・IWAシステム・全圧連・価格・中性化・鉄網・繊維・メッシュ・再生骨材・JIS A 5308・JIS A 5021・JIS A 5022・JIS A 5023・ドライテック・見学会・ブロック塀・CBRC・工期・クラック・シミ・カーポート

※検索でこちらのページにたどり着いた方へ。

当サイトは「生コン」というポータルサイトです。

気になるワードは生コン検索のご利用が便利です。

僕もそうだけど人は意図されたものが嫌いだと思う。

自然が好きだと思う。

仕掛けられたりしてまんまとはまったりするのは、

誰もが嫌だと思う。

どっきりにはめられてうれしいはずもない。

一方そうはいっても企業活動も人付き合いも、

やはり必要なのは「意図」それも良質な意図が必要となる。

仮説

と言ったりもする。

「○○の人たちはきっと○○なのではなかろうか」

という仮設をたてて(P)、

実際にそれを行動に移して(D)、

その結果を踏まえて(C)、

対策を練る(A)

PDCA

今更言うまでもないくらい何においても普遍的なフレームワークとなっている。

20663400_1020229771412688_153692692_o (1).jpg

20684310_1020229768079355_179675651_o.jpg

昨日は月に1度のペースで行っているWEB戦略のMTG。

リーダーは太って見える小松英樹と、

外部からはCOBANの山本さんが参加して、

情報戦略のPDCA進捗管理を行った。

ninnkititle1.PNG

ninnkititle2.PNG

このリストは、

ランディング

インターネットでWEBサイト「生コン」にアクセスしたの最初のページ

の閲覧数順位を示している。

つまり、検索など何かしらの行動の結果表示されたページ、

それもそのタイトルにどのようなキーワードが表示されているか、

このリストから得られる情報はそんなところだ。

透水性コンクリート・真砂土・DIY・比較・外構・エクステリア・水漏れ・打ち放し・補修・残コン・ピーコン・セパ穴・見えなくする・作る・家づくり・もめ事・土間コン・ひび割れ・色ムラ・ジャンカ・モレステ・セルドロン・IWAシステム・全圧連・価格・中性化・鉄網・繊維・メッシュ・再生骨材・JIS A 5308・JIS A 5021・JIS A 5022・JIS A 5023・ドライテック・見学会・ブロック塀・CBRC・工期・クラック・シミ・カーポート

ざっと眺めてみて、上記で閲覧者がキーワード検索をしたことがうかがわれる。

つまり、上記がホットワードということになる。

ジレンマがある。

本来情報発信は自らが伝えたいことを書きたくなる。

ただし、現実は上記ホットワードが求められている内容。

「伝えたい」と「求められている」のジレンマである。

実際「求められていること」を情報発信しなければ、

WEBサイトなんかは誰からも見向きもされない。

だから、僕たちに求められる姿勢は、

「伝えたいことばを求められているもの(ホットワード)に極力合わせる」

ということ。

やれやれ、ついついぐだぐだと考えを書き散らかしてしまった。

いずれにせよ、

伝わらない=存在しない

ということを肝に銘ずるべきである。

転載元:宮本ブログ

このページのトップへ