スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「砂筋程度は味があって逆にあり」 杉板・うづくり・砂筋・造形・価格2017/12/11 update

「砂筋程度は味があって逆にあり」 杉板・うづくり・砂筋・造形・価格

杉板うづくりの外壁で、役物のキワが充填不足で砂道(すなみち)が発生。左官と造形できれいに補修完了。1人工で約10万円の工事。 お施主さんはそこまで気にしていないようでしたが、監督さんのこだわりで工事に入りました。

モノづくりのこだわり。

素敵だね。

お施主さんは正直素人さん。

だから、

「打ち放しってのはこういうもんです」

言い切れられたら反証するための材料がない。

決まり手、寄り切り、である。

ビール瓶でもワインボトルでもあまり大差ない。

生コンブログの始まりである。

24726451_1604908619599505_527487863_o.jpg

※Before ちょっとした砂道をモルタルで補修

24826163_1604908616266172_1137297651_o.jpg

※After 左官と造形できれいにうづくりを再現

砂道・砂筋

画像検索でググっていたら非常にわかりやすい解説を見つけた。

wakariyasuikaisetu.jpg

※引用元→https://www.kenbiya.com/column/mikao/81/

施工不良の中でも最も目立たないものといってもいい。

人によっては、

砂筋程度は味があって逆にあり

くらいに思う人もいるだろう。

事実この現場のお施主さんは全く問題視していなかった。

ただ、補修はどうしても必要になる。

砂筋(砂道)は実際劣化因子が入り込みやすい。

だから密実な状態にするために、

Before写真のようにモルタルなどで補修しておく必要がある。

こちらの現場の施工代理人さんはどうしても妥協できなかったのだろう。

すばらしい現場管理者の一人として賞賛したい。

モノづくりの最前線

建設というととかく悪く言われがちだけれど、

それはごく一部の人たち。

マスコミに乗せられてみんな悪みたいなイメージはどうか払拭したい。

モノづくりのラストワンマイルを握る人たちの大半は、

実は真摯でとてもこだわりのある善良な市民なのだ。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「送電線鉄塔内舗装に透水性コンクリート」 横浜・鉄塔・舗装・送電線・土間コン・見学会2017/12/11 update

「送電線鉄塔内舗装に透水性コンクリート」 横浜・鉄塔・舗装・送電線・土間コン・見学会

鉄塔のアングルが雨水を集めて直下に大量の水を降らせてしまう。その雨の排水能力が追い付かず隣地に水があふれてしまう。また、舗装をしておかないと草ぼうぼうで衛生面で非常にリスクが高い。そこで透水性コンクリートが設計されるケースが多い。

今回は見逃せない。

と、まあ、書いてみた。

専門業者なら垂涎の的。

この記事を読む人にもよるので全員ではないけど。

コンクリートや土間コンに関心のある人であれば、

今回の見学会は見逃せません。

(※他が見逃していいってことでもないけど)

夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 横浜・東伸コーポレーション ~ 今時の土間コンは【水勾配】ありません ~

・生コンの注文と同じようにオーダー

・打設後すぐ仕上げ(ブリーディングがない)!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり(住宅外構の場合)

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・メッシュ筋の配筋不要

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度(※詳細は説明会で)

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草が生えません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

・日時 2017年12月14日(木) 10:00~12:00頃まで

・場所 神奈川県横浜市神奈川区羽沢64ー17付近 ※駐車場はございませんのでお近くのコインパーキングをご利用ください。120㎡規模の送電線鉄塔塔内舗装

・施工 岳南建設

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先       

※いずれかに丸をつけてご返信ください。当日は生コン(残コン)にかかわるその他技術のご案内も併せてございます。

・返信先

FAX.  055-947-0052(月刊透水性コンクリート 担当;まさつぐ)

月刊透水性コンクリート事務局 まさつぐ(090-6596-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

「送電線鉄塔内舗装に透水性コンクリート」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

横浜である。

横浜といえば東伸コーポレーションである。

次世代の土間コン

として現行普及が日のように加速する透水性コンクリート、

「ドライテック」

現在全国の生コン工場の理解を得ることに成功し、

全国各地で施工が進んでいる。

ほぼ毎日のようにどこかの地域でこの土間コンが施工されている。

今回の用途は特別

送電線を建設する場所は通常山間部だったり、

人がいないところと相場が決まっているのだけれど、

中には住宅地に隣接したようなところに建設されるケースもある。

そんな時に問題となるのが、

鉄塔のアングルが雨水を集めて直下に大量の水を降らせてしまう。その雨の排水能力が追い付かず隣地に水があふれてしまう。また、舗装をしておかないと草ぼうぼうで衛生面で非常にリスクが高い。そこで透水性コンクリートが設計されるケースが多い。

こんなマニアックな用途。

今回は岳南建設さんのご理解を得て、

施工見学会仕立てとすることができました。

透水性コンクリートって何?

普段興味があってもなかなか実物を見ることができない。

この機会をお見逃しなく。

「知られていないだけ」 次世代の土間コン・土間コン・駐車場2017/12/11 update

「知られていないだけ」 次世代の土間コン・土間コン・駐車場

数年以内に土間コンの常識が変わります。

だって、そうでしょう?

なんで朝一に予定をごり押ししようとしてますか?

1日仕事だからですよね?

例えばその1日仕事が30分で済んじゃう。

これって、革命的じゃないですか?

現行の土間コンが好きなんて人はいないでしょう。

そもそも色むらとかひび割れで施主との間でもめ事に発展する可能性が高い。

水勾配が厄介。

メッシュ敷設が面倒。

メッシュの所為で生コン打設が大変。

etc...

知られていないだけ

22か月WEBに力を入れていて感じていることです。

僕たちの情報発信さえきちんと必要としている人に届いてさえいれば。

助かる人たちがどれほどいるだろうか?

土間コン打ちが30分で終わっちゃう。

24726351_1107740835994914_228572811_o.jpg

※長崎県は長崎生コンさんにて次世代の土間コン体験会開催。

24819082_1107740839328247_446972902_o.jpg

※ザクザク敷設が進み、レーキで平坦性を確保し、最後は転圧で終わり。

24651119_1107740819328249_1278385001_o.jpg

※30分もかからずと施工が終了し、止め枠は外してしまっている。

30分もかからずいっちょ上がり

※相変わらず初対面にもかかわらずご協力ありがとうございます。

「土間コンニチハ」

そのうちこの挨拶がそこかしこで響いている世界がくるかもしれない。

(それはないと思っています。念のため)

土間コンの常識が変化する。

みんなにとって厄介な土間コン。

生コン屋だって朝一に集中してしまって大変なんです。。

次世代の土間コンに切り替えてくれさえすれば、

僕たちもハッピーだし、

施行者さんもハッピーだし、

もちろんお施主さんだってハッピー。

長崎でもいよいよ始まりました。

日本地図が少しずつ変化していく。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「南国の次世代の土間コン」 沖縄・土間コン・透水・見学会2017/12/11 update

「南国の次世代の土間コン」 沖縄・土間コン・透水・見学会

今話題の次世代の土間コン;普通の土間コンのように生コン工場から届くのに、①夕方から打てるくらい施工が速い(住宅外構30分程度)、②水勾配が要らずフラットにできる(透水性能がある)、③ひび割れがわからず(粗面)色むらも発生しない

寒いからついつい暖かい地方を選んでしまう。

今朝は長崎で目を覚ました。

軽めに8K弱ランニング市内をジョギングした。

上着を羽織っていたけれど、

途中から要らないくらいだった。

冬は暖かい地域に限りる。

底冷えは本当に嫌なもんです。

沖縄

そう来たか。

はい、沖縄を選びました。

このくそ忙しい年末。

よく、この時期は忙しいからやめとこうか、という会話。

忙しい時期だからこそやりたい。

つまり、忙しい時期でも、実行できる人というのは、

つまり優先順位が高かった人

だから、忙しいとか暇とか実は関係なく。

実行することが重要なんだ。

何が言いたいか?

夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 沖縄 【協力:株式会社金城キク商会、株式会社kapok】 ~ 今時の土間コンは【水勾配】ありません ~

・生コンの注文と同じようにオーダー

・打設後すぐ仕上げ(ブリーディングがない)!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり(住宅外構の場合)

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・メッシュ筋の配筋不要

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度(※詳細は説明会で)

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草が生えません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

・日時 2017年12月14日(木) 13:00~14:30頃まで

・場所 沖縄産業支援センター 310会議室 (那覇市字小禄1831番地1)

・施工 ご参加各位におかれましても施工を体験していただけます

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先       

※いずれかに丸をつけてご返信ください。当日は生コン(残コン)にかかわるその他技術のご案内も併せてございます。

・返信先

FAX.  055-947-0052(月刊透水性コンクリート 担当;まさつぐ)

月刊透水性コンクリート事務局 まさつぐ(090-6596-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

「南国の次世代の土間コン」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

今話題の次世代の土間コン;普通の土間コンのように生コン工場から届くのに、①夕方から打てるくらい施工が速い(住宅外構30分程度)、②水勾配が要らずフラットにできる(透水性能がある)、③ひび割れがわからず(粗面)色むらも発生しない

いよいよ沖縄でも体験会を開催する。

沖縄ってイメージだけど、

・雨がすごい

・夏はめっちゃ暑い

この2点に対しても次世代の土間コンは効果あり。

・雨がすごい→透水性能があるのでがんがん水を吸い込むから水勾配もいらないし洪水対策にもなる

・夏はめっちゃ暑い→透水(保水)する路面のため路面温度がアスファルト比で10℃以上下がる

ま、一応書いておいた。

12月はめっちゃ寒い。

だから、というわけじゃないけど、沖縄で見学会。

それ以外にも実はいろいろと打ち合わせなどもある。

仕事は辛そうな顔してしているとえらいみたいなところがあるけど、

へらへら笑いながら仕事をしたほうがきっと生産性も高いだろう。

そんな感じで12月14日へらへら笑いながら沖縄でご一緒しましょう!

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「日本全国の生コン工場を訪ねたい」 熊本・見学会・土間コン・透水2017/12/11 update

「日本全国の生コン工場を訪ねたい」 熊本・見学会・土間コン・透水

熊本には緒方生コンがある。

すごい生コン工場だ。

行ったらわかる。

行かなければ、きっとわからないだろう。

出会いは山形の生コン工場ミツワ生コンの赤塚社長。

熊本と静岡の生コン工場同士のめぐりあわせが、

山形県山形市の生コン工場のご縁だという。

現代らしいとても素晴らしい出会いに感謝だ。

24463374_1106275526141445_1775717252_o.jpg

※生コン工場のこのたたずまいが僕は何とも言えず大好きだ

24323821_1106275522808112_1498143447_o.jpg

※前段の説明会が盛り上がりついつい施工見学会は夕方になってしまう

※Beforeで先に打設してある路面で透水実験

そういえば今週火曜日のことだった。

今、日曜日で、昨晩久しぶりに自宅の枕でほっと寝て、

今また長崎県に向かおうとしている。

このところやけに九州づいているのは、

寒さが日ごとに厳しくなっていることと関係があるだろう。

特に昨日の群馬県前橋市の寒さにはこたえた。

出張先の楽しみとして、

ランニング

というのがある。

朝6時くらいから走り始めて、

7時か7時半くらいまでだらだら走ってシャワーを浴びる。

それからその土地の訪問先を訪ねる。

大抵約束は10時とか少し遅めの時間を選んでいる。

ご当地を走ってからの訪問なので結構地理に詳しくなっている。

ご当地の人と実際に会話するのは、

その土地の景色が背景に見えるのでとても楽しい。

観光で訪れるよりきっとその土地のことを実感として知ることができると思う。

こんな感じで日本全国の生コン工場を訪ねたい

もちろん霞を食って生きていくわけにはいかないから、

仕事をきちっと頑張るのが前提かもしれないけれど、

僕は生コン屋のせがれとして生まれて、

日本各地の生コン屋さんをこうして訪ねる仕事にいつのまにかついていて、

いつしか全国の生コンを訪ねたいなんて漠然と思っている。

日本の経済成長を支えた生コン工場。

ピークは5,000以上

現在は3,400を切っているとか。

それぞれにそれぞれの事情で生コンを絶ってしまったのだろう。

僕たちが今臨んでいる生コン市場はさらに厳しさが増す。

あらたな時代の新たな要請を目の前にして、

僕たち生コン工場の生き残りはさらに苛烈だ。

ゆでがえる

1.5時間の中で漫然としていると、

その激烈な環境変化に気づけない。

1.5時間の外に出ていろいろ見聞していると、

僕たち業界が置かれた厳しい環境を知るだけじゃなく、

あらたな時代の新たな要請を感じることができる。

日本の経済成長を支えてきた僕たちが、

ゆでがえる

なんてことにならないように。

本質を見つめて生コンを創業していきたいと思う。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「これじゃ全く意味ないじゃん」 駐車場・車寄せ・集水桝・水たまり・水勾配2017/12/11 update

「これじゃ全く意味ないじゃん」 駐車場・車寄せ・集水桝・水たまり・水勾配

とある駅の車寄せ。

舗装はアスファルト舗装になっていて、

雨模様。

雨の日に気にするのは車の乗り降りの時の水たまり。

特に出発するときなんか扉を開けてそこが水たまりだったら、

いちいち車を移動させなければならない。

万が一水たまりに足を突っ込んだらアウト。

時間がなければそのまま電車に乗り込み目的地に向かわなければならない。

一日ブルーだ。

写真はそんな水たまりを防止するために設置されている、

集水桝

と呼ばれるコンクリート構造物の周りの写真。

24323925_1106273872808277_660478459_o.jpg

「これじゃ全く意味ないじゃん」

こんな突っ込みをついつい入れてしまう。

少し専門的な話しになっちゃうけれど、

集水桝の周りには、

「水勾配」

といってスロープが設置されることになる。

そのスロープが水を集水桝に導き、

水は適正に処理されることになる、

はずなんだけど、

実際はそうはいかない場合が多い。

それはアスファルトの性質に起因する。

アスファルトの性質

アスファルトのいいところでもあり悪いところでもある、

靭性

という性質。

コンクリートに比べてアスファルトは荷重や応力に対して、

ぐにゃり

と変形することが知られている。

脆性

とあらわされるようにコンクリートは変形や応力に対して、

「もうだめ」

となった場合ぐにゃりではなく「ぱりん」と割れる性質を持つ。

この人生。

轍(わだち)などの現象を引き起こすことが知られている。

集水桝の周りの轍

どうしても降車する場所は水たまりを避ける。

するとついつい集水桝の周りとかになっちゃう。

わだちができる

せっかくの水勾配にわだちができて、

そこに水がたまるようになる。

集水桝のまわりに水たまりができる。

足がはまる。

1日ブルーになる。

※映像は熊本の緒方生コンさんで撮影されたもの(見学会の様子)

コンクリートは轍がおきない

だから、駐車場などの舗装には向いている。

集水桝の周りがくぼんだりしない。

ましてやこのところ普及著しい透水性コンクリートならば。

そもそも集水桝なんかもいらない。

水勾配だっていらない。

どこだって水を吸い込んじゃうからだ。

脆性

を説明したけれど想定以上の荷重がかかると、

「ぱりん」

問われてしまうことが知られている→ひび割れ

だから、割れないように厚みをとる(100㎜とか150㎜とか)

適材適所だからどっちがいいという問題ではない。

アスファルトにはアスファルトのいいところ。

コンクリートにはコンクリートのいいところ。

いずれもある。

当サイトは「生コン」だから、

押され気味のコンクリートの肩をどうしても持ってしまう(笑)

事実95%が舗装はアスファルトというのが我が国の現実なのだ。

(※ちなみにお隣韓国は50:50と肉迫している)

「これじゃ全く意味ないじゃん」

もし駐車場を検討している方がいるならば。

そんな気持ちにならないように。

透水性コンクリートも検討の一つに加えてもらいたいと思う。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「え?ウッドデッキの上に駐車してもいいの?」2017/12/08 update

「え?ウッドデッキの上に駐車してもいいの?」

先日は立会ありがとうございます。H.Pに早速掲載されているので、びっくりしました。せっかくなので、完成の写真を見て下さい。

お客様からの反応はとてもうれしいじゃん?

いきなりため口で恐縮だが、

うれしさは伝わると思う。

納めさせていただいた材料のフィードバック、

喜びのお言葉。

僕もそうだけどおいしいご飯をつくってくれた人には、

「ごちそうさま。超おいしかったです」

そんな風にフィードバックすることってすごく大切だと思ってます。

ただ、それが仕事になるとサプライチェーンは、

金銭の授受があるから当然

くらいになっちゃって、

日頃お世話になっている人たちに感謝の言葉をかけ忘れることも。

生コンブログの始まりである。

23828889_1987352491477960_1659434152_o.jpg

Before

IMG_4418.JPG

After

目を疑わないだろうか?

ウッドデッキにライン引いてありまっせ。

カーストップが設置してありますよ。

え?ウッドデッキの上に駐車してもいいの?

ふつうそう思わないだろうか。

これを実現したのも以前の記事(http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_273.html)出ご紹介した、

透水性コンクリートのなせる業。

技術

アイディア

お客様から頂いたメール。

先日は立会ありがとうございます。H.Pに早速掲載されているので、びっくりしました。せっかくなので、完成の写真を見て下さい。

心温まるではないか。

12月にも入り人のぬくもりが恋しい季節だ。

このようにお声かけ頂ける。

供給させていただいた業者に見せる配慮。

まことにありがとうございます。

さらにさらに貢献できるよう努力してまいります。

そんなわけで、

以前紹介したBefore記事のその後、

After記事をお客様からのご高配でこのようにご紹介できた。

今後もこのような実績紹介ができたら幸いである。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「本家福井での残コン技術フォーラム」 福井・残コン・見学会2017/12/08 update

「本家福井での残コン技術フォーラム」 福井・残コン・見学会

社会人ならだれにでも大切なパートナーがいるはず。

川端工業の中村光宏さん。

彼から連絡をいただいたのは1年とちょっと前の初夏だった。

圧送業者さんからの連絡

なんだろう?

初めてのケースだな。

そこから僕の残コンに関するキャリアが大きく変化した。

残コン技術フォーラム

翌年、つまり今年の春。

全生の技術大会が開催されているその日に、

残コン技術フォーラムは発足した。

・ゼネコン(需要家)

・圧送業者

・生コン工場

業種業態の垣根を越えて残コンを議論する場。

中村さんのお力添えでそんな場所が生み出された。

その後、5月下旬に出張版残コン技術フォーラムが、

ご当地野方菱光で開催された。

その打ち上げの席で、

「いっちょ47都道府県回りますか?」

気さくな問いかけに中村さん、

「はい」

非常にライトなご返事を頂戴し、

前回京都で31カ所を全国行脚したことになる。

ノリである。

このまま47都道府県年度内に突っ走りたいと思う。

考えると鈍る。

考えずに走っちゃえと思っている。

そんな場所をつくるために共に力を合わせている同志。

川端工業中村さんのおひざ元で開催します。

残コン技術フォーラム in 福井・川端工業

残コン。

福井は困ってませんか?

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年12月9日(土) 15:00~16:30頃迄

・会場 川端工業 (福井県 福井市 八幡町23-1-1)

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

※いずれかに〇を囲みご返信ください

御社名;         ご担当者名;         連絡先;          

・返信先

FAX. 0776-59-2334(川端工業 中村)

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします

コンテンツ セミナー(またはデモ)がございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連)

・その他

対象;生コン関係者(ゼネコン、圧送業、生コン工場、他)

残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

「本家福井での残コン技術フォーラム」 で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html

個人的に一番楽しみにしているのは、

福井のあきよしが出前で来てくれる!

あの焼き鳥、

あの福井県人のソウルフードを現場で楽しめる!

ということ。

来てね♪

転載元:宮本ブログ

「福井次世代の土間コン」 福井・土間コン・見学会・透水性コンクリート2017/12/08 update

「福井次世代の土間コン」 福井・土間コン・見学会・透水性コンクリート

いよいよ師走だ。

先生も走るというけれど、

僕は先月11月月間300Kを達成した。

なにかいいことがあったか?

人から「変態」と呼ばれるようになった。

それ以外は特に何も変わらない。

今日も変わらず生コンブログの始まりである。

24281958_1104599456309052_1135213091_o.jpg

※金沢(きんなま)で開催された透水性コンクリート見学会

24271316_1104599389642392_1743260678_o.jpg

※特設の型枠に直取で打設

24271346_1104599446309053_1208752242_o.jpg

※室商さん特製の仕上げ方法。景観舗装のエキスパート、有限会社室商

24281710_1104599452975719_189065263_o.jpg

※その性能を熱弁

「これなら30分で終わっちゃいますよね?」

ご来場いただいたお客様にご説明をする。

たしかに、これなら30分で終わらせることができる。

次世代の土間コン。

夕方から打てる土間コン。

クレームや水勾配を心配しなくてもいい。

そんな土間コン。

来週12月9日(土)は福井でも見学会やります。

おかげさまで全国区で普及が始まっている、

次世代の土間コン、ドライテック。

ご当地川端工業にて、福井の雄が主催します。

夕方から打てる土間コン?! 工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 福井・川端工業 ~ 今時の土間コンは【水勾配】ありません ~

・生コンの注文と同じようにオーダー

・打設後すぐ仕上げ(ブリーディングがない)!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり(住宅外構の場合)

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・メッシュ筋の配筋不要

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度(※詳細は説明会で)

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草が生えません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

・日時 2017年12月9日(土) 14:00~15:00頃まで

・場所 川端工業 (福井県 福井市 八幡町23-1-1

・施工 ご参加各位におかれましても施工を体験していただけます

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先       

※いずれかに丸をつけてご返信ください

・返信先

FAX.  0776-59-2334(川端工業 中村)

月刊透水性コンクリート事務局 まさつぐ(090-6596-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

「福井次世代の土間コン」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

当日前後にはほかの勉強会も開催されています。

12月9日は色んな技術に川端工業で触れましょう♪

ご来場心待ちにしています。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「あきよし川端工業色合わせ」 体験会・福井・コンクリート打ち放し・色合わせ2017/12/08 update

転載元:宮本ブログ

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

「あきよし川端工業色合わせ」 体験会・福井・コンクリート打ち放し・色合わせ

全部載せはお好きですか?

昔(今もあるかも)じゃんがらラーメンというお店があって、

そこのメニューに、

「全部載せ」

という甘美な響きのラーメンがあった。

全部載せるのである。

すべてを載せちゃうのだ。

生コンブログの始まりである。

コンクリート打ち放し色合わせ体験会

昨日は北陸金沢においてきんなま(金沢生コン)さん主催でワークショップが開催された。

※お馴染みのご挨拶から始まる

(生コン屋さんとコンクリート補修)

24209852_1104599406309057_812425309_o.jpg

※みんなで色合わせ体験

24271591_1104599472975717_1730934849_o.jpg

※室商の室田さんの作品。初めての色合わせにしては上出来

24201451_1104599422975722_2114383728_o.jpg

※最後はそれぞれの打ち放しをもって記念撮影

24209754_1104599382975726_308551883_o.jpg

※この後5㎞走って月間300Kmを達成。ただ自慢したかっただけですごめんなさい

そんなコンクリート色合わせ体験会

来週9日土曜日は福井でやります!

しかも、

当WEBサイトの見学会はこの色合わせの他に、

・残コン技術フォーラム

・夕方から打てる土間コン(次世代の土間コン)見学会

を含めて3点揃えている。

それら3点が今回初の、

全部載せ

福井で全部載せとなる。

これは貴重な会となる。

是非参加するといい。

夕方からご当地「あきよし」(福井県民のソウルフード大手チェーン)の、

出前サービスも企画されているとかいないとか。

(企画されています)

そんなわけで、

コンクリート色合わせ体験会 in 福井・川端工業 ~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~ With フッコー・GNN

・新しい技能を持ちませんか? ・打ち放しコンクリートの模様造成を体験できます。 ・色合わせ補修は緊急性が高いから喜ばれる ・プロフェッショナルが施工のコツを伝授 ・明日から「色合わせ特殊工」として営業開始できます ・将来は杉板や浮造りの補修だってできるかも? ・左官や塗装の腕がある人ならすぐに習得 ・まずは体験会にいらしてください ・コンクリート補修についていろいろお伝えします ・ご希望により補修案件の受託もお願いしております

・日時 2017年12月9日(土) 12:30~13:45

・場所 川端工業 (福井県 福井市 八幡町23-1-1

・定員 30名

・参加費用 3,000円(釣銭のないようご協力お願いいたします)

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先        ※いずれかに丸をつけてご返信ください

→返信FAX. 055-947-0052(月刊色合わせ補修 事務局:長岡生コン内)

当日はコンパネにコンクリート打ち放し模様を造成するデモンストレーションを実施致します。実際に道具や材料に触れていただくことは可能ですが、写真撮影・動画撮影をされる場合は不特定多数の方が閲覧できる媒体へのアップロードはご遠慮ください。

対象(左官・塗装業 その他関係者)

月刊色合わせ補修事務局 小松(080-3525-5405)

「あきよし川端工業色合わせ」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/rc/

当日は全部見せます。

漢、中村光宏が吠えます。

福井が動きます。

考えてみればコンクリート打ち肌のトラブルを最初に予見できる人。

圧送業者

毎日コンクリート打設に携わっているのだ。

「あ、ここ、ジャンカになるな」

わかると思う。

このコンクリート圧送業者との事業連携。

とても可能性を感じる。

さあ、その無限の可能性のきっかけとなる1日。

是非その歴史の証人になってください。

このページのトップへ