スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「さあ、行くぜ、横浜。」 透水・見学会・エクステリア2017/08/04 update

「さあ、行くぜ、横浜。」 透水・見学会・エクステリア

リベンジである。

横浜、やります!やらせてください!!

夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 横浜・小泉木材 With 東伸

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

※透水性コンクリート「ドライテック」と併せて、メッシュ筋の要らない生コン「メッシュレスコンクリート」のご案内もいたします。

・日時 2017年8月8日(火) 10:00~15:00(随時集合・解散)

・場所 会場 小泉木材事務所新築工事 (神奈川県横浜市都筑区川和町101)

※お車でお越しの方は、オーケー川和町店有料駐車場にお願いします。

・施工 小泉木材 (180㎡ T=150)

・製造 東伸コーポレーション

・出欠確認

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

小泉木材

FAX. 045-314-1147

TEL. 045-311-2801

月刊透水性コンクリート事務局 まさつぐ(090-6596-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

前回は豪雨に見舞われ流れた。

今回、満を持して、横浜の施工見学会としゃれこもうと思う。

しゃれこむのだ。

透水性コンクリート。

僕が駆け出しの営業マンだったころ。

横浜はとても思い出深い場所である。

カタログやサンプルを30くらい車に積んで。

横浜の買いそうな先を片端から飛び込み営業してた。

だから、やけに横浜の道には詳しくなってしまった。

その時のお客様はいまだにかわいがってくださる。

大切な土地だ。

最先端を好む街、横浜。

ドライテックはかなり神奈川県横浜市で実績をいただいている。

バックアップしてくださる東伸コーポレーションさんをはじめ、

明るく元気な生コン工場のおかげである(GNN元気な生コンネットワーク)。

さあ、行くぜ、横浜。

第13回透水性コンクリートキャラバン。

(山梨同日開催)

神奈川の素敵な皆さんの多くのご来場心待ちにしております!

「札幌にはすごい漢がいた!」 北海道・残コン・見学会2017/08/04 update

「札幌にはすごい漢がいた!」 北海道・残コン・見学会

繁美曰く、残コンで困っている人は生コンだけじゃない。

それを、ゼネコン・ポンプに押し付けて、以上終わりではいかん。

生コンがゼネコン・ポンプをきちんと導いて、

みんなにとって残コンが問題ではなくなる業界をつくらなければならない。

すごいぞ、北海道。

札幌にはすごい漢がいた!

札幌で14カ所目。

全国47都道府県を全部回る。

その道中、こんな漢に出会えるなんて。

残コン技術フォーラム一同感激♪

いよいよ、登場。

岡本興業代表取締役社長

岡本繁美

その人である!

20641479_1018572178245114_420610747_o.jpg デモを見つめる、繁美社長(左)。

息子、敏秀専務(右)

20616464_1018572194911779_146088223_o.jpg

繁美社長、魂のプレゼン。

20622655_1018572174911781_281477993_o.jpg

でかい!!!

20622640_1018572201578445_1636997615_o.jpg

ちゃっかり記念撮影

20622669_1018572151578450_454527148_o.jpg

20629986_1018572198245112_158014846_o.jpg

20623617_1018572211578444_840908506_o.jpg

20641436_1018572191578446_87351724_o.jpg

50名を超す残コンギャラリーに混乱気味のプレゼン&デモ

なにが大切って、姿勢。

僕は14回目の残コン技術フォーラムで確信した。

残コン解決のための最も大切なエッセンス。

それは、製品とか技術とか工夫とか、そんなもんは後の話で、

何よりも大切なのは、姿勢だ、ということ。

漢、繁美(札幌地区理事長)曰く、

「残コンについては生コン業界が主導して解決に向けて取り組んでいる。役所関係者を巻き込み、残コンの定義を北海道オリジナルで作り上げた。今後、ゼネコン・ポンプらと協議の場を作り、生コンがリーダーシップをとり、積極的に残コンの問題を解決する場を創造する」

すごい!繁美!!!

充也、感動です!!!!

繁美曰く、残コンで困っている人は生コンだけじゃない。

それを、ゼネコン・ポンプに押し付けて、以上終わりではいかん。

生コンがゼネコン・ポンプをきちんと導いて、

みんなにとって残コンが問題ではなくなる業界をつくらなければならない。

充也、禿同です!!!!!

激しく同意します!!!!!

残コン技術フォーラムではしつこく発信し続けてきたが、

残コンはこれまで関係当事者によりババ抜きのババのように取り扱われてきた。

忌み嫌うもの。

見て見ぬ振りするもの。

誰かに押し付けるもの。

だから、僕たちは生コン・ポンプ・ゼネコン上下なく交わり、

残コンという問題を直視してその解決策を創造する。

そのための残コン技術フォーラムを創造した。

そして、全国ツアーを始めた。

北海道には、漢がいた。

志を同じくした漢がいた。

岡本繁美、その人である。

20622655_1018572174911781_281477993_o.jpg

どどーん!!

今後、この伝説を15回(沖縄)以降伝えていかねばならない強く思う。

残コン問題において最も大切なのは、姿勢。

直視する姿勢。

逃げない姿勢。

北海道ではエネルギーを得ることができた。

さあ、今日は沖縄。

全力で行くぜ!

3年後には残コンという言葉をなくすつもりだ。

転載元:宮本ブログ

8/28「夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店」売上増・新規・ドライテック・透水・水たまり・舗装2017/08/03 update

20150730_145409.jpg

8/28夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

 

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店 (愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

※メールでの受付はこちらまで→http://www.ito-syouten.com/mailform/

必要事項

①お名前

②メールアドレス

③「ご用件内容」⇒8/28施工体験会の参加希望の有無

FAXでの受付

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤大司)

TEL. 090-7087-5443 (担当;伊藤大司)

お問合せ先は伊藤商店の伊藤まで気兼ねなくご連絡ください。→090-7087-5443

8/28「夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店」売上増・新規・ドライテック・透水・水たまり・舗装2017/08/02 update

20150730_145409.jpg

8/28夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

 

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店 (愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

※メールでの受付はこちらまで→http://www.ito-syouten.com/mailform/

必要事項

①お名前

②メールアドレス

③「ご用件内容」⇒8/28施工体験会の参加希望の有無

FAXでの受付

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤大司)

TEL. 090-7087-5443 (担当;伊藤大司)

お問合せ先は伊藤商店の伊藤まで気兼ねなくご連絡ください。→090-7087-5443

「ドライテック購入方法」 価格・よくある質問2017/08/02 update

「ドライテック購入方法」 価格・よくある質問

1.施工指導料金50,000円別途負担(交通費他実費含む)

2.施工見学会として施工現場提供→施工指導料減免

このところおかげさまで多くの現場に、

透水性コンクリート「ドライテック

を納品させていただいております。

透水性コンクリート「ドライテック

の最大の特徴は、

全国5㎡(超小規模)から対応可

おそらくこうしたサービスを提供できる、

透水性コンクリートはまたとありません。

この理由は、

・GNN元気な生コンネットワークとの連携

http://genki-namakon.net/

・材料販売可能な製品

・全国の施工ネットワーク

などが要因となっています。

現在全国施工見学会(透水性コンクリートキャラバン)により、

さらにそのネットワークは拡大しております。

拡大している理由の一つとして、

一度施工してしまえば土間コンより楽に施工ができる

ことをご理解いただけることがあります。

施工は非常に簡単で、

使用資機材もどこにでもあるものをご利用いただけます。

冷たいアスファルト

と名指されるほど簡単な施工となり、

リピーターが引きも切らないゆえんです。

ここに、最初に引き合いを頂いた場合のフローを示します。

1.施工指導料金50,000円別途負担(交通費他実費含む)(ご連絡先:伊藤商店の伊藤まで090-7087-5443)

2.施工見学会として施工現場提供→施工指導料減免

冷たいアスファルトのように施工が簡単、

とはいえ最初の施工には不安があると思います。

その際には上記2点を提案いたしております。

最初の施工には10年以上の経験を有する弊社どもスタッフが現地入りし、

施工業者様の施工に立ち会いミスのない施工指導を施します。

その場合申し訳ないのですが50,000円の指導料を頂戴します。

また、仮に当該施工現場を施工見学会の会場としてご提供いただけます場合、

施工指導料50,000円はお値引きさせていただきます。

近隣の施工店様へ弊社製品の案内の機会とさせていただくため、

施工指導料を販促費用に振り替え当方負担とさせていただきます。

初めての製品であるため不安もあろうかと存じます。

現在当社では足掛け13年にわたる透水性コンクリートの経験を有しております。

施工方法さえ習得してしまえばどの製品よりも施工が簡便です。

・夕方から打てる土間コン

・クレーム防止(粗面のためクラックが見えづらい)

・水勾配を考えなくてもいい

上記3点の価値は全国津々浦々の施工店様からご評価を頂いております。

今後とも、

・より早く

・より気軽に

全国にご提供できるよう努めてまいります。

僕たちの夢は

「土間コンといえば透水性コンクリート」

そんな先進的な日本を世界でどこよりも早く実現することです。

※ドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで090-7087-5443

 

「日本のコンクリート業界は多大なダメージを受ける」2017/08/01 update

「日本のコンクリート業界は多大なダメージを受ける」

日本都市センター会館に来ている。

忘れたころにやってくる。

コンクリート技士・主任技士の更新講習。

貴重な1日を割いて受講する限りは、

最先端のコンクリートの知識を習得して、

会社に持ち帰って役に立つぞ!

がんばるぞ!!

気合が入ったところで生コンブログの始まりである。

20543244_1017201791715486_1591363631_o.jpg

400人くらいいるのだろうか?

こんな時に思わないだろうか?

今、爆弾テロが起きたら、

日本のコンクリート業界は多大なダメージを受ける。

そんな妄想を抱くのは僕だけだろうか。

お馴染みこの講習もずいぶん変わっていた。

まず、次年度からはE-ラーニングを取り入れるそうだ。

くそ忙しい実務者を一堂に集める。

確かに不合理な話だ。

広島大学の大久保先生はこのプロジェクトに力を入れているそうだ。

さらに、

最初に小テスト(30問)の受験があった。

技士・主任技士持ってるけど実際実力どうなんよ?

みたいな感じのテストで第1部では材料をやったが。

なんと、全然あたらなかった。

まちがいだらけ。

謙虚になれる。

とても謙虚になれる。

講義を聴きながらブログやらノートやらを書いていたらお隣さんに、

「うるせえ」

と小声ですごまれた。

いやはや、ごめんなさい。

コンクリートインフラを守る男はこのくらいの気迫がないといけない。

新幹線の中とかでもタイピングに対して舌打ちをしたり、

「うるさい」

と話しかけてきてくれる方がたまにおられるが、

この際ルールを貼り出してほしいものだ。

「タイピング禁止」

としておいてもらったほうがよっぽど納得がいく。

鉛筆で書くのもPCに入力するのもスマホも本質的には同じなのに、

タイピングだけは叱られるケースが多いのは納得がいかない。

もしかしたら僕のタイピングスピードが日本一速いことと何らかの因果関係があるのかもしれない。

というわけで、午前の部が終了した。

みんなもぐもぐとお昼ご飯を食べ始めている。

もしこのお昼ごはんの中に毒が盛られていたとしたら、

日本のコンクリート業界は多大なダメージを受けることだろう。

そんな妄想をかきたてながら、

16時まで続く講習会に闘志を燃やしている。

コンクリート業界ひいては社会貢献のために午後の授業もがんばるぞ!!!

転載元:宮本ブログ

「網が一番効果的」 繊維コンクリート・残水・残コン2017/08/01 update

「網が一番効果的」 繊維コンクリート・残水・残コン

いやなことでも進んでやる。

子供のころ大切なこととして学んだ。

大人になって僕たちはいやなこと進んでやってるだろうか。

「めんどくせー」

ついつい言葉に出してないだろうか。

手間を取らない。

できるだけやらない。

生コンをしていく中でそんな姿勢になってないだろうか。

面倒くさい生コンの最高峰。

全く名誉なことではないので申し訳ないが、

繊維コンクリート

というものがある。

ポリプロピレン繊維(バルチップ等)を生コンに配合。

曲げタフネスを付与する。

剥落防止など耐久性を向上させる。

そんな技術がある。

ppirinamakonn.jpg

写真見てお分かりのように、

丈夫そう

その通りでとっても丈夫。

ポリプロピレン繊維を入れると生コンすごく丈夫になる。

これは、顧客の目線から言えること。

一方、

僕たち生コン工場の目線からこの繊維入りコンクリートを見つめると。

「げき、うざ」

普通の生コンならただ普通に生コン運んでざーっと流し出せば以上終わり

なのに、

・現場到着したら袋をさばいて繊維を生コン車に投入しなければならない

高速攪拌を何分かしなければならない(長くても短くてもだめ)

スランプ(管理項目)が変動するからチェックしなければならない

・繊維が入っているからすぐに次の生コンを積み込むことができない

繊維は洗浄設備を詰らせてしまうので特別な処置が必要

etc...

(※ディスってるわけじゃなく、前向きに何とかしたいから敢えて書いています)

ね、めんどくさい。

20598035_1016736005095398_126621605_o.jpg

20536177_1016736018428730_642174084_o.jpg

20597945_1016736001762065_954397259_o.jpg

昨日訪ねたミツワ生コンでのこと。

到着すると山川工場長が構内で作業していて、

その傍らに写真のポリプロピレン繊維と網が置いてあった。

山川さんによれば、

「網が一番効果的」

なんだそうだ。

現場から戻ってきたら3回洗浄するんだそうだ。

その洗浄水をホイルローダーで受けて県濁水から浮いてくる繊維を網ですくうんだそうだ。

それでないと洗浄設備を詰らせてしまって大変なことになるんだそうだ。

淡々と語っていた。

一言も「めんどうくさい」的な言葉がなかった。

もう、DNAに刻み込まれているというか。

新しいことに挑戦することに対してなにも負荷を感じないというか。

実に素晴らしいと思った。

いや、だからといって、繊維コンが面倒くさいままでいいってことではない。

ただ、面倒くさいからやらない、というのもやっぱり違うんだと思う。

残コンの問題と一緒で関係当事者が全員で取り組まなければならないものだと思う。

それが繊維コンクリートなのだろう。

「にゃんた ミツワ」 山形・生コン・業界2017/08/01 update

「にゃんた ミツワ」 山形・生コン・業界

コンクリート技士・主任技士。

資格更新の講習会というのがあって、

今は山形から東京に向かうつばさ号に揺られている。

20597650_1016736028428729_305051370_o.jpg

20542859_1016735998428732_377245784_o.jpg

(※みつわ生コン多田さん作)

昨日訪ねた山形の生コンの星、みつわ生コン。

遊び心って大切だなあと思う。

生コン女子であり且つみつわのアイドルみゆきちゃんに駅まで迎えに来てもらい、

(写真は載せない。ミス生コンに会いに山形へ行こう)

みつわ生コンに到着や否や構内で作業する山川工場長と雑談。

花壇を作っていたのだった。

骨材が丸みを帯びているのは、

残コンをIWAシステムで造粒させたもの。

その粗骨材のみをつかってポーラスコンクリートを作る。

底が密閉されていても壁から水が抜けていく構造。

さらには土に保水力を与えるためにIWAシステムの高分子を配合。

忙しい仕事の合間にもユーモアを忘れないみつわ魂を見た気がする。

目的を忘れみつわを楽しんでしまうところだった。

nyannta.PNG

(みつわニューフェース澤野さんによるFB投稿)

今回の旅の目的は、

9月29~30日開催予定

GNNワークショップ in 山形・みつわ

の事前打ち合わせ。

ご当地組合に所属をせず、

長年にわたり山形県唯一の無頼を貫き、

「チョモランマ」

とまで言われた残コン・生コンスラッジを見事解決。

「猫の手貸し隊」

というゆるきゃらに象徴されるように、

「徹底した顧客主義」

を赤塚社長をリーダーに継続している。

継続的に成果を生み出し続ける秘訣は一体なにか?

また、県内生コン従事者の平均年齢に比べて、

ぶっちぎりに若いスタッフ(組織としての新陳代謝がきちんと行われている)。

その、人材確保・人材育成の理念とはなにか?

前回金沢からワークショップはメンバーを限定せず、

GNNメンバーへ希望により公開としている。

昨日も廣藤さん(横浜東伸コーポレーション)、武南さん(岡山白石建設)と話していて思ったこと。

みつわ生コンの皆さんと交流していて感じたこと。

個別の生コン工場で運用されているノウハウはとても素晴らしいものであるのにもかかわらず、それらは門外不出である場合が多い。それは生コン産業の特性「1.5時間の壁」にさえぎられているところが大きい。情熱や努力があるのになかなか浮かばれない。ちょっとしたノウハウ、転ばぬ先の杖さえあれば解決できるのに、知らないというだけで苦しんでいる生コン工場が多い

GNN元気な生コンネットワーク。

人によりいろいろな解釈があると思う。

ただ、最大の価値の一つに、

全国に眠るノウハウの流動性を高めることにより不当に不幸な生コン工場をなくす

ということがあると思う。

山形、みつわ。

敢えて言葉にすれば、

「泣く子も黙る、バリバリのアウト工場」

敢えてこういった表現をさせてもらいたい。

アウトだからといって一切隠さない。

堂々としている。

なぜか?

顧客の方を向いているから。

顧客のことを真剣に考えているから。

誇れる仕事をしているから。

僕はそう思う。

本来は、アウトとか組合員とか関係ないんだけどね。

ただ、生コンがあって、それを必要とする顧客がいる。

たったそれだけのことなのに。

世の中は単純なことをやけに複雑にしてしまう。

なーんて。

転載元:宮本ブログ

「古くて汚くなってしまった打ちっ放し擁壁を何とかキレイにできないだろうかというお客様のお悩みを解決しました」リノベーション・コンクリート・美装・復元・エクステリア2017/08/01 update

16122286_1292415124182191_960998079_o[1].jpg16145779_1292415120848858_1264433757_o[1].jpg

古くて汚くなってしまった打ちっ放しのコンクリート擁壁をなんとかキレイにできないかというお客様のお悩みを解決いたしました。

弊社の特殊技術である色合わせ補修を使うことで新築同様にリノベーションされた姿をみてお客様も大変喜んでいただけて本当に良かったです。

コンクリートリノベーションのことなら伊藤まで090-7087-5443

コンクリートリノベーションの詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「ブロック塀を打ちっ放しコンクリートの擁壁にしてほしいとのご要望にお応えいたしました。」CBRC・美装・復元・コストダウン2017/08/01 update

平松4-1.jpg平松4-2.jpg

ブロック塀をコンクリートの打ちっ放し擁壁にしたいと弊社からの昔からのおつきあいあるお客様よりのご要望がございましたので、弊社の特殊な技術CBRC工法でブロック塀を変身させちゃいました。

ピーコンの穴は実際にブロック塀に穴を空けて造成すると、更にリアリティが増して良くなります!

CBRC工法でのご相談はいつでも 担当伊藤まで090-7087-5443

CBRC工法の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/cbrc2/

このページのトップへ