スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「がれきの下のその人」 セルドロン・水害・防災2017/08/01 update

「がれきの下のその人」 セルドロン・水害・防災

妄想にお付き合いいただこうか。

夏バテには妄想が効果的だ。

生きていくうえで必要なもの。

人それぞれいろいろあるだろう。

僕にとってのそれは、

妄想である。

世界に一つだけの価値。

とても大切だと思う。

人は「世界初」が好きなのだ。

ただ、世界一は場所を選ばねばならない。

そこがミスユニバースの1番を決める場所だった場合、

「世界一デブなんです」

といっても通用しないばかりか予選すら通るまい。

天下一デブ選手権でなければその価値は光らない。

そういうものだ。

ここにセルドロンという価値がある。

先般京都大学地盤工学の権威らとの共同開発がプレス発表された。

間違いなく世界一である。

なにが?

瞬間的に吸水するスピードが

である。

流動体(高含水)にセルドロンを混錬すればそれはたちまち、

固形化する

流動性を一瞬で失う

そんな機能を持った製品は世に二つとないのだ。

この製品こそ売り込んではならない。

僕はそう思う。

製品の価値を適正に理解していない人にセルドロンを売り込む。

すると、

「セメントよりも高いね」

という非常につまらない反応が返ってくる。

それこそこれは売り込む側の問題であって、

つまらない反応をする人間の問題ではない。

この世にまたとない、

「一瞬で流動性を失わせる価値」

をセメント系固化剤で改良する一般的地盤改良の世界に提案しても、

それこそミスユニバース1位の美人を天下一デブ選手権にエントリさせるようなもん。

価値は場所を選んで輝かねばならない。

このところ水害が甚大な被害をもたらしている。

水を含んだ土砂。

広島県安佐南区でも経験したこと。

流動性のある土砂は救援・復興の全てを麻痺させる。

土砂の向こうのがれきの下に大切な家族がいる

のに、なすすべなく土砂の前で立ち尽くさなければならない。

流動性を一瞬で失わせる機能はセメントにはないのだから。

ここで、妄想をお披瀝したいと思う。

現在、ドローンの技術が日進月歩だ。

トンパックに詰められたセルドロンをドローンの大群が空輸する。

これぞ、セルドローンである。

ドローンが低空飛行をして土砂の上にセルドロンを投下する。

直後スタビライザー(耕運機みたいなの)が土砂の上に突入。

sutabi.jpg

(こんな機械がセルドロンと液性土砂を混錬する)

すると、液体だった土砂の流動性がたちまち失われ、

トラフィカビリティといってその上を重機やヒトが通行できる固さを帯びる。

被災後24時間36時間が非常に重要といわれる。

土砂の向こうのがれきに走り寄ることができる。

大声で声をかけることができる?

「生きてるか?今助けるぞ!!がんばれ!!!」

その声が届くことがどれだけがれきの下のその人を勇気づけることができるか。

妄想をしてほしい。

最大の問題は、

災害がめったにおこらない事

つくづく問題だと思っていることは、

災害時に役に立つ技術というのはなかなか発展しない

ということ。

言葉は悪いが、

喉元過ぎれば熱さを忘れる

これが災害対策技術にも同様に適応されてしまうこと。

技術は、ある。

セルドロンだけではないだろう。

以前高級官僚と面談した時のこと。

多くの技術が民間から背寄られるが検証するだけの仕組みが整備されてない

これが現実のようだ。

結果ブルーシートやら軍手やら土嚢袋が、

全国から被災地に義演物資として寄せられることになる。

防災分野こそ先端技術が求められているというのに、

なかなかその検証をする機会が設けられない。

年を追うごとに水害が深刻化する。

でも、言葉がわるいが、大半の人は他人事だと思っている。

「運が悪かったな」

その気持ちは一瞬脳裏をよぎり忘却の彼方へ。

世界に一つだけの価値。

冒頭にも書いたように場所を間違えればまるで意味がない。

供給者は場所を過たずその価値を必要なところへ届けなければならない。

届かなければ存在しない事と同じなのである。

仕組がない、ということで嘆いている暇はない。

仕組みは作るべく行動に移さねばならない。

がれきの下のその人のところへ届けるために。

転載元:宮本ブログ

「世界には5億㎥残コンが発生している」2017/08/01 update

「世界には5億㎥残コンが発生している」

47都道府県を巡回中の残コン技術フォーラム。

10回をひとまとまりとしてまとめたいと思う。

残コン技術フォーラム過去10回の記録。

なによりも、まず、

全国キャラバンがスタートした土地。

それは、

第1回 福岡県博多

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_in_1.html

野方菱光の北里パイセンのアドリブ力により見事成功した、

第1回残コンフェス。

その後も地元残コンフェス関係者の努力により、

今なおさらに活発に製品提案が行われている。

つづいて、

第2回 山形県山形市

http://www.nr-mix.co.jp/topics/post_190.html

ヤマコンニチハ!

一か八か、日本一の保有台数を誇るトップ企業ヤマコン役員のい並ぶ中、

自信満々でご挨拶をさせていただいた。

さすが、ヤマコン。

今や東北はヤマコンと共にモレステをはじめ波が広がっている。

第3回 長野県長野市

http://www.nr-mix.co.jp/new_nama/blog/_i-con.html

世界初の試み、

生コンピタゴラスイッチ

関係者の行動力は圧巻でした。

第4回 愛知県東海市

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_iwa_9.html

ある意味伝説の参加者0の残コンフェス。

 

第5回 三重県四日市市

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_iwa_7.html

ある意味感慨深い残コンフェスとなった。

既存業界秩序と残コンという問題の関係性。

「アウト工場とは組めない」

そんな頑迷な既存秩序が浮き彫りとなった会である。

そんなんでは残コンの夜明けは遅くなる。

第6回 石川県金沢市

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_iwar2_1.html

富山・石川・新潟、

ポンプ関係者が多く集まったのが特徴の金沢。

目的と手段の順番を考えよう。

組合ってなんのためにあるの?

組合を守ることが目的なの?

生コン産業をよくすることが目的でしょ?

第7回 兵庫県神戸市

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_r2_1.html

残コンに対する取り組みは、

組織的に行わなければならない。

社長の意志だけでもだめ、

実務者の想いや行動だけでもない、

組織全体として取り組むべきテーマ。

それが残コン。

第8回 岡山県岡山市

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_r2iwa_1.html

さすが!

白石建設!

お客様もポンプ屋さんもとても前向き協力的。

ここで一言。

「残コンの前にアウトも組合も関係ない」

第9回 広島県福山市

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_r2_2.html

ご当地の雄美建工業の高田社長からの冒頭のあいさつ。

「巻き込まれまして」

巻き込まれていただきまことにありがとうございます!

これは結構感じることだが、

残コン技術フォーラムにご来場される生コン工場は、

「結構名前を聞く会社」

全国区で名が轟いているところはやはり、

残コンという問題に対しても非常に積極的なんだな。

第10回 新潟県新発田市

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_r2iwa_4.html

この日に生まれました、

「残コンニチハ!!!」

という挨拶。

回を重ねるたびに残コンへの関心が高まっているのを感じる。

はて、昨日の島根で13回、

今週は北海道と沖縄と続く、

15回。

8月9月と怒涛の残コンフェスとなる。

雪が降る前に東北は全部回っちゃおう。

そんな風に計画中だ。

あ、ご安心ください。

残コン技術フォーラムは1周では終わりません。

2周、3週と続けようなんて、そんな話題で盛り上がってる。

ただ、確実に言えること。

残コン技術フォーラムに貴重なお時間を割いてお越しいただける方々。

みなさん、相当前向き。

目が輝いている。

とにかく、行動をする。

そんな皆さんと、

少しずつ、日本の残コンを変えていきたい。

いつも書いていることだけれど、

日本の残コンを解決すること。

それは、

世界の残コン問題を解決すること。

世界には5億㎥残コンが発生しているといわれている。

5億㎥という目がくらむ規模の産業廃棄物。

地球に与えている負荷。

とても大きな社会的意義があることを僕たちはやっている。

転載元:宮本ブログ

「さっさと家に帰れる」 伊豆・金額・独自性・土間コン・工期短縮・エクステリア2017/07/31 update

「さっさと家に帰れる」 伊豆・金額・独自性・土間コン・工期短縮・エクステリア

展示場を見たお客様がグランドコンクリートを見て値段が高いし普通のコンクリート土間はありふれていて逡巡していたところ金額と独自性のドライテックに即決した。160㎡もの土間コンの場合2日間4回打設になるところ、1日で全てが終わるという工期短縮は施工店にとってもメリットが大きい

18㎥

この規模が当社長岡生コンの強みが発揮される数量。

100㎥を超えるような大口。

確かに魅力的だけど、

いつもあるわけではない。

でも、今回は、生コンではない。

10年以上出荷している、

透水性コンクリート「ドライテック

の出荷数量。

地元で長らくお世話になっている、

伊豆植物園さん

以前よりドライテックはご愛顧いただいている。

そして、今回も。

普通に生コンの注文を入れるように

普通にご採用いただいた。

展示場を見たお客様がグランドコンクリートを見て値段が高いし普通のコンクリート土間はありふれていて逡巡していたところ金額と独自性のドライテックに即決した。160㎡もの土間コンの場合2日間4回打設になるところ、1日で全てが終わるという工期短縮は施工店にとってもメリットが大きい

20517518_1942133325999877_1807024469_o.jpg

施工ももう慣れたもの。

20472486_1942133319333211_1415641963_o.jpg

生コン車で直に荷卸しができるのも、

メッシュ(鉄筋)を敷かなくてもいいからできること。

20524462_1942133322666544_485180072_o.jpg

あっという間の完成。

広いお庭ですね。

これ、土間コンで仮にやるとしたらとっても大変だと思う。

プロの方であればご想像に易い。

仕上げ作業どんだけかかるんだ。

一方透水性コンクリートは写真にもある機材で一発仕上げ。

だから、仕事終わったら軽微な養生をして終わり。

さっさと家に帰れる。

材料というものはもちろん施主さんにとっても、

価値を提供しなければなりません。

そして、それと同じかそれ以上に、

施工者にも価値を提供しなければならない。

そして、僕たち生コン屋にとっても。

つまり、三方よし。

誰かにしわ寄せを寄せるような材料はやっぱちがう。

だから、

伊豆の地域で当社長岡生コンから、

伊豆植物園さんは継続的にご購入いただいているのだと思います。

はじめたころからご愛顧いただきまことにありがとうございます。

いつも感謝しております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテックのことなら伊藤商店の伊藤まで090-7087-5443

※愛知のドライック詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「日本全国47都道府県の残コンのリアル」 島根・残コン・見学会2017/07/31 update

「日本全国47都道府県の残コンのリアル」 島根・残コン・見学会

13番目の土地。

山陰は島根、出雲。

伊豆も、ではない。

島根県縁結びの街、神々の街、出雲。

第13回残コン技術フォーラム in 島根・IZUDA Withヒカワ・森島

20472438_1015382258564106_688096297_o.jpg

40名にも及ぶご来場をいただきました。

そして、熱い!

激熱です、島根の生コン。

20472453_1015382255230773_87259941_o.jpg

20535931_1015382308564101_347434193_o.jpg

川端工業の稲葉浩志、魂のライブに一同聞きほれる。

20495675_1015382285230770_253802877_o.jpg

ご存じGNNのゴッドファーザー、ヒカワ共立生コン前社長森山さん

「わかいもんには負けないつもりでやってるんよ」

ご来場あざす!!

20472613_1015382311897434_1129449319_o.jpg

西部生コン(GNN)倉本社長(右)にもご来場いただきました。

このご恩、必ずお返しします!

20524325_1015382291897436_1563791280_o.jpg

20536066_1015382281897437_1894979206_o.jpg

20472487_1015382268564105_1763943787_o.jpg

19893544_1015382261897439_425576902_o.jpg

今回も、

「残コンをとことん考え直してみてほしい」

そんな投げかけをさせていただいた。

元請けの会社さんもいらっしゃっていたし、

ポンプ、生コン会社も大勢お越しいただいた。

利害関係が直接あったりすると話を出しづらい、

「残コン」

これは、お互い見て見ぬふりババ抜きのババを決め込んでいるから。

そうじゃないですか?

正々堂々と、

残コンについて向き合ってますか?

子供に誇れることやってますか?

地域によって温度差はあるけれど、

日本全国47都道府県の残コンのリアルを知ることが大切。

どこかの地域の特定の問題ではない。

全国、全世界の問題。

それが、残コン。

うれしいことに、

どの地域でも必ず大勢のご来場をいただく、

ぽんこつ残コンフェス以外全部)

口には出さなくとも。

みんな、困ってる。

それが、

残コン。

すでに、25地域まで予約が決まっている。

残コン技術フォーラム全国ツアー(残コンフェス)

残コンについてお伝えするだけなく、

残コンについて僕たちも学ばせてもらってる。

どんどんどんどん残コンの本質に近づいていく。

次回は札幌・岡本興業で残コンフェス

その次は沖縄

雪の時期に入る前に東北を優先的に回ります。

Thank you Izumo!!

Hello ALL Japan!!

的なテンションでこれからも頑張っていこうと思う。

転載元:宮本ブログ

「ご縁て、本当に、大切。」 島根・生コン2017/07/31 update

「ご縁て、本当に、大切。」 島根・生コン

神の国出雲で操業する、

ヒカワ共立生コン

前社長の森山さんにご縁を頂き、

本日ももう何度目かわからないけれど、

お邪魔させていただきました。

20495760_1015372118565120_1662532011_o.jpg

全国的にも非常に早く集約化を進めたことでも有名。

20517735_1015372111898454_1895691895_o.jpg

島根の女傑、宮本工場長と記念撮影。

20524338_1015372128565119_410506882_o.jpg

いつも明るくお迎えくださいましてありがとうございます!

(お昼ごはんもぐもぐ中に失礼しました)

20472476_1015372115231787_172275230_o.jpg

素敵な掲示物

20472401_1015372141898451_687188259_o.jpg

おや?

この赤い線はなんだろう?

金子さんがいたらきっと「赤道」と答えていただろう、

この線はなんと。

20495865_1015372121898453_1328791997_o.jpg

赤線を超えて向こう側はヘルメットゾーン。

他にも土間コンにいろいろな線が配置されていて、

目で見てわかりやすく構内のルールが示されていました。

このほかにも、

「回送中」

「運搬中」

など生コン車の状況が一般にも現場の方にもわかりやすいように、

プラカードを使うなどとにかく様々なルールが目立つ工場。

いつきてもとても参考になるマネジメント。

20517668_1015372135231785_1639555197_o.jpg

※ドライテックの展示スペース

思い起こせばご縁は6年も前にさかのぼる。

透水性コンクリートがその最初のきっかけだったと思う。

本当におかげさまで。

透水性コンクリートを中心にこれまでも何度も訪ねさせていただいている。

今回も訪ねて改めて思ったこと。

出雲大社もそうだけど。

ご縁て、本当に、大切。

よく、付き合う人や会社や職業をころころ変える人がいる。

それも、本質なのかもしれないけれど、

人付き合いって時間や経験が増えれば増えるほど、

その感動の度合いも深まる。

長ければ長いほどたくさんの思い出がある。

あんなことありましたね。

あの時は面白かったですね。

悔しかったですね。

若手のつもりが僕もいつの間にか中堅。

若い人に上から目線でつっかかったりもしている(笑)

生コン一筋でよかった。

心からそう思う。

時には利害が相反することがあったとしても。

できるだけ粘り強く理解し共感してご縁は大切にしたい。

ふりかえればその努力が自分を形成していることに気付くから。

そんな当たり前のことを思い出させてくれた。

ヒカワ共立生コン訪問でした。

転載元:宮本ブログ

「錆汁・エフロ・型枠の灰汁(あく)」 打ち放し・コンクリート・価格・錆汁・エフロ・型枠の灰汁(あく)2017/07/29 update

「錆汁・エフロ・型枠の灰汁(あく)」 打ち放し・コンクリート・価格・錆汁・エフロ・型枠の灰汁(あく)

静岡市200㎡のマンション、ところどころにエフロ(白華)を引っ張った垂れ痕が問題となり打ち放し色合わせ補修の採用。複層になるコンクリート構造物では、上部から流れるエフロや型枠のアクがしばしば美観上の問題となる。一式、400,000円

ehuromae.jpg

Before エフロで汚濁された打ち肌

ehuroato.jpg

After 自然な風合いを損なうことなくエフロを除去

打ち放しって因果よのう。

なかなか楽させてくれないよなあ。

 

「げ、打ち放し?まじ?」

図面を手にしたときに仕上げが、

「打ち放しコンクリート」

となっていたときの心境。

しかも、相手は、生コンクリート。

非常に気まぐれ。

だって、全部天然ものだし、打設時の環境に左右されるし。

やった!

きれいに打ちあがった!

型枠を脱型して現したその姿に、

超頑張ったあなたはしばし喜ぶ。

それもつかの間。

錆汁・エフロ・型枠の灰汁(あく)

残酷にもその打ち肌に襲い掛かる。

静岡市200㎡のマンション、ところどころにエフロ(白華)を引っ張った垂れ痕が問題となり打ち放し色合わせ補修の採用。複層になるコンクリート構造物では、上部から流れるエフロや型枠のアクがしばしば美観上の問題となる。一式、400,000円

因果なものよのぉ。

コンクリート打ち放し

ファンは多い。

だが、その打ち放しに困っているひとが、

この世の中に実に多いことか。

コンクリートで不幸になる人を0にする

ぜひ、お困りの際は、連絡をください。

僕たちの特徴は「信頼」です。

 

※コンクリートの補修のことなら伊藤まで090-7087-5443

※補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「もう折り返し地点が見えた」 富山・大分・青森・岐阜・高知2017/07/29 update

どうやら業界に多少話題をお届けできているようだ。

残コン技術フォーラム全国ツアー。

今年度内に全国47都道府県を回りきる。

これまで誰もやったことのないこと。

だから、誰も結果を知らない。

そんな一見バカげた取り組みが、

少しずつだが業界の中の共感を得つつある。

昨日の愛媛で12回。

現在決まっているだけで、

9月中に25件完了

今日だけで、

富山、大分、青森、岐阜、高知

での開催が決まった。

もう折り返し地点が見えた。

なんともうれしいことじゃないか。

ノリだけで全国47都道府県回ると宣言した。

それが3か月しか経過していないというのに、

47都道府県の半分が決まったというのだから。

つまり、もう半分で47完成ってことなわけだから。

20464967_1014717785297220_1835242617_o.jpg

今日は愛媛から島根へ。

パートナーの川端工業中村さんと楽しくドライブ。

道中、「もう半分終わりですよ!」などと軽口をたたきながら。

楽しく明日の島根残コンフォーラムの下打ち合わせをしている。

20465171_1014717791963886_15734910_o.jpg

20495553_1014717781963887_1593195021_o.jpg

しまなみ海道とても気持ちいい。

「疲れない?」

そんな風にいぶかしむ人もいるのではないだろうか?

大企業で人も金もふんだんにあるような環境ではない。

中村さんも僕も中小企業の代表取締役。

会社・現業を大切な仲間に任せて、

全国文字通り飛び回っている。

「疲れるでしょ?」

と思われるかもしれない。

でも、

僕たち、

とんでもない魔法を手に入れてしまったのだ!

全然疲れないのだ!!

(しゃぶとかではありません)

20465124_1014717778630554_1769826726_o.jpg

こいつです。

ソフトボールです。

移動中、打ち合わせ中、執務中、

常に椅子の背もたれと背中の間にソフトボール。

いつも間にソフトボール。

肩こり解消。

人生変わります。

たった数百円のソフトボールが、

あなたの人生を変えるんです!

これで、47都道府県乗り切ります!!!

(しゃぶではありません)

話を元に戻すと。

この残コン技術フォーラム。

回数を重ねるごとに業界にそれっぽい話題をお届けしているようだ。

悪口もあるようだが、

それと同じくらい共感もある。

ただ、一つだけ言えることがある。

僕たちの見ている景色は僕たちと一緒にいなければ絶対に見えない。

いろんなことを言う人がいるようだが、

ぜひそんな人とも一緒に残コン技術フォーラムをにぎやかにさせたい。

誰にとっても残コンが解決することはうれしいはず。

ならば、遠巻きに眺めていないで。

様子みてたりしてないで。

一緒に走ろう、笑おう、むかつこう、怒ろう!

そうしてくれたら僕、

まんもす うれP!!

(しゃぶではありません)

共に走ってくれる仲間たちのおかげで。

少しずつ日本の残コン問題は解消されていく。

明日は島根だ。

大丈夫かな(笑)

転載元:宮本ブログ

「雨ってどうなの?」 夕立・施工・土間コン・透水・見学会2017/07/29 update

 

雨ってどうなの?

WEBを見て問い合わせしたんだよ

もう、こんなにうれしいことないよね。

WEBを見てます。

僕にこの言葉をおっしゃったら僕はいつでもうれしくなります。

なんと、

本日(2017年7月28日)南予生コンさんで開催の、

透水コンクリート見学会 in 愛媛・南予生コン

のご参加者の中に当社WEBサイトをご覧になっている人がいた。

しかも、見積もりの問い合わせまでくださっていた。

偶然なことにFAXでご案内した勉強会が、

なんとご近所開催だった!

19911511_1014594381976227_1337547382_o.jpg 

ランドスケープ社の磯崎さんと記念撮影

WEBをご覧いただきまことにありがとうございます!

こんな感動の出会いがあるからやめられません。

透水性コンクリート見学会キャラバン。

本日で、全国9カ所目。

併行して進捗中の、

・残コン技術フォーラム全国ツアー

・打ち放し色合わせ補修全国ツアー

と並んで、

当WEBサイト「生コン」のメインコンテンツの一つ。

昔から、

百聞は一見に如かず

という言葉があるように。

WEBやカタログや営業トークでは伝わらないものがある。

20502676_1014594388642893_1898409287_o.jpg

今日も大勢の方々に南予生コンさんにお越しいただきました。

20517511_1014594401976225_2074046291_o.jpg

材料の様子をみんなでご覧いただく

20447303_1014594368642895_855208762_o.jpg

南予生コンのイケメンりょうぞうさん

初めての透水性コンクリート施工。

GNNの透水性コンクリートの特徴の一つ。

「素人でも施工ができる」

実際本日初めて施工するしかもプロじゃない生コン工場のスタッフ

で40㎡ほどをプロの前で仕上げさせてもらった。

なかなかの説得力だったと思う。

雨ってどうなの?、インターロッキングの下地がコンクリートの場合湧き出してくるからこれならいいね、来週使ってみるよ

今日もいただきました、

お客様の声。

さすが南国愛媛の宇和島。

多かった質問が、

「雨ってどうなの?」

お聞きすれば土間コン施工中に困るのが、

突然の雨。

大丈夫です

とは言い切れないけれど、

土間コンよりはましです。

とはいえる。

というのも、いつも書いていること。

ブリーディングが出ないので仕上げがすぐにできる。

だから、夕方から30分1時間くらいで仕事が終わってしまう。

「夕方から打設できる土間コン」

と最近よくこのフレーズをつかっている。

言い換えれば、

突然の雨、だいじょうぶです。

夕立、なんとかなります。

ってことになる。

(実際は施工仕上げ後3時間経過すればどんな大雨に見舞われても問題がない。施工直後に大雨に叩かれると骨材の周りのペーストが洗い流されてしまうため、直接たたかれないように雨養生が必要となる)

20517349_1014594375309561_1848426205_o.jpg

熱弁をふるうまさつ、と背後霊

20472703_1014594378642894_764272310_o.jpg

今日は大分から駆けつけてくれた大分の大分総合建設小拂社長、と背後霊

いろいろな地域で若干興味関心のポイントが違う。

この透水性コンクリート見学会キャラバン。

やればやるほど供給者としての深みがでる。

手前味噌だがそんなことをこのところ感じている。

転載元:宮本ブログ

「そんな全国の生コン工場が僕は大好きだ」 愛媛・生コン2017/07/29 update

初めて訪れる土地で最初に見る生コン車。

初めて訪れた南予・宇和島では、

うれしいことに訪問先の南予生コンの生コン車に出会えた。

生コンブログの始まりである。

GNNのご縁もあり各地の生コン工場を訪ねる機会に恵まれている。

考えてみると生コン工場。

その土地の風景の土台をつくっている会社とみることができる。

あなたが生コン関係者であってもなくても、

あなたの住む家やマンションの土台はその土地の生コン工場がかかわる。

生コン業の業歴は10年未満ということはほとんどない。

かなり古くからその土地の風景に貢献している。

そしてこれもまたほとんどが家族経営の中小企業。

役割の重要度のわりに世間一般にあまり表ざたされることはなく、

地味に地道にインフラ資材を供給している。

そんな全国の生コン工場が僕は大好きだ。

20472759_1014464301989235_1492242106_o.jpg

橘社長(46)

20464965_1014464278655904_1332900283_o.jpg

昨日の見学会の様子

20465083_1014464305322568_727486546_o.jpg

セルドロンが愛媛県の県産品に指定された(GP土井さん、元Jリーガー)

20446543_1014464271989238_2133663670_o.jpg

港からほど近く材料は港で荷揚げされる

20495479_1014464268655905_1162064099_o.jpg

残ンコン処理素晴らしい工夫

転載元:宮本ブログ

「ドライテック施工体験会IN伊藤商店」土間・コンクリート・愛知・エクステリア・透水2017/07/28 update

20150730_145409.jpg

・日時 2017年8月28日(月) 15:00~17:00

・場所 会場 伊藤商店(愛知県東海市加木屋町白拍子90-2)

・出欠確認

出席 / 欠席

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

伊藤商店

FAX. 0562-33-5777 (担当;伊藤)

TEL. 090-7087-5443 (担当:伊藤)

夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 愛知・伊藤商店

・生コンの注文と同じようにオーダーできる

・ブリーディングがないからすぐ仕上げ!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

 

 

20150907_110548.jpg

このページのトップへ