スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「価格もガラス張りで安心色合わせ」 福岡・色合わせ・打ち放し・補修・見学会2017/09/22 update

「価格もガラス張りで安心色合わせ」 福岡・色合わせ・打ち放し・補修・見学会

博多が何よりも好きだ。

3度の飯よりも好きだ。

野方菱光が3度の飯よりも好きだ。

そんなわけで、

コンクリート色合わせ補修のプロフェッショナルが、

ご当地博多でその技を魅せる。

野方菱光で魅せる。

21908958_1051175788318086_1866777382_o.jpg

cbrc1no1.jpg

21616992_1528054227284945_353914781_o.jpg

caravan1.jpg

※全国でフッコー社(壁材製造)と共に見学会を開催しております。

コンクリート色合わせ体験会 in 福岡・野方菱光
~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~
With フッコー

・新しい技能を持ちませんか?
・打ち放しコンクリートの模様造成を体験できます。
・色合わせ補修は緊急性が高いから喜ばれる
・プロフェッショナルが施工のコツを伝授
・明日から「色合わせ特殊工」として営業開始できます
・将来は杉板や浮造りの補修だってできるかも?
・左官や塗装の腕がある人ならすぐに習得
・まずは体験会にいらしてください
・コンクリート補修についていろいろお伝えします
・ご希望により補修案件の受託もお願いしております

・日時 2017年10月3日 16:00~

・場所 野方菱光 (福岡県福岡市西区大字飯盛425-1)

(担当 増本)


・参加費用 3,000円(釣銭のないようご協力お願いいたします)

・出欠確認

出席 / 欠席


御社名       ご担当者       ご連絡先       
※いずれかに丸をつけてご返信ください

→返信FAX. 055-947-0052(事務局:長岡生コン内)


当日はコンパネにコンクリート打ち放し模様を造成するデモンストレーションを実施致します。実際に道具や材料に触れていただくことは可能ですが、写真撮影・動画撮影をされる場合は不特定多数の方が閲覧できる媒体へのアップロードはご遠慮ください。

対象(左官・塗装業 その他関係者)

月刊色合わせ補修事務局 小松(080-3525-5405)

「価格もガラス張りで安心色合わせ」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/rc/

 

コンクリート色合わせキャラバンは愛知県から始まった。

おかげさまで非常に大きな反響をいただいている。

色合わせを新しい事業分野にする。

そんな目的でのご参加はもちろん、

すでに色合わせを事業として取り組んでいて、

新規顧客の獲得という目的でもご参加いただいている。

僕たちはGNNといって、

全国の元気な生コン工場100社のアライアンス。

生コン工場の周りには必ずコンクリート色合わせ補修のニーズがある。

そのニーズをデータとして管理して、

できる(色合わせの特殊技能者)につなげる。

そんなサービスを提供している。

非常に流動性の高いサービスであるため、

価格もガラス張りで安心色合わせ

※参考記事群はこちら → コンクリート色合わせ価格

これまではどうしても切羽詰まった状態でのオーダーだったから、

言葉悪いけれど、

納得いかない金額でも発注。

そんなこともあったかもしれない。

これからの時代の新しいコンクリート色合わせ補修。

どうしても外せない大切な予定さえなければ。

是非一緒に考えましょう。

新しい時代の新しいコンクリート色合わせ。

宮本充也

コンクリート色合わせ体験会
~特殊技術を身に着けて値切られずお役に立とう大作戦~
With フッコー

・新しい技能を持ちたくないですか?
・打ち放しコンクリートの模様造成を体験できます。
・色合わせ補修は緊急性が高いから喜ばれる
・プロフェッショナルが無料で施工のコツを伝授
・明日から「色合わせ特殊工」として営業開始できます
・将来は杉板や浮造りの補修だってできるかも?
・左官や塗装の腕がある人ならすぐに習得
・まずは体験会にいらしてください
・コンクリート補修についていろいろお伝えします
・ご希望により補修案件の受託もお願いしております

・日時 ×××

・場所 ×××


・参加費用 3,000円(釣銭のないようご協力お願いいたします)

・出欠確認

出席 / 欠席


御社名       ご担当者       ご連絡先       
※いずれかに丸をつけてご返信ください

→返信FAX. 055-947-0052(事務局:長岡生コン内)


当日はコンパネにコンクリート打ち放し模様を造成するデモンストレーションを実施致します。実際に道具や材料に触れていただくことは可能ですが、写真撮影・動画撮影をされる場合は不特定多数の方が閲覧できる媒体へのアップロードはご遠慮ください。

対象(左官・塗装業 その他関係者)

月刊色合わせ補修事務局 小松(080-3525-5405)

http://www.nr-mix.co.jp/rc/

転載元:宮本ブログ

「すると世界の残コンも変化していく」 残コン・R2・全圧連2017/09/22 update

「すると世界の残コンも変化していく」 残コン・R2・全圧連

全圧連

全国圧力団体連合会

ではない。

毎度残コンキャラバン(前回秋田で23回折り返し)では、

「全圧連、全国圧力団体連合会」

という一応ギャグのつもりで発言するのだが、

お気づき頂き多少笑みを浮かべていただける場合と、

まったく表情を変えずにそのままスルーされる、

つまりは「すべる」ケースとある。

後者の場合もしかしたら全圧連のことを本当に、

全国圧力団体連合会

だと思っているのかもしれない。

生コンブログの始まりである。

いよいよ製造元のMAPEIからサンプルが届く。

21908449_10155179575032830_930740449_o.jpg

イタリアで委託製造され撮影された写真。

21706258_1607063792701147_1113879742_o.jpg

かっこいい。

惚れ惚れする。

全圧連

全国圧力団体連合会より、

今年10月リリース予定の

R2(→Reduce, Reuse)

の荷姿である。

この白い粉をさっさっさっとホッパーの残コンに振りかけるだけ。

あら不思議。

2分以内には流動性を失い、

それらはドレンから砕石として排出される。

元請けの指導の下再生砕石など第2の役割が付される。

それだけじゃない。

これまでホッパー内残コンは生コン関係者を苦しめてきた。

まず、

・オペレーターの労働時間

通常であればさっさと帰れていたものを、

2時間という貴重な時間を拘束し貴重な時間を奪ってきた。

それが消える。

・アンコンプライアンス

場外に残コンを積んだまま搬出することは、

過積載と配送法違反という2つの法律を犯していることになっている。

コンプライアンスが全うされるという効果がある。

・生コン工場の負担

気の毒な話だが生コン工場だって喜んで洗浄を受け入れていたわけじゃない。

それが消える。

この手のひらサイズの魔法の粉で、

いろいろな人の苦労が消えていく。

すでに全圧連には多くのポジティブな反応がかえってきていて、

すでに多くの予約注文も寄せられているという。

少しずつ景色が変化している。

残コン周りの景色が変わる。

日本が変わる。

すると世界の残コンも変化していく。

転載元:宮本ブログ

「キレイな打ちっ放し擁壁の正体は・・」ブロック塀・美装・コストダウン・コンクリート・擁壁2017/09/21 update

長久手2-1.jpg長久手2-2.jpg

ブロック塀をコンクリートの擁壁に大変身させる技術「CBRC工法」

今回もお客様のご要望により大変身させてまいりました!!

現場で他の職人さんたちも朝あったブロック塀が夕方には打ちっ放しの擁壁に変わった姿を見て驚いていました!!

工期が短くて元請けさんもお困りでしたが、納得の出来に満足いただけてよかったです。

・コンクリート補修&CBRC工法のことなら伊藤商店の伊藤まで090-7087-5443

・CBRC工法の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/cbrc2/

 

 

「キレイなコンクリートに仕上げたいそんなご要望にお応えいたしました。」補修・コンクリート・美装・復元2017/09/21 update

富山1-1.jpg富山1-2.jpg

富山2-1.jpg

富山2-2.jpg

コンクリートって型枠はずすまで、上手に仕上がっているかわからないものでありますが、もし仕上がりが思っていたもの以下でも色合わせ補修があればキレイなコンクリートをつくることができるんです!

お困りのお客様もすっかりキレイになったコンクリートをみて一安心していただけました。

・コンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで090-7087-5443

・コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

 

 

「東京でもやるよ!透水見学会 in 小平」 透水・見学会・東京2017/09/21 update

「東京でもやるよ!透水見学会 in 小平」 透水・見学会・東京

東京は好きか?

大都会東京。

憧れの東京。

東京の街に出てきました。

メトロポリタン東京。

東京。

ゲリラ豪雨。

ヒートアイランド現象。

東京は山ではない。

ましてや田舎でもない。

つまり地表面はすべてコンクリートまたはアスファルトに覆われている。

日差しに熱された路面は積乱雲を作り出す。

大雨が降る。

地表は水を吸い込まない。

だから洪水になる。

さあ、やるよ!

東京でもやるよ!

透水見学会 in 東京 だぉ!!!

夕方から打てる土間コン?!

工場から届く透水性コンクリートの施工体験会 in 東京 ~普通の土間コンつまらない!差別化技術を習得しよう~

・生コンの注文と同じようにオーダー

・打設後すぐ仕上げ(ブリーディングがない)!

・施工は土間コンよりも楽

・30分で全部終わり(住宅外構の場合)

・クレームになりません!(ひび割れが見えづらい)

・水たまりのない土間コンで差別化が図れる

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度(※詳細は説明会で)

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・水勾配考えなくてもOK

・草がはえません

・その他とってもいいこと盛りだくさん

※透水性コンクリート「ドライテック」と併せて、メッシュ筋の要らない生コン「メッシュレスコンクリート」その他のご案内もいたします。

・日時 2017年9月25日(木) 10:00~12:00

・場所 東京都小平市栄町3-6-19

・施工 原田工務店

・出欠確認

出席 / 欠席 ※いずれかに丸をつけてご返信ください

会社名                 

ご芳名                 

・返信先

原田工務店

FAX. 042-365-4848 

TEL. 042-365-4477

月刊透水性コンクリート事務局 まさつぐ(090-6596-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

「東京でもやるよ!透水見学会 in 小平」で検索♪

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

ちょっと浮かれすぎかもしれない。

このところ幸せなのだ。

おなか一杯食べると幸せになれることに最近気づいた。

嫌なことがあったらおなか一杯食べよう。

とりあえず幸福になれます。

とりとめもないことを書いている僕の背中には、

いつものようにソフトボール。

両足の下にはいつものようにゴルフボール。

そんなわけで秋晴れの今日も絶好調でがんばろう!

ついてる!!

転載元:宮本ブログ

・愛知のドライテック及び1デイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

・ドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「永遠の0.5」 先行剤・モルタル0.5・残コン2017/09/21 update

「永遠の0.5」 先行剤・モルタル0.5・残コン

わかっているのに。

わかっているけれど。

やっちゃう。

太るってわかっているのに。

食べちゃう。

人に、

「それ以上飲まないほうがいいよ」

そういわれても、

呑んじゃう。

わかっちゃいるけど、やめられない。

生コンブログの始まりである。

モルタル0.5という習慣がある。

生コンをコンクリート圧送車を用いて打設する場合。

「捨てられるとわかっているのに運ばれるそいつ」

モルタル0.5が利用されている。

モルタル0.5というとポップだが、

砂とセメントと水が混じった流動体500リットル

と書けばその物々しさを感じていただけるだろうか?

砂とセメントと水が混じった流動体500リットル

は次第に硬化していくのだ。

水を帯びているためそのへんを汚すのだ。

そんなモルタル0.5

あなたの家の窓ガラスが突如割れて外からドドドと押し寄せてきたら

いやでしょう?

そんなモルタル0.5

毎日4,000か所の現場(推計)で、

「捨てられることがわかっているのに運ばれている」

というこの現実。

絶対にゴミになるということがわかっているのに!

(モルタル0.5は躯体に打設してはならないことになっている)

これって、

行きの燃料しか積んでいないのに出撃命令を下されるゼロ戦

に似ていないだろうか?

絶対に戻ってこれない。

うまくいけばどこかに不時着して難を逃れる

その意味ではモルタルは絶対に有効利用されることがないため、

絶対に廃棄物になる運命であるため、

モルタルの方がゼロ戦よりも過酷

とすることができる。

永遠の0

ならぬ、

永遠の0.5

といわざるを得ない。

(ただ、これが書きたかった。ネタ提供萩原工業大澤氏)

繰り返してはならない。

今、朝鮮半島がにわかに緊張状態にある。

でも、繰り返してはならない。

モルタル0.5を使わなくでもいい方法だってある。

※モルタル0.5の代わりに用いられるモレステ(10~15リットル)は再生資源化可能

生コン工場にとって、

モルタル0.5はめっちゃうっとうしい存在。

ああ、めんどうくせえ。

毎日そのように感じながら、

それを出荷している。

なんと不合理なことだろうか。

しかも、めんどうくせえ、とおもいながら、

それらをすべて廃棄物にしているのだ。

なんとひどいことか。

かくいう当社も一日も早くこの習慣を改善せねばなるまい。

そのためにも、

ゼネコン

ポンプ

生コン

力を合わせてこの現状を打破せねばなるまい。

永遠の0.5

一日も早く、

この悪しき習慣を根絶せねばならない。

転載元:宮本ブログ

「1日で日本人男性の1年を無駄にしている計算」 i-Con・生コン・残コン2017/09/21 update

「1日で日本人男性の1年を無駄にしている計算」 i-Con・生コン・残コン

i-Conと残コンは密接な関係にある。

ダジャレではない。

i-Conは生産性の飛躍的向上を目的としてる。

手段としてICTを強調している。

飛躍的生産性の向上。

手段としてのICT。

生コンブログの始まりである。

1日4,000台2時間

何の数字だろうか。

推計だが、

1日にコンクリート圧送に用いられているコンクリートポンプ車の台数

だとする。

仮にこの台数が1日2時間残コンの処理に時間を割いていたとして。

2×4,000=8,000時間/日

いうまでもなく残コンの処理は何も生産していない。

ばかりか、貴重な人の時間を無為に過ごさせている。

とすることができる。

その時間、8,000 ÷ 24(=1日) = 333.33....日

1日で日本人男性の1年を無駄にしている計算となる。

1年で何ができるだろうか?

いろいろな人にいろいろな1年の過ごし方があるだろう。

例えばぼくならきっと1年で、

・資格試験の勉強に挑戦し、

・年度目標にコミットして

・合間を見て本を読み

・毎日5㎞ランニングして体力をつけて

・旅行に行ったり・・・

そんな日本人男性の1年をこの残コン処理は奪っていることになる。

※R2(全圧連)によるホッパー内残コン処理

生産性向上、ICT、IoT、AI、、、

新しい言葉や横文字に騙されてはいけない。

目的はなにか?

幸福なはたらきかたにあると思う。

その意味で生コン関係でいの一番にメスを入れるべきは、

残コン

生コン情報の電子化を推進すればおのずと残コンの発生状況も見える化されよう。

その残コン。

僕たちの営みの上に発生してしまうのであれば、

その処理に関しても責任を全うするのが、

僕たち大人の所業となろう。

i-Con×生コン

それは残コンのためにある。

転載元:宮本ブログ

「秋と冬のための製品」 ECON・ブリーディング・IWA・Re-CON ZERO・残コン2017/09/20 update

「秋と冬のための製品」 ECON・ブリーディング・IWA・Re-CON ZERO・残コン

再生骨材コンクリート

ECON

秋と冬のための製品だと思います。

お待たせいたしました。

秋です。

お気づきかもしれませんが、

9月に入ってからめっきり涼しくなりました。

これを人呼んで秋といいます。

秋から冬にかけて。

生コンにはとてもいい季節です。

夏場炎天下の生コン打設の経験。

それから比べれば秋の生コン打設。

運動会かっ

そのくらいの長閑さを感じるのは筆者だけではないでしょう。

さらに、

日頃ご愛顧いただいております。

再生骨材コンクリート

ECON

秋と冬のための製品だと思います。

再生骨材コンクリートECON

舞台裏を少し書きますとこの製品は残コン由来となっています。

弊社長岡生コンでは1月に残コンがだいたい200㎥ほど発生します。

200㎥の廃棄物は通常コンクリートガラとして廃棄されるところを、

弊社ではMAPEI社と共同開発、

Re-CON ZERO

※Re-CON ZERO動画

を用いてすべて生コン用骨材(またはRC砕石)に改質しています。

そして、

それらをすべて再生骨材コンクリートの原料としています。

これがECONの舞台裏。

廃棄物をリサイクル利用しているからお値段もお手頃。

ここ7年間。

当社長岡生コンクリートのお客様からは絶大な人気を博しております。

このECONが秋と冬のための製品と申し上げるのには理由があります。

ブリーディングが少ない

専門的技術的な解説は省きますが、

いわゆる仕上げの時に上がってくる水。

この水がとても少ない。

秋そして冬場はこのブリーディングに苦しまれることも多いかと思います。

ブリーディングが収まらなければなかなか仕上げられない。

そうなると仕事終わりがどんどん遅くなってしまう。

そんな経験をされた方もいらっしゃるかと思います。

再生骨材コンクリート

ECON

秋と冬のための製品だと思います。

ECONはブリーディングが少ない。

つまり、仕上げがすぐにできる。

ということはすぐに家に帰れる!

冬場はなかなかコンクリート打ちに手間取る。

そんな時に思い出していただきたいのが、

ECON

再生骨材コンクリートECON

お値段もお手頃。

早く家に帰れる。

今回は秋ということでECON再度のご紹介となりました。

転載元:宮本ブログ

「施工の神様|戻りコン残コンの行方」 残コン2017/09/20 update

「施工の神様|戻りコン残コンの行方」 残コン

https://sekokan-navi.jp/magazine/9701/2

https://www.facebook.com/seko.no.kamisama/

施工の神様というWEBサイトがある。

そこで、

生コン業界を困らせる「戻りコン」「残コン」の行方とは?

という記事が発表された。

とてもうれしいことだ。

「残コン」

とググっていただきたい。

zannkonnsnipping.PNG

※これが僕の環境で検索した場合の結果

約 398,000 (0.47秒)

ざっくり言って世間一般の人がどれほど関心のあるワードか。

この数字に表されていると思う。

例えば、「汚水」

残コンは水の次に流通する材料なわけだから、

それでは水の廃棄物ともいうべき「汚水」はどの程度か?

osui.PNG

さすがといわざるを得ない。

約 19,300,000 (0.52)

残コンに比べて以下に世間一般の関心を得ているか。

如実にわかる結果といわざるを得ない。

ちなみに、「牛乳」を調べてみよう。

gyuunyuu.PNG

しばらく勝てない。

このように、世間一般の関心の度合いは、

「いかにWEB上にその言葉が表示されているか」

によってあらわされることができると思う。

残コンというテーマを扱っていてつくづく感じる。

業界の中だけの関心を集めているだけじゃダメだ。

広く世間一般に以下に残コンという問題が関連があり、

それが深刻な問題であるかを理解してもらう。

そのようにしなければ解決の道は遠い。

今は中小企業でもましてや個人でも。

気軽に情報発信をすることができるようになった。

おかげさまでポータルサイト「生コン」の閲覧者数も順調に推移し、

現在の課題は、

(インターネットを含む)他メディアとの連携

となっている。

できるだけ多くのメディアに、

「残コン」

というワードを取り上げてもらいたい。

そうすることによって世間の耳目を集めることができる。

sakunenn9gatu1ppikara.PNG

※昨年(2016年)9月1日から本日2017年9月17日までの推移

ビジネスとはとても素晴らしい道具だと思う。

そのような現実をつくるために各種取り組みを実施する。

その一つがWEB戦略となる。

プロの仕事とはいかなる環境においても再現性のある仕事。

現実を自分に合わせることのできる人。

それがプロフェッショナルだと思う。

残コンが社会にキチンと理解されるといいな

ではなく、

残コンが社会にきちんと理解されるようにする

それが僕たちプロフェッショナルがすべき仕事。

水の次に流通する材料「生コン」

その廃棄物である、

残コン

実は我が国日本が残コン困ったランキング1位

僕のライフワークともいうべきテーマ

残コン

が今回のように大々的に取り上げられるとやはりうれしい。

転載元:宮本ブログ

「どうやって買うの?」 IWAシステム・モレステ・セルドロン・R2・残コン2017/09/20 update

「どうやって買うの?」 IWAシステム・モレステ・セルドロン・R2・残コン

「どうやって買うの?」

残コン技術フォーラム全国ツアーでたびたび頂く質問。

ポータルサイト「生コン」

のページレイアウトには技術的な解説はあるけれど、

具体的にどのように購入すればいいのかがわかりやすく表示されていなかった。

そんな反省を踏まえてブログ記事として以下の通り簡潔に解説する。

こちらの記事は残コン技術フォーラムのトップページに表示されることになる。

▶ IWAシステム

価格

残コン(スラッジ、残水含む)1tあたり500円~1,000円程度

購入フロー

1.残コン技術フォーラム見学会への参加(残コン技術フォーラム 長岡生コンクリート内055-947-0049)

2.導入検討

3.特別研修(随時、導入工場にて)の受講 (※GNN入会手続きなど)

4.契約

5.導入

▶ モレステ

価格

商品代金は8,000円(10ℓ、ペール缶)。打設1回につき技術協力費2,000円の支払い(タケサイト→圧送業者)

購入フロー

1.見学会・説明会への参加またはタケサイトへの問い合わせ

2.既存取引先(商社など)またはメーカーからの購入 ※取引条件の交渉があります

3.契約

4.購入

▶ セルドロン

価格

10㎏袋送料別途2,500円定価。詳細はグロースパートナーズ(製造元)担当土井迄(090-8515-8008)

※WEBページ → http://gpgp.tokyo/celldoron.html

購入フロー

1.見学会・説明会への参加またはグロースパートナーズへの問い合わせ

2.既存取引先(商社など)またはメーカーからの購入 ※取引条件の交渉があります

3.契約

4.購入

▶ R2

価格

購入フロー

http://www.zenatsuren.com/data/index.html

※R2は全国コンクリート圧送事業連合会より2017年10月1日より販売開始となります。

詳しくは全圧連迄

普段顔を合わせている人ならば気軽に連絡もよこすだろう。

また、僕みたいにあまり遠慮もない性格の方ならば、

ずけずけと電話をしてため口で、

「どうやって買えばいいの?」

と尋ねることもできよう。

そんな人ばかりではない。

そんなわけで、きちんとした案内をこの度作成してみた。

いずれの製品にもいえることだが、

「百聞は一見に如かず」

まずは見に来ることをお勧めしたい。

ご自分の目で感覚でじっくりそれぞれのソリューションを見つめてみて、

ご自身の環境に照らし合わせてみてほしい。

それが第一歩となる。

それではフォーラムでお会いしましょう。

転載元:宮本ブログ

このページのトップへ