スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「バンカーを支えるコンクリート技術|新技術」2018/05/10 update

「バンカーを支えるコンクリート技術|新技術」

※決してイタリアにきてゴルフに興じているわけではない

世界中無数にあるゴルフコースのバンカー。意外にもコンクリート技術がバンカーメンテナンスの要諦を担っていることにイタリアで気づく

お金持ちのスポーツ。

日本と違ってイタリアではごく一部のリッチな人が楽しむ。

そんなイメージが蔓延しているそうだ。

たしかに知っているイタリアの普通の人たち。

日本と違って全然ゴルフに対する知識が薄い。

日本の場合「じゃ、ゴルフでも」が合言葉くらい、

建設関係の交流にはゴルフはなくてはならないコミュニケーションツールとなっている。

もし誘いにいちいち本気で応えていたら。

大げさではなくほぼ毎日のようにゴルフコンぺにいくことができるのではないか?

ポジティブに捉えることもできるけど、

(1日がかりでコミュニケーションができお互いの人格を理解し合える)

毎日のようにゴルフに行ってたらお金も大変だけど、

仕事がままならない。

そんなゴルフコースで意外なコンクリートの活躍をしることになった。

F344D65C-A971-4319-9207-643CC9D3EEBA.jpeg

※超名門ゴルフクラブとして名高いMONTECCHIA。ゴルフ好きだとしたら仕事どころじゃないくらいセレブな名門コース

06F6CE9B-D819-481A-AF17-FC1C44CD8D93.jpeg

※クラブハウスの脇にはプール。レストランはミシュラン1スター・・・。

目に毒な感じだ。

なんと、イタリア代表のオリンピック選手もその辺で普通に仕事してた。

映画のロケなどでも頻繁に使われるという。

BMWやフェラーリなどの企業会議も頻繁に開催されるという。

別世界的な佇まいの超名門ゴルフコースで知ったこと。

ゴルフを支えるコンクリート技術

なんとMAPEIと共同で開発と実験が行われたという。

そしてこれまでのところその成果は非常に素晴らしいものであるという。

バンカーのメンテナンスフリー。

ご存知だったろうか?

バンカーのメンテは非常に大変という。

大雨が降るとバンカーは池のようになる。

その際もともとの地盤(例えば粘土質)と、

白いバンカー砂が混ざり合ってしまう。

これが度重なるとバンカーの白い色が少しずつ変色する。

もちろん地盤の小石なども浮かび上がってきて、

バンカーとしての機能が損なわれる。

だから定期的にバンカー砂の入れ替えがあるという。

E4D5A0B4-1896-4096-91EF-D1E10082CB54.jpeg

※バンカー砂をほじくり返すとそこには

名門ゴルフクラブで採用されたMAPEIの技術とは?

バンカーの底部分(水勾配の一番低いところ)に排水設備を設置する。

地山(地盤)を改良材で改良する(難透水性)。

その上にプラスチックシート(不透水層)を設置。

その上から透水性コンクリート層を施工。

そして、バンカー砂の施工。

この方法により大雨が降ってもバンカーは池にならないばかりか、

現地盤の土と砂が混じり合う懸念もなくなる。

雨の日でも池にならずメンテナンスフリーなバンカーのいっちょあがり。

僕実はゴルフそんなに好きじゃないんすぶっちゃけ。

誘われて断れないゴルフコンペとかが雨降ったりすると、

げ、マジ中止でお願いします。

とか心の中で思ってるんすけど、

大抵そういう時に声の大きい人は、

「せっかくなんでやろう」

という何せっかくかわからない理屈で決行を決める。

いや、いいじゃないすか、その辺の温泉でまったりしませんか。

まじすか?

寒いすよ、今日。

風邪とか引いたらまじしゃれならないすよ。

そんな僕みたいな人にとっては被害が増えるような技術(笑)だが、

世界中に無数にあるバンカーをメンテフリーにする技術。

特にゴルフ人気の根強い日本の市場において。

この技術は非常に化ける可能性があることは実感した。

かといってゴルフが好きになるわけではないのだが。

いや、むしろできるだけ雨の日は大人しくしてほしいし。

水浸しすぎて「これじゃ流石にむりだね」くらいがちょうどいいのだが(笑)

10時間以上もかけて海外にゴルフをしに行く人もいる中で、

超一流っぷりに度肝を抜かされたぼくたちが目にしたのは、

「雨の日にも問題なくプレイできるバンカーを支えるコンクリート技術」

皮肉なものだ。

しかし今回の視察はゴルフ好きだったら垂涎の的だったと思う。

いくらかかんだろこのコース。

考えない方がいいなこれ(笑)

転載元:宮本充也ブログ

「値段は土間コンと変わりません|夕方から打てる土間コン」2018/05/09 update

「値段は土間コンと変わりません|夕方から打てる土間コン」

フェンス、ウッドデッキ、花壇、ブロックなどと並び外構の主要な地位を占める土間コン。当サイトでは土間コンの常識として透水性コンクリートを推してはいるけど実際値段てどうなの?

直行費

という専門用語がある。

専門業者が発注者に見積もりをする際に、

実際に直接かかる費用のことを指す。

当サイトでは新しい時代の土間コンの常識として、

・夕方から打てる土間コン

・水勾配のいらない土間コン

・クレームのない土間コン

としての透水性コンクリート「ドライテック」を推している。

事実、多くの共感していただける方々に今日も採用していただいている。

CAF80441-9AFE-4F4E-9D1C-A050359C0E4E.jpeg

※京都天橋立で開かれた透水性コンクリート見学会(山城生コン)

費用にはいろいろある。

・材料費

・人件費

・外注費

・仮設費

・管理費

・周辺設備(排水設備)費用

etc

実際材料費で見た場合ふつうの土間コンに使われる、

生コン

と透水性コンクリートに使用される、

ポーラスコンクリート

の価格は倍以上(30,000円〜)だったりする。

材料費だけで比較した場合、

やっぱ土間コンは生コンで打ちます。

そんな風にせっかちな人たちは残念な表情を隠さない。

それでも採用されている理由は実は機能だけではない。

実際に、

「値段は土間コンと変わりません」

そういって採用してくださる多くの人たちがいる。

【生コンでいいこと】大変なのが土間コンだと思ってない?

夕方から打てる土間コン。

そこに一つの理由がある。

通常、土間コンといえば1日仕事を強いられる。

朝一番から生コンが到着して複数名で1日かけて場合によっては外注で左官工にきてもらって仕上げる。

全員土間コンにかかりっきり。

貴重な1日が土間コンに潰れるのだ。

ここでお分かりの通り、

・人件費

・外注費

に大きな差異が生まれる。

もう一つ、

・仮設費

・排水設備費用

も見過ごせない要素となってくる。

水勾配がいらない、つまり透水性能は、

排水設備の費用圧縮を意味する。

(U字溝や集水舛さらにはワイヤーメッシュなど)

そうするとどうなるか?

仮に材料費が倍だったとしても、

その他費用がその分安くなるので、

結果的に従来の土間コンと値段が変わらない。

むしろ、ちょっと安くなることだってありうる。

だから、売れる。

その土間コンを普通の土間コンと同じ値段でお施主さんに販売する必要はない。

・透水性能

という利益を提供するのだ。

水勾配(傾斜)はないし雨の日に足元を汚す心配もない。

ひび割れや色むらの心配だって少ない。

そして今は珍しい透水性コンクリートとして差別化された価値も提供できる。

なにより、施工する人は挑戦しているのだ。

新しいことに無関心なリスクを取らない人たちを尻目に、

あなたは新しい分野に果敢に挑戦している。

そんなひとが作った土間コンクリート。

普通の価格で売ってもらいたくはない。

だから、ちゃんと利益だって出るようになっている。

当初土間コンが普及し始めた頃。

きっと、土間コンはイノベーションだったに違いない。

こんなに素晴らしいカーポートはない!

周囲の住宅に住む人たちの憧れの的だったろう。

新たな時代の新しい土間コン。

きっと数十年後には当たり前すぎるもの。

何の変哲も無いものとしての地位を築くことになる。

ただ、最初に挑戦している人には是非輝いてもらいたい。

そんな想いで僕たちはこの土間コンの普及に携わっている。

生コンでいいこと。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「コンクリートの汚れにはサンポール|土間コン」2018/05/09 update

「コンクリートの汚れにはサンポール|土間コン」

新築、リフォーム、外構工事など、コンクリート施工面(土間・デッキ・駐車場・カーポートetc)に発生する汚れは目立つ。(高圧)洗浄?塗装?補修?ちょっとした対策から色合わせまで多数紹介 http://www.nr-mix.co.jp/rc/

 

「とりこわして!」

「となりの駐車場は綺麗でしょ?」

「なんでうちだけ」

お施主様の悲痛な叫び声。

コンクリートは半製品であり、

その全てが天然素材。

施工中の気温や湿度や日射量。

施工のスピード。

いろんな要因が重なって表面は秋の空のようだ。

ころころ表情が変わる。

だから、ひび割れや色むらはよくあること。

41606D3D-A922-4CE8-B5D4-B6A77EE8CD39.jpeg

※落ち葉の色が土間コンに染み込んでしまった写真

施工初期だけじゃない。

共用されて数ヶ月数年経って汚れてしまうこともある。

コンクリートは白。

そして、吸水性がある。

だから、着色されやすい物質であることはそれほど知られていない。

耐久性はきちんとあるのだけれど、

汚れにはちと弱い。

そんなところか。

https://www.shibagaki-greentech.com/

柴ちゃんことイギリス帰りのガーデンデザイナーからのご相談。

別にお客様はそれほど気になされているわけじゃない。

けれどやっぱり綺麗な駐車場が少し汚れてしまって、

それはそれで残念なはずだ。

柴ちゃんはコンクリートの専門家宮ちゃんことこの僕宮本充也にメッセンジャーで連絡をした。

「一撃必殺で問題解決してあげられる方法ない?」

である。

僕の回答は、

「サンポールはどうでしょうか?」

ということ。

コンクリートはアルカリ性でありそこにサンポール(酸性)を振りかけてゴシゴシと洗う。すると大抵の汚れは簡単に取れる。

(※おそらく今回の汚れは結構深く浸透してしまっているからそう簡単ではなさそうだが)

コンクリートの汚れにはサンポール

これは結構鉄板となっていて覚えておくといい。

【生コンでいいこと】型枠を外してゾッとしたことがある?

例えば打ち放し色合わせ補修とか、

セメント系補修剤で塗膜するとか、

あるにはある、

「コンクリートの汚れ対策」

けれど、サンポール以外はちょっとおおごとになっちゃう。

そこそこ専門的知識も必要となってくる。

この分野の技術革新は実はプロの間でも悩みが尽きない。

逆にここに問題解決が生み出されたらそれはそれですごい発明。

お客様を思う柴ちゃんの気持ちに応えたい。

みんな苦労している。

悩んでいる。

コンクリート表面の色むらや汚れ。

今よりももっと安価に手軽に確実に。

解決することができたら、

きっともっと生コンはいいことになるだろう。

転載元:宮本ブログ

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「土間コンクリートの可能性|水勾配のいらない土間コン」2018/05/09 update

「土間コンクリートの可能性|水勾配のいらない土間コン」

駐車場・カーポートなど舗装を工事する時に必要な豆知識。そのちょっとした知識が費用や湿気や水勾配などの問題など解決する強い提案力を生み出す。多くの業者が注目する工法は全国どこでも手にすることができる。

土間コンクリート

もう、これしかないと思ってないだろうか。

住宅の駐車場や犬走りやアプローチは土間コン。

それ以外に選択肢なんかない。

土間コンしかない。

可能性はない。

プロはもちろん、

一般のお施主さんまでももしかしたらそう思ってるかも。

それほど土間コンの歴史は長い。

そしてそれだけ重宝されてきた。

その常識に今変化が生まれようとしている。

0048F9FA-3783-4D19-BABF-7E3C4C895126.jpeg

※ミキサー車に「透水性コンクリート運搬中」の表示。川越市の渋谷建材(GNN)

620533D5-9470-46B5-8CDD-BE6906081BF8.jpeg

※土間コン整備終了。ちょっと様子がちがう。施工は共栄建築

新事業として取り組んでいきたい。

全国で開催されている見学会にご来場され、

これからはこれまでのことだけをやっててはだめだ。

新しい何かに挑戦したい。

その挑戦する分野としてはこれ以上にないテーマだ。

土間コンといえば誰でもやってる。

誰でもやってるけど、

誰もがいやいやながらやってる。

・水引きや仕上げのこともあり1日仕事になる。

・そのため降水確率が50%を超えると施工を見送る。

・工期が迫る中調整が大変。

・水勾配の設置が難しいときもある

・土間コン表面に現れるクラックや色むらがクレームをもたらす

そんないやいやなもの、土間コン。

それら全てを解決した材料が今全国の生コン工場から出荷されるようになってきている。

【生コンでいいこと】土間コン打設でイラっとしたことがある

きっと、土間コンが最初に発明された時もそれは衝撃的なできごとだったのだと思う。

今では当たり前の風景になった土間コン。

でも、当時はイノベーションだったのだろう。

今回のお客様にもご評価いただいた新しい土間コンの提案。

ただ、これもきっと数年後には当たり前になっていくんだろうな。

土間コンといえば。

頭に思い浮かぶ像はきっと僕たちが今やっているまだまだ特別な土間コン。

透水性コンクリート。

土間コンの可能性。

未来の当たり前を作る仕事ってとてもやりがいがある。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

「残コンなんてさっさと解決しちゃおう|残コンスラッジ処理システム」2018/05/09 update

「残コンなんてさっさと解決しちゃおう|残コンスラッジ処理システム」

生コン工場・建設現場、いずれにおいてもいやがられる、つまらない残コンという問題。でも、生コンポータルを訪れる技術者にはそんな悲壮感はない。

大里ブロックは茨城県筑波の生コン工場。

武田さんとともに大里社長の来訪を受けた。

これまでのやり方。

洗い水と一緒に全て沈殿させる。

2週間とか経過していよいよ満杯になってきたら、

ホイルローダーで掻き出して乾燥曝気。

広大な敷地がある意味「あだ」になって、

たまり続ける残コン・スラッジ。

その廃棄費用は年々高騰している。

これまでのやり方が長年であればあるほど、

それはある意味重力になって変化の時に重石となる。

EC60BEE9-ED0B-4A6D-9CF6-4F5468868351.jpeg

※朝6時過ぎに工場を訪ねて翌日の処理について見学をする気合の入りよう。

いろんな地域で少しずつ残コンを巡る機運は高まってきている。

その傾向の中で変化を取り入れる工場と、

いつまでもいつまでもキョロキョロ動静見守る工場。

明らかに変化しているのに、

動かない理由を真剣に探しているようにもみえる。

生コン工場における残コン処理にはいろんな方法がある。

中でも代表的なのは、

・フィルタープレス(絞り機)でスラッジケーキにする方法

・沈殿させ乾燥曝気してコンクリートガラと混ぜて廃棄する方法

大別するとだいたいこの2つ。

大里ブロックさんのように敷地が広大であったり、

郊外や地方であればあるほど、

・沈殿させ乾燥曝気してコンクリートガラと混ぜて廃棄する方法

が取られる。

敷地が広ければ広いほど。

これがあだとなってスラッジ(コンクリートガラ)がたまり続ける。

景色が変わるほどに。

残コンスラッジ処理システム(GNN)はたった2日間ですべてが終わる。

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_251.html

残水や洗浄水など「スラッジ」の元となる廃棄物は、

スリット水槽と呼ばれる施設で1日かけて水が絞り出される。

そこでは電気も使わないし特殊な設備もない。

さらに1日乾燥曝気された搾り残渣は当日の残コンと混ぜられ、

高分子などで脱水をさせることによって砕石状に改質される。

この砕石状の物質の出口さえ確保できれば

(RC砕石としての販売や、JIS外品生コンの原料など)

スラッジの問題は完全に解消される。

これは8年かけてGNNらで作り上げられた方法論だ。

GNN加盟がその場で決まった。

感動していただけた。

1社1工場限られたスタッフ忙しい実務。

そんな中で特に残コンスラッジのような困難を極める問題を解決するのは難しい。

地域枠組みを超えて前向きで元気な生コン工場と知恵を出し合う。

自分ごととして互いに認め合い助け合う。

すると自然と課題は解決されてさらに新しいより高度な課題に向き合うことができる。

山のようになったスラッジに翻弄されるんじゃなくて、

もっと高度なもっと人に喜ばれることに挑戦できるようになる。

ここ最近も会員数が急激に伸び始めているGNN元気な生コンネットワーク。

http://genki-namakon.net/

どうせ俺たち生コン屋だし。

僕たちには自らの身の上をそのように諦めるつもりはさらさらない。

いじけて過ごす人生なんてまっぴらごめんだ。

できれば自分が選んだこの生コンを一番の仕事だと誇りに思いたい。

そのためにできることを仲間たちと作っていきたい。

今週はそんな僕たちの考え方に共感してもらえる訪問者が2組あった。

来週も、再来週も、多くの訪問者を予定している。

心から光栄なことだ。

残コンなんてさっさと解決しちゃおう。

さっさと飲みに行こう。

レジャーに行こう。

そして、明日からの最高の生コンという仕事に備えよう。

僕たちの仕事は誰かの喜びになっている。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

「また今年も不合格でいいの?|技士・主任技士合格講座」2018/05/09 update

「また今年も不合格でいいの?|技士・主任技士合格講座」

コンクリート分野の難関資格とされるコンクリート主任技士。特徴は資格取得のための講座が少ないこと。GNN元気な生コンネットワークではJIC森社長を迎え70時間の技士100%・主任技士90%合格のGNNアカデミーを開校

なにわの合格請負人

https://ameblo.jp/jic1225/

知る人ぞ知る技士・主任技士合格へ導くプロ講師。

元気な生コンネットワーク

2011年4月に名前が付せられた、

それまで無名だった地域や垣根を超えた生コン工場の交流。

今では106の会員数を数える一大生コンアライアンス。

本年5月8日からスタートする、

GNNアカデミー

http://genki-namakon.net/information/info/100_gnn.html

元気な生コンネットワークがJIC森社長を迎え、

70時間に及ぶ技士・主任技士合格講座を開校する。

「また今年も不合格でいいの?」

身の回りにもいる。

毎年受けるけど毎年不合格。

・ひっかけ問題に弱い

・論文が苦手

・実務が忙しい

・合格してもなんにも変わらないし

押し寄せる「やらない理由」にいまいちテンションも上がらない。

会社に受けろと言われるから

たったそれだけの動機付けで一応は受験するものの、

また今年も不合格。

同じような仲間たちを地域の面々に求め、

「また今年もダメだったね」

自嘲気味に傷を舐め合う。

コンクリート分野で難関とされるコンクリート主任技士。

なんと合格者の大半は生コン工場外。

ゼネコンやコンサルなど生コン工場従事者ではない人たちが、

きっと工場よりも忙しい環境の中で時間を作り出し受験する。

「彼らはもともと頭がいいから」

そんなふうに嘯いて自らが受からない理由を正当化する。

受かるも八卦受からぬも八卦

一応は勉強してみるけれど、

毎年高度化している設問に毎回挫かれる。

いつかそのうち受かるだろ。

現実は過酷だ。

いつかは絶対にこない。

飛び込もう。

70時間合宿形式でじっくり森先生と向き合うのもよし。

工場をあけられない実務者ならWEB講座で自分の都合で受けられる。

メッセンジャーサービスを利用して納得いくまで質問もできる。

もちろん、料金の範囲内だ。

(1法人100,000円3名まで受講可能。WEB講座は無制限)

うだうだうだうだ自分に嘘をついて、

「また今年も不合格でいいの?」

退路を絶ってとことんやってみない?

逃げ道を巧みに作って自分を守るのをやめようよ。

みんな、飛び立つ。

現在応募が25社に到達した。

今後セメント新聞社やコンクリート新聞社でさらに応募を拡大する。

得られるのは合格という出来事だけじゃない。

退路を絶って挑戦したガチな生コン技術者との絆。

やりきればきっと見えることがあると思う。

自分に嘘をつかずに真剣に取り組んだ先にあるリアル。

本気を受け止める場所。

GNNアカデミー。

保証します。

変えられます。

今までの停滞を吹き飛ばすことができる。

まずは、合格してから言おう。

「主任技士なんか大したことないよ」

そんな風に。

転載元:宮本充也ブログ

「ピーク時の10分の1|夕方から打てる土間コン」2018/05/09 update

「ピーク時の10分の1|夕方から打てる土間コン」

業界で話題のワンデイペイブに続き、京都天橋立の山城生コンで透水性コンクリート「ドライテック」の見学会。発注機関を初め多くの参加者に沸いた

※元気よく

ピーク時の10分の1

さすがに想像できない。

なにか?

当該地区の生コン需要のことだ。

山城生コンの所属する組合エリアは以前220,000m3まで需要が沸騰。

しかし現在20,000m3代まで低迷している。

深刻な話だ。

五輪やリニアなどで日本全体が沸いているかのように見える建設。

一方で地方を襲う現実は厳しい。

山城さんから声をかけてもらった。

少しでも需要を創り出したい。

実際に10分の1の現実に臨み、

その気持ちは切実だったはずだ。

そして、それが、

透水性コンクリート「ドライテック」にできる。

そんな風に思ってもらえたことは、

15年来続けている僕としてはとても光栄なこと。

思い返せばこの僕だって将来の低迷を憂いて始めた。

それが透水性コンクリートだ。

順調に(?)低迷し続けている生コン。

今ほど15年前の決断をありがたく思うことはない。

実際に今透水性コンクリートという事業の柱がなかったら?

一体僕たちはどんなことをしていただろうか?

生コン一本足打法でなんとかなっていたとは到底思えない。

将来が見えない。

6C34A1D1-B730-4DA1-B52A-9DAE53C50AC7.jpeg

※施工見学会の様子。見えている土間コンは前日打設。手前はトップコート仕上げ

<広告>型枠を外してゾッとしたことがある?

814632DC-9855-43CD-A4F7-D33D74AFF50F.jpeg

※山城生コンさんは随分以前より2010砕石と1505砕石の分割管理をされている。使用骨材最大寸法は15mm

泣いても笑っても生コンを出荷しなければならない。

需要は10分の1まで低迷している。

さらに低迷するのだろうか。

だからって落ち込んでいる暇はない。

僕たち生コン工場にはインフラの重要な基礎資材「生コン」をお届けする使命があるのだ。

大災害に社会が見舞われた時。

ぼくたちが疲弊していて生コンが届けられない。

そんなことがあっちゃならない。

そうでしょ?

常に上を、前を向いている山城さんの姿勢。

僕と同い年。

元気な生コンネットワークの理念に共感して、

いつしか一緒に仕事をするようになっていた。

これからも同い年、一度きりの人生。

思いっきり生コンを通して楽しめたらいいとお思う。

生コンでいいこと。

新しい土間コン、丹後は天橋立でも始まる。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「設計士が全員ガウディだったら|打ち放し色合わせ」2018/05/09 update

「設計士が全員ガウディだったら|打ち放し色合わせ」

リピーターのお客様。別荘や高級戸建て住宅を作っている工務店で、コンクリート打ち放しに打ち放し色合わせを採用。このような円形の型枠は造作が難しく、特に型枠の中にまわりこませるような打設が必要になるため充填不足が発生しやすい。写真のようなジャンカ(上)が発生。左官工、色合わせ工事で大体12万円ほどの費用

現代の設計士が全員ガウディみたいだったら。

(※アントニオ・ガウディはサクラダ・ファミリアで有名な建築家)

社会は美しくなるだろうか?

きっと、景色は美しくなるだろうけれど、

現場を預かる技術者の多くはノイローゼになるだろう。

それだけ凝った形の建築、

それもRC建築(鉄筋コンクリート)は難しい。

さらには、打ち放しになれば、難易度はウルトラCだ。

このサイトでは常々、

生コンでいいこと。

なんてすかした論旨展開をしているわけだけれど、

基本、生コンは、面倒臭い。

「いいこと」

なんてのはもってのほか。

なるべく避けたい。

それが建設一般の認識。

わかってる。

なぜなら流動体の半製品を現場で型枠に流し込んで整形するのだ。

ほかの産業にこんなのない。

だから生コンにまつわるたくさんの不幸。

生コンで悪いことだらけ。

<広告>土間コン打設でむかついている?

打ち放しコンクリートの管理でノイローゼになって退職しちゃったよ。

みたいな。

キテレツな設計事務所がわけのわからないアートなんだかなんだか知らないが作ったデザイン。

作る身にもなってくれ。

みたいな。

円形の型枠は造作が難しく、特に型枠の中にまわりこませるような打設が必要

専門家じゃなくても何となく面倒は伝わると思う。

2A6970A4-4833-492A-98B5-A42B19C72BF5.jpeg

※上がBefore、下After

コンクリートに関わる全ての人。

・施主

・設計事務所

・現場管理者

・作業者

・生コン供給者

この技術がもっと身近だったら。

きっと現場はもう少しゆとりのある明るい場所になるんじゃないか。

僕たちは日頃からそんな風に感じている。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

「0.5m3も手で練ってられるか!|超速硬コンクリート」2018/05/09 update

「0.5m3も手で練ってられるか!|超速硬コンクリート」

※写真 サンクリエイト社HPより引用 http://sankurieito.jp/publics/index/18/r_id=31/c_id=147/detail=1/&anchor_link=page18_147_31

緊急工事などに用いられる超速硬コンクリート(ジェットセメント)。朝には開放すべき迫る時間の中、技術者の工夫や材料の革新があった。

ご存知のように、人は寝る。

人は寝るけど、

社会インフラ(道路、鉄道、橋)は眠らない。

不眠不休で僕たちの生活を支えている。

人に休息が必要であるように、

社会インフラにもメンテナンスが必要。

少し古くなってきました。

それじゃ、交換しましょう。

そんな感じ。

※陽光物産らが手がける車載式ミキサーによるジェットコン打設の様子

中でも用いられるのが、

超速硬コンクリート

朝には車や電車がその上を走るのだから、

28日間のんびりかたまるわけにはいかない。

3時間くらいの短期間で「すぐに」所定の機能を発揮することが求められる。

僕たち専門家は存在は知っている。

けど、それほど馴染みなわけじゃない。

そう、非常にニッチなマニアックな分野であると言える。

・小口

・狭隘部

・山間部

・繁忙期

ただでさえニッチでマニアックな分野であるのに、

さらに上記のような条件が重なると現場の技術者は苦しむ。

モービル車といって超速硬コンクリートは特殊車両で製造される。

そのため、上記条件が重なると、難易度が飛躍的に高まる。

モービル車は入れないし、小口だと割高になっちゃうし、山間部だと回送費高くついちゃうし、繁忙期には引っ張りだこだからなかなかきてくれないし、である。

その場合、現場では、

・手練り

・現場練り

といって人海戦術で超速硬コンクリートが製造されることになる。

<広告>コンクリート技士100%合格!GNNアカデミー開講

想像してみてほしい。

どのくらいまで手で練れるか?

今は生コン製造の現場はオートメーション化されている。

2m3とか、

3m3とかが、

ものの数十秒で完成しちゃう。

一方実際の人間が手で軽量しスコップなどで練り混ぜる。

あなたならどれだけの数量やれる自信があるだろう?

こんなことさせられたらきっと生コンのこと嫌いになっちゃいますよね?

嫌いにならないでくださいますか?

である。

D5682CA0-5165-43D2-8C62-FE909A1F995F.jpeg

※車載式ミキサーによる製造。参考価格表

金の問題じゃねえ!

そういう領域がある。

人間の尊厳の問題だ!

みたいな。

0.5m3も手で練ってられるか!!

みたいな。

そんな時に、現場で即席「俺の生コン」と、車載式ミキサーが活躍する。

現在供給体制が急速に整備されている。

日本中どこでも。

ポイントは0.5m3以上、1m3未満の領域。

手で練ってられねえけど!

モービル車来るほどでもない!

かゆい!

もうちょっとした!

もうちょっと!

ややや、行き過ぎ、もちょっと上!

みたいな領域である。

老朽化する社会インフラ。

今後さらにメンテナンスのコストは増大する。

そうすればさらに現場を預かる技術者はこの辺の領域に頭を悩ませることになる。

そんな時、

生コンでいいこと。

現場で即席生コンクリート。

俺の生コンhttp://www.nr-mix.co.jp/latest/

と、車載式ミキサー。

超速硬コンクリートの常識が変わる。

転載元:宮本充也ブログ

「飛び級で主任技士|GNNアカデミー」2018/05/09 update

「飛び級で主任技士|GNNアカデミー」

JIC森社長とGNN元気生コンネットワークの提携企画「GNNアカデミー」の募集が大詰めを迎えている。現在25社確定。合宿形式で学習する本当の価値は同期と共有する時間と卒業後の「絆」

いや、ほんのできごころなんです。

軽い気持ちで、やっちゃえ、みたいな。

いつものノリで白石建設の武南さんと、

「JICの森社長に会いに行こう。」

毎日コンクリート技士・主任技士に関する記事を掲載している。

ちょっと面白そうだから会いに行こう。

みたいな。

初対面は新大阪駅構内の居酒屋でハイボールを何杯おかわりしたかわからない。

武南さんもいつものように途中から前後不覚に陥ってた。

どうやらあの日がGNNアカデミー開講の記念日だったようだ。

僕もどうやって帰ったか覚えていない。

1法人100,000円

技士100%、主任技士90%合格保証

掲げた以上はやらなきゃいけなくなっちゃう。

やば、プレッシャー。

なんか逃げたくなってきた。

この手の企画は思いつき時点が一番楽しくて、

だんだんやることが見えてくるとだんだん辛くなってくる。

以下、セメント新聞社の記事から。

忙しくて工場をあけられない実務者でも安心。

ビデオ講座が用意されている

こちらは合格保証はついていないものの、

自分の都合でいつでも勉強ができる。

例えば深夜出荷とかの合間ならじっくり集中して勉強できる。

さらに、メッセンジャーグループサービスがある。

参加者ならJIC森校長を初め、

GNNに加盟するエキスパートたちに質問を寄せられる。

納得行くまで質問できる。

納得できなかったら止める必要はない。

とことんJIC森社長を逆に追い詰めちゃえ。

なにわの合格請負人

その実力なんぼのもんじゃい。

そんな猛者たち(?)の参加をまだまだ受け付けている。

というのも、当初合宿がメインだと思って、

3名×20名=60人のキャパの会議室を探していたのだが、

意外なことにWEB講座の方が人気だったため、

30社程度まで枠を広げることになった。

もう、こうなったら取っちゃおう、主任技士。

別に技士からやる必要ないっしょ。

要件を満たしてたら飛び級で主任技士目指しちゃおう。

そっちの方が手っ取り早い。

そのくらいのことは森なら朝飯前である。

森を舐めんな。

である。

なんならスキンヘッドだぞ!

である。

森から林に降格だぞ!

である。

なんなら木だ。

そんなGNNアカデミー。

いよいよ来月5月に開講を控えている。

まさかのGNNキラーコンテンツの誕生だ。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

このページのトップへ