スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「以上、生ビール飲みに行こう! どうしてそんなに早いの?|透水性コンクリート」2019/03/26 update

「以上、生ビール飲みに行こう! どうしてそんなに早いの?|透水性コンクリート」

透水性コンクリートの本当の「売り」は水を透すことではない。そんな風に聞くと意外かもしれないが、これはお施主さんには関係のないお話。日頃土間コンを施工している人たちにとっては垂涎の的。そんな透水性コンクリートの意外な側面「迅速施工」の理由に迫る。

以上、生ビールを飲みに行こう!

※施工工程全ての映像

30m2(駐車場1台分)程度の施工。

通常の土間コンであれば、3〜4人で構成される1班で1日がかりの施工。

これが、土間コン周辺の常識。

今後は「たった30分」で施工が終わる。

それが、透水性コンクリート「ドライテック 」の強みであり最大のセールスポイント。

透水性能

はもちろん、水勾配(傾斜)のないフラットな舗装を作れる意味では有益だけど、

それはどちらかというとお施主さんにとってのメリット。

透水性コンクリートの最大のメリットはお施主さんではなく業者さん(工事店)にある!

BA5B2422-3E32-4F9C-AFB8-A1787C0B9355.jpeg

※敷設(ふせつ)、レーキによる平坦性の確保までは通常の土間コンとなんらかわらない。一点、ワイヤーメッシュ不要に関して言えば前工程がカットされ、施工中も足元が安定するため作業が捗る

8B441048-242D-487E-AEFA-E647E3AFD431.jpeg

※材料の敷設の最中に異変。なんと、敷設作業中にプレートで仕上げを始めている(写真奥)。

3EDBF3CA-2FD4-40F6-91BF-CE2F147C3E1A.jpeg

※プレートで丁寧に転圧をかける。これが「仕上げ」となる。

通常の土間コンの場合、敷設と平坦性確保の後、「ブリーディング(浮き水)」が消滅するまで2〜3時間て街が発生する。さらに、そこから左官鏝による仕上げ作業が3回繰り返される。

「以上、生ビールを飲みに行こう!」

455AEB7E-F87A-4B7F-ADE2-00F961D9688A.jpeg

※15分ほどで施工が完了した透水性コンクリートを囲み見学者の業者さんたちが意見交換(山形県山形市みつわにて)

1日1班は違う工種り作業できる。

たとえば、1班で植栽やブロック積み、路盤工、塗装など土間コン以外のさまざまな作業に1日を割くとする。

夕方になりそれぞれの工事の目鼻がついてきた3時半とか4時頃に生コン車が届く。

仕事を終えた職人さんたちが集まってきて一斉に30分で土間コンを打ち終わってしまう。

4時半、現場には誰もいない。

みんなで生ビールを飲みに行くでもいいし、

若い独身の人はデートでもゲーセンでも十分時間が取れる。

家に帰ってお孫さんの面倒を見ることだって可能。

それが、透水性コンクリートの最大の強みだってことはあまり知られていない。

通常の土間コンの場合作業は1日仕事だ。

土間コンの場合そうはいかない。

朝1に生コン車到着。

敷設作業が終わって3時間の水引き(手待ち)が発生する。

冬場はなかなかこの水引きが完了してくれない。

寒い中イライラが募る。

さあ、仕上げ作業ともなれば日が暮れる。

全てが終わるのは深夜なんてこともざらにある。

これから迎える冬場は特に土間コンは職人さんたちを苦しめる。

生ビールはおろか家に帰っても寝るだけ。

次の日に備えるだけの夜。

そんな無味乾燥な仕事ってこれからの時代ありだろうか?

見学にいらしていた拡左官工業の天野社長がおっしゃっていた。

「これから労働力の確保が建設業の急務となって行く。そんな時代に従来の土間コンは若者や女性などのこれから期待される労働力を集められないだろう。まさに透水性コンクリートは現代の働き方にマッチする土間コン」

働き方改革の具体的な形として透水性コンクリートはこれからさらに普及を拡大して行くことになる。

仕事なんかさっさと終わらせちゃって生ビール飲みに行こう。

以上、生コンでいいことってのは「早く終わる」ってのも含まれています。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※愛知・岐阜・三重のドライテック(透水性コンクリート)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知・岐阜・三重のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「どうして透水するの?|透水性コンクリート」2019/03/26 update

「どうして透水するの?|透水性コンクリート」

意外と説明していなかった「透水性コンクリートの透水性コンクリートたらしめる理由」。「どうして透水するの?」。ここでは透水性コンクリートが水を透す理由について解説 http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

どうして透水するの?

普通のコンクリートは透水しないのに、

透水性コンクリートは水を透す。

※画面上部が透水性コンクリート。

透水性コンクリートは水を透す。

そのことで得られる価値は、

・水勾配(傾斜)をつける必要がない

ことで、排水設備の軽減やフラットな舗装(バスケットコートや車いじり)を実現できる。

また、水を透すコンクリート構造は表面積がその分増えて、

気化熱の原理で通常の舗装に比べて舗装面の温度が軽減できる。

(環境温度の低下と地球温暖化対策ほか)

さらに、寒冷地においては雪解けが早く路面凍結の心配もない。

傾斜がないことと相まって特にお年寄りにとっては安心安全な歩行が約束される。

そのために必要な機能としての、

「透水性能」

通常のコンクリート構造と比べてどの点が違うのかを解説する。

通常のコンクリート構造。

通常コンクリートは、

・砂利(粗骨材)

・砂(細骨材)

・セメント(結合材)

・水

の4つの原料が使用されており、

その容積の大半を締めるのは、

砂利と砂

その理由はセメントが最も高い原料であるためできるだけ安価な砂利と砂を増量することで安価にコンクリートを作りたいから。

となる。

そのため通常砂利と砂は粒度分布といってできるだけセメントを用いないために隙間なくみっちりと配合されるように計画されることになる。

(粒度分布や粗粒率、実績率などという専門用語がある)

そして、隙間をセメントペースト(水とセメント)が満たすことによって、

蟻も水も透さないみつ実なコンクリートが出来上がる。

だから、水を透さない。

理屈はお分かり頂けるはずだ。

0883778E-A840-4CB8-B4E8-4E234AB09601.jpeg

※どう考えても水は透さない

一方の、透水性コンクリート。

4つの原料のうちの「砂(細骨材)」をあえて配合しない。

つまり、粒度の分布をいびつにする(砂利だけにする)ことによって、

あえて隙間(連続空隙)を多く作る。

通常であればこの隙間が多くなることによって必要となるセメントペースとの量が多くなってしまうため、不経済なコンクリートになってしまう。

ただ、透水性コンクリートの場合、

セメントペーストで満たさないという措置がとられる。

つまり、水を極端に少なくすることによって空隙は満たされることなく、ペーストは砂利の周りにだけ付着するようになる。

そのため、本来ペーストや砂で満たされていたはずの空隙がそのまま空隙として残る。

B4EFEE26-E9F7-4DB5-BAF4-0BEB6D108385.jpeg

※砂利とごく少量のセメントペースとで構成されるため写真のように隙間だらけの構造となる。

その連続空隙が透水の理由、けれど・・・。

これが大雑把にいって透水する理由となる。

実に簡単。

大したことのない技術じゃん。

ということになるのだが、ここで少し専門的なことを説明したい。

セメント(コンクリート)は相対的に圧縮に強く引っ張りに弱いという性質を持っている。

透水性コンクリートは解説の通り、

砂利(粗骨材)と少量のセメントペースとだけの構造。

そのため、荷重がかかると、

小石と小石を引き離そうとする力(引張力)がセメントペーストに作用する。

これはセメント(コンクリート)の苦手な力の作用となる。

簡単に小石と小石が離れてしまっては(割れてしまっては)、

駐車場のような荷重のかかる場所に透水性コンクリートは使えないことになる。

そこで「特殊バインダー(結合材)」の登場となる。

セメントが苦手だった引張強度を補うための材料を透水性コンクリートの場合は配合してある。

だから、駐車場や道路などの過酷な環境下でも通常のコンクリートのように使用することが可能となっている。

5155E58F-0062-429A-A546-7A4611075941.jpeg

※テレビ取材をうける透水性コンクリートの駐車場

なんで透水性コンクリートは水を透すか?

そこには隠された技術力があった。

水を透すことは今はまだ常識とはなっていない。

ただ、この新しい常識を作ることには大きな社会的意義があると思って普及活動に当たっている。

いずれ数年以内には駐車場の土間コンといえば透水性コンクリート。

そんな常識を作ることで仕事としても社会環境としても多くの笑顔が生み出される。

今日はそんな意外で基本的な透水性コンクリートの話。

広がる、生コンでいいこと。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※愛知・岐阜・三重のドライテック(透水性コンクリート)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知・岐阜・三重のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「コツはレーキ(トンボ)の使い方!|透水性コンクリート」2019/03/26 update

「コツはレーキ(トンボ)の使い方!|透水性コンクリート」

ほぼ日(ほぼ毎日)で展開される透水性コンクリート施工見学会(体験会)。2018/09/25は札幌市に展開する老舗生コン工場「大世紀生コン」さんで地元エクステリア・舗装関係者をお招きし開催。

コツはレーキ(トンボ)の使い方!

69E3B3FA-FB38-47CC-9FAD-922A1396A906.jpeg

※札幌市北区屯田の大世紀生コンさんで開催!(4m2、0.5m3製造)

DBDF1ED1-D066-4B2E-912C-2F5E931563E7.jpeg

※地元エクステリア・舗装関係の御見学者の皆さん

891A7D6E-3B48-4F7E-9326-014133025666.jpeg

※0.5m3という小ロットだけに水分量の見極めが非常に難しい。

590BF35D-A76C-45CA-86FA-6C5F6140173D.jpeg

※施工開始

5F4566DC-CBFC-48F3-8B46-0679F26478B1.jpeg

※施工完了。写真を見たまさつぐに「うまく仕上がったじゃないっすか」と褒められなぜかカチンと来る。

2B323241-6FC2-40CC-82E6-9F10F135D275.jpeg

※圧縮試験供試体を用いた透水実験をした様子

正直素人主催の施工見学会。

毎日施工立会いに明け暮れるまさつぐと違って僕は素人。

事業スタート時は別としてこのところコテとかレーキとか道具を持ってない。

もっぱらブログによる情報発信ばかりやってきているため体がなまっている。

通常の生コンに比べて施工がしやすいとはいえ、

やっぱり生コンだ。

それなりに重いし施工にも力がいる。

なまりきった肉体での慣れない施工はやっぱり苦しい。

辛い。

まさつぐにやってほしい。

という愚痴を言いながら施工していて思ったこと。

それは、

コツはレーキの使い方!

B1A4E014-23C0-4691-8EFD-05BC44FB288B.jpeg

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C-Tombow-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD/dp/B002K05FNUより引用

・敷設(材料を配る)

・レーキなどによる平坦性の確保

・プレートによる転圧

大きく分けてだいたいこの3つのプロセスを経て完成する透水性コンクリート。

素人だてらにこれまで何回か見学会をやってきて実感したこと。

レーキ超重要。

レーキで平坦性さえきちんと検討が付いていればあとは「なり」でついてくる。

プレートの仕上がりも所詮レーキによる平坦性の確保に支配される。

やはり、レーキ。

だから、アスファルト舗装の施工経験者にとっては透水性コンクリートの施工は入りやすい。

馴染む。

今日は山形県山形市(みつわ生コン)で施工見学会。

真打まさつぐのお手並み拝見。

彼の見学会の回し方を参考に今後の見学会を進めたい。

明日は東北の某所で非公開にて透水性コンクリート試験施工。

そのまた次も。

ほぼ日でやってます。

透水性コンクリート施工見学会。

いつでも。

気が向いたら。

行ってみよう。

もう、土間コンで苦しまない。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※愛知・岐阜・三重のドライテック(透水性コンクリート)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知・岐阜・三重のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

何の変哲もないブロック塀が杉板仕上げに!?|住宅外構リフォーム2019/03/26 update

ブロック塀打ち放しコンクリート】

住宅外構リフォーム工事

個人宅の外構工事にて。 ブロック塀から杉板浮造りの高級感溢れるエクステリアへ変身させたい!
「ブロック塀をただ積んでおくだけ?!」杉板打ち放しがあなたのお家のエクステリアに。 before ブロック塀にモルタルで下地を作る。

ブロック費用1.jpg after 何の変哲もなかったブロック塀が高級感溢れる杉板仕上げに!
 ぜひ一度、ご相談ください。

 

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※打ちっ放しブロック塀工法(愛知・岐阜・三重)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※実績等、詳細はこちらをご覧ください。→http://www.ito-syouten.com/rc/case/

「『リフォームでも新築でも』が強み!|打ち放しブロック塀工法」2019/03/26 update

「『リフォームでも新築でも』が強み!|打ち放しブロック塀工法」

※「リフォームでも新築」が売り!中身はブロック塀(ブロック塀診断士などの専門家のアドバイスをお勧めしています)、見た目は打ち放しコンクリート。今、エクステリア界隈を揺るがす新工法。その名も、ブロック塀打ち放し工法

ブロック塀打ち放し工法

地震以来イマイチ評判が悪いブロック塀。

専門家(ブロック塀診断士;https://jpex.or.jp/shindansi)から言わせれば今更すぎて憤りを感じるという。

これまで業界団体としてその危険性を幾度となく行政など発注機関に陳情して来た。

あいにくその声は届かず一度事件(事故)が起きてしまってからの世間の評価は、

ブロック塀は危ない。

業界団体の心情を察するに余りある。

事実、ブロック塀は適切な施工さえしておけばまるで安心の工法。

メーソンリー(組積造)は建築外構にとどまらず、

その適応範囲は建築本体や土木インフラにまで幅広い。

そんな、ブロック塀。

通常は壁材や塗材が表面をコーティングすることで意匠性を得て来た。

その表面が「打ち放しコンクリート」になる。

そのアドバンテージとは?

6CA881CE-E842-41EF-9FD3-CB21A0BB724D.jpeg

※施工され数年経過したブロック塀に打ち放しコンクリートの表情を再現できる。つまり、リフォームでも適応可能。

07125760-41A5-4323-9D3F-632876A06232.jpeg

※仕上げは通常のパネコート打ち放しにとどまることはない。写真の杉板模様やラーチ合板、普通ベニアなど多様な型枠の模様を再現することができる。

とにかく、早い。そして、自分でできる。そして、失敗(補修)が無い。

通常の打ち放しコンクリート擁壁と比べればそのアドバンテージは一目瞭然。

組積造の強みはなんといってもスピード感。

ベースを作ってただ組み立てて行くだけだから1日に100〜180個のブロックをひとりの職人が組み上げることができる(ブリックスペーサーhttp://brickspacer.com/)。

これは、生コン打設に望むべくも無い性能。

そして、安さ。

杉板ほか特殊型枠では難しいものの、

通常のパネコート打ち放しであればDIYも可能。

つまり、自主施工ができるということは強みのひとつに挙げられる。

外部に発注する必要がないのだから直接工事費を圧縮できる。

そして、失敗(補修)が無い。

生コンを現場で成形する打放し擁壁の場合不可避なのが、

じゃんか、コールドジョイント、ひび割れ、ピンホール他の施工不良。

下地を作って再現(描く)だけなのだから、

失敗があり得ない。

(仕上げの好き嫌いはあるにせよ)

つまり、新築でもリフォームでも打ち放しブロック塀工法は、

早いの安いのうまいの

を実現。

この度動画も完成しいよいよプロモーションを強める。

この工法が多くの建設関係者に多くの笑顔を届けることを知っているから。

広がる、生コンでいいこと。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※打ちっ放しブロック塀工法(愛知・岐阜・三重)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※実績等、詳細はこちらをご覧ください。→http://www.ito-syouten.com/rc/case/

「こども施設の舗装にどうなの? 子供が裸足で遊べる透水性コンクリート」2019/03/26 update

「こども施設の舗装にどうなの? 子供が裸足で遊べる透水性コンクリート」

「バスケットコートを自宅に」と並んでこのところ多くの声が寄せられる質問「保育園での利用」はまさに透水性コンクリートの十八番。子供が裸足で遊べるコンクリート舗装の理由とその応用について http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_360.html

子供が裸足で遊べる透水性コンクリート

AE5B596B-1073-47EE-957F-DA42DF8B8783.jpeg

※大分県を本拠地とする森友会(http://sinyukai.com/)の保育施設で採用された透水性コンクリート

17EA3384-6199-4251-A213-75CF78768A93.jpeg

※大分市のこの現場がきっかけとなり幼保施設からの問い合わせがやまない。

こども施設の舗装にどうなの?

えびちゃんが使ってる化粧品みたいなものだろうか。

「あの森友会の保育施設で使われてるんだって?」

みたいな現象なのだろうか。

このところこども施設からの透水性コンクリートの問い合わせがやまない。

森友会(しんゆうかい)は若き理事長立山さんが率いる幼保施設グループ。

その広がりは幼保業界にとって新しい息吹となっている。

こども園界隈も生コンに負けず劣らず保守・閉鎖的な業界。

そんな常識に果敢に挑戦し今業界では知らない人がいないほどに成長している森友会グループに採用されたとあってか、

こども施設への透水性コンクリートの検討が広がっている。

「バスケットコートを自宅に」

と並ぶほどの「よくある質問」になりつつある。

ところで、透水性コンクリート。

どの点がこども施設にとって有益なのだろうか?

路面温度

よく知られているように透水性コンクリートの路面温度はアスファルトに比して10度以上も低い。

さらに、水を通すための空隙(くうげき)を含めると、非常に広い表面積が吸収した水が蒸発した時に奪われる気化熱効果によって路面温度は意図的に下げることができる。

打ち水をすると路面温度が下がることは知られている。

透水し保水し表面積の大きい透水性コンクリートの温度は下がることは想像に難くない。

こどもが裸足で遊べるコンクリート舗装

といえば分かりやすいだろう。

事実プールサイドに利用されることもある透水性コンクリート。

打ち水しなくとも歩ける程度にしか熱はあがらない。

歩行の安全性

水を透すということはつまり水はけを考えなくてもいい。

このことで得られるもう一つの価値が、

水勾配(スロープ、傾斜)

がなくなる。

完全にフラットな地面が実現するということ。

不自然に傾斜をつけた舗装は歩行にとってストレスを与える。

さらに、ゴムチップ舗装との併用によって転倒のリスクも軽減される。

7868BB9C-95F6-4CDA-B32E-173DBCF035BC.jpeg

※ゴムチップ舗装(http://nishimura-jushi.co.jp/publics/index/55/より引用)は透水するため、下地が透水性コンクリートであれば雨天時も水たまりはできない

雨の日直後からこども達の矯正が園に溢れる。

ほかの舗装で想定される環境ホルモンの問題の忌避や自然環境全般における効果も知られている透水性コンクリート。

これまでも総論では普及が期待されていたが、

今全国の生コン工場というものづくりの現場でこの製品が普通に製造されるようになってきた。

こども施設も全国どこにでもなければならない存在。

それと同じくらいどこにでもなければならない生コン工場。

その点と点が結びつく。

すると、こども達の笑顔が生まれる。

そんな素敵な夢が見れるようになってきた。

立山さん(森共会理事長)に見出され、

おかげで多くの問い合わせをいただくようになってきた。

こどもの未来を考えたら、やっぱり選択肢として検討すべき舗装。

透水性コンクリート。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※愛知・岐阜・三重のドライテック(透水性コンクリート)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知・岐阜・三重のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「命名!その名は、打ち放しブロック塀工法」2019/03/25 update

「命名!その名は、打ち放しブロック塀工法」

エクステリア界隈を騒がす新工法。早いの、安いの、うまいの、全てが揃った打ち放しコンクリートの擁壁。中身はブロック塀(ブロック塀診断士に適切なアドバイスを受けることをお勧めします)。CBRC工法改め、まんまの命名!その名は、打ち放しブロック塀工法 http://www.nr-mix.co.jp/rc/blog/_cbrc_2.html

命名!その名は、打ち放しブロック塀工法

CBRCという名前で地味にやっていた工法。

CB(ブロック塀)

なのに、

RC(鉄筋コンクリート)

ということでいつしか内輪で利用されていたその名前。

エクステリア工事業の皆さんに見出され、

今エクステリア界隈を賑わせている。

なぜか?

それは、通常打ち放しコンクリート擁壁は非常に難が多い工法。

ベースを生コンで打設し、

その上に鉄筋を組み上げ、

型枠で挟む。

それから生コン打設(雨の日には延期となる)、

養生期間を経て、

脱型(だっけい)。

型枠を外してゾッとするなんてことも!(ひび割れやじゃんかコールドジョイントは不可避)

そんな、遅いの、高いの、汚いの、を地で行く打ち放しコンクリート擁壁の呪いから解放される。

CBRCじゃわかりづらいじゃん!

ということで、命名!その名は打ち放しブロック塀工法!!

8648EC97-90BA-4E7B-8A39-CCD4211DAA5F.jpeg

※誰がどう見てもふつうの打ち放しコンクリート

C94F5F1F-C2DA-4F7A-8C40-D00F5C61169D.jpeg

※少し離れてみると、おやおや

C1A0D4FF-92B1-4C0F-90AB-F9ACED6BBA47.jpeg

※ここまで離れればもうお判りのように

0FBF501F-CD7A-48D3-AFD7-0C1EB8C1E6A3.jpeg

※これは打ち放しコンクリートではなくて単なるブロック塀(後ろにあるのは本当の打ち放し)

全国各地で開催されている体験プログラム

受講すれば今日から、明日から。

道具と材料が手に入り、

この新しい現実が動き出す。

もう、型枠を外してゾッとしたりなんかしない。

生コンでいいことが始まっている。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

 

※愛知・岐阜・三重コンクリート補修の伊藤商店の実績を見るなら→http://www.ito-syouten.com/rc/case/

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修の事なら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

「打ち放し模様の外構に変わるだけで高級感が沸く|打ち放しブロック塀」2019/03/25 update

「打ち放し模様の外構に変わるだけで高級感が沸く|打ち放しブロック塀」

「やっぱり打ち放しって素敵ですね」の声。 今回もブロック塀をコンクリート打ちっ放し模様に美装してほしいとのご要望。打ちっ放し模様の外構に変わるだけで高級感が沸く。

やっぱり打ち放しって素敵ですね

ブロック塀

なのに、

打ち放しコンクリート。

今、この波がエクステリア業界を席巻している。

ブロック塀

大阪の地震以来イマイチ評判がよくないが、

適切な施工さえきちんとしておけば非常に頑丈なブロック塀。

古来この工法(メーソンリー)は建築外構に限らずあらゆる構造物に適用されてきたことはあまり知られていない。

(※身近なブロック塀診断士にご相談ください→https://jpex.or.jp/shindansi

そんな、ブロック塀。

基本、表面は壁材などなにかしらで仕上げることが一般に知られている。

5774D0D9-7F7C-4B32-89D2-E618A362ABB7.jpeg

※Google画像検索よりインよう。こちらは仕上げされていない写真が大半だが

そんなブロック塀が打ち放しコンクリートになるとしたらどうだろう?

今回の実績は愛知県の伊藤商店さんにご相談が寄せられ実現したもの。

型枠を組んで鉄筋コンクリート。

手間も費用もかかるし、

綺麗な打ち肌になる保証はない。

それが、打ち放しコンクリートの現実。

それなら、最初から「描いちゃえば失敗することないじゃん」という発想。

型枠組んだり鉄筋組み立てたりする必要もない。

工期は短縮する。

きちんとしたメーソンリーであれば倒壊する心配だってない。

C8E41562-76BC-4B9B-91FB-59EF05F408C5.jpeg

※お施主様から「やっぱり打ち放しって素敵ですね」とご好評いただく。

打ち放し模様の外構に変わるだけで高級感が湧く。

生コンポータルの、生コンでいいこと。

今、多くのエクステリアシーンで多くの感動を生み出している。

広がる、生コンでいいこと。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

 

※愛知・岐阜・三重コンクリート補修の伊藤商店の実績を見るなら→http://www.ito-syouten.com/rc/case/

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修の事なら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

「とくダネ!に続き今度はバンキシャ!|透水性コンクリート」2019/03/25 update

「とくダネ!に続き今度はバンキシャ!|透水性コンクリート」

採用がやまない。30年もの長きに渡って総論では「透水性コンクリート利用すべし」となっていたものの、各論はまるで整備されてこなかった。全国の元気な生コン工場の連携に端を発しとくダネ!に続き今度はバンキシャ!

とくダネ!に続き今度はバンキシャ!

『真相報道 バンキシャ!』は、日本テレビ系列で2002年10月6日から毎週日曜日18:00 - 18:55に生放送されている報道番組である。 ウィキペディア

さあ、いよいよ夕方のニュースで取り上げられることになった。

透水性コンクリート「ドライテック 」

ちょうど韓国に出張している最中に取材依頼が寄せられ、

見事「なに言ってるかわからない」でお馴染みの、

渡辺正貢さん(ホームページと組織の中でぷかぷか浮いてる人)

がバンキシャ!に取材を受けることになった。

C7CCB0D8-034C-4097-8A31-419EF1317B3F.jpeg

※写真からだけでも「なにを言っているかわからない」様子がよくわかる(渡辺正貢氏)

当社生コンポータルの情報発信は非常に重要な施策となる。

その意味でここはふさわしい人物が対応し的確に情報を提供するべきなのに、

これはある意味挑戦なのかもしれない。

バンキシャ!の取材力を試しているのか。

それとも単なる自殺行為なのか。

結果は、今週の日曜日(明日9月2日)18:00〜放映されて以降にしかわからない。

C1387496-09E8-4AB5-B65D-5BBA34A65B34.jpeg

※機転を利かせてお施主さんへのインタビューをしていただいたのはさすがプロの仕事(こちらの土間コンは透水性コンクリートを知らなかった時に施工したもの。「知っていればドライテックにしたのに」はお施主さんのコメント)

A8AEF972-1802-486E-8654-4BB027A98EE3.jpeg

※完成直後の写真。バスケットの練習をするのに平ら(フラット)にできる透水性コンクリート(土間コン)は究極の選択

2F971844-943A-4F22-A55E-7BE9B9F8D3D4.jpeg

※こちらはまた別の現場の施工直後の写真。BBQなどをやるのに最適なスペースが出来上がる

日本全国どこでも0.5m3(4m2〜程度)から生コン車で届く

よくある質問が、

「うちの地域は透水性コンクリート届くの?」

という声。

たしかに一見なじみの薄い新製品のように思える。

実は生コンポータルの歴史は15年に及ぶ。

15年間せっせと日本全国のどこかの地域で透水性コンクリートを届け続けてきた

よく言うだろう。

テレビで放映された影響で突如行列ができる食堂。

その行列に常連さんは嫌気がさして店から離れる。

ミーハーの行列が去った数ヶ月後には食堂に閑古鳥が鳴く。

そんな現象。

安心してほしい。

生コンポータルの透水性コンクリートはそんなにやわじゃない。

15年で蓄積した経験は分厚い。

全国供給実績のある工場(または連携先)は200工場におよぶ。

もちろん、実績のない地域でも生コン工場さえあれば供給は可能。

だから、いつでもどこでも供給可能。

もしも10年前にバンキシャで報道されていたら。

「でも、施工できる地域はほんとごく一部にかぎられてるんです」

と言うことで視聴者に見限られていたことだろう。

このところ採用目覚ましい透水性コンクリート。

変化というのは一気に訪れるものなのかもしれない。

いよいよ整った。

全国どこでも0.5m3から生コン車で届く

つまり、次世代の土間コンは透水性コンクリートの時代。

はじまる、生コンでいいこと。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※愛知・岐阜・三重のドライテック(透水性コンクリート)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知・岐阜・三重のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「全国の元気な生コン工場が可能にした夢|透水性コンクリート」2019/03/25 update

「全国の元気な生コン工場が可能にした夢|透水性コンクリート」

千葉県稲毛区は以前にも施工を行っている「エクステリア元」さんより仕上がり写真頂きました。ますます広がる透水性コンクリートの共感の輪。どうして今透水性コンクリートなの?

以前にも施工を行なっているエクステリア元さん

千葉県のエクステリア業。

「エクステリア元」

僕たちに施工写真をわざわざお届けくださった。

その当の僕たちはどこで操業している生コン屋さんかというと、

静岡県

千葉県と静岡県。

時代は変わったものですね。

専門業者のかたなら分かる。

ありえない。

静岡の生コン工場と、

千葉のエクステリア会社が取引をする。

生コンの?

そうです、生コンの取引です。

普通じゃ考えられないですよね?

それが今や、

業界のあたりまえ

になりつつある。

1時間30分の壁

一般には知られていないけど生コン業は超地場産業。

そのいくつかある理由の中に、

1時間30分の壁

というものがある。

壁。

いや、道路の途中とかに生コン車が通れなくなる文字通りの「壁」があるわけじゃない。

製品特性として、

1時間30分以内に荷下ろしを完了しなければなりません

という鉄の掟がある。

(JIS A 5308)

このため、どんなに生コン車をかっ飛ばしたとしても(法定速度を遵守した上)静岡県の生コン工場にとって千葉県のエクステリア会社さんは顧客になりえなかった(アクアラインを使ったとしても!)

じゃあ、なんで千葉のエクステリア元さんが、静岡の生コンポータルから生コンを購入するの???

全国の元気な生コン工場が可能にした夢

1時間30分の壁を取り壊す。

63A5C764-1A4E-48B9-9B79-5C6DB1333070.jpeg

※生コンポータルトップページから引用。元気な生コン工場の共感の輪は全国に広がる。その数200に迫る

秘密はこれ。

もちろん、物理の法則から考えて静岡から千葉は生コンは運べない。

そこを取り壊すんじゃなくて、

静岡や千葉も含めて、日本全国の「元気」で「前向き」な生コン工場で、

新しいことに共感する生コン工場の連携。

静岡の生コン工場に共感する、

千葉の生コン工場から経由して、

千葉のエクステリア会社が生コンをご購入する。

40A33617-6F40-4DE2-B790-A34D7DD4090F.jpeg

※完成写真をお送りいただきまして誠にありがとうございます!

全国の元気な生コン工場が可能にした夢。

それは、ITでもできなかったこと。

どこかのあたりまえが、

それ以外のどこかでもあたりまえになること。

どこかの生コンでいいこと。

それは、日本はおろか世界中でも生コンでいいことになる時代。

透水性コンクリートは近く土間コンのあたりまえになります。

転載元:宮本充也(長岡生コン)ブログ

※愛知・岐阜・三重のドライテック(透水性コンクリート)のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知・岐阜・三重のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

このページのトップへ