スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「デメリットをきちんと説明する|水勾配のいらない土間コン」2018/04/09 update

「デメリットをきちんと説明する|水勾配のいらない土間コン」

HPを見てDRT問い合わせ。群馬県。現場はいろいろあり、群馬県内や埼玉北部。勾配がとれない顧客の自宅があって、ネットで調べたら生コンポータルを見つけた。

デメリット→見た目・土間コンクリートよりも少し高くなる

メリット→水勾配が必要ない・施工が早い・クレームになりづらい・クラックが見えにくい・目地が少なくて済む・メッシュ不要


群馬県の手広くエクステリア・外構を展開されている企業の方からご連絡があった。

以前より水勾配のいらない土間コンに関心があり、

実際にご連絡を頂戴することになった。

今後自社案件の多くに提案を予定しているということで、

常連さんになっていただけそうな問い合わせ。

そんな真剣なお客様のご意見を今回はご紹介したい。

販売する僕たちは「いいこと」ばかりを強調する。

それは、ごめんなさい、しかたないことです。

だって、いいことと信じてないひとから買いたくないでしょ?

でも、実際は「いいことではないこと」と思われている部分もある。

あばたもエクボ

なんてことわざもあるけれど、

ある人にとってはいいことでも、

別のある人にとってはいいことではない。

だから、お客様からのお声は真摯に耳を傾けて、

謙虚に受けとめる。

これ、結構難しいことだけれど、大切なこと。

サプライヤーとして、

デメリット

を前面に出すことはできるだけ避けたい。

けど、今回はあえてそうしたいと思う。

◆デメリット→見た目・土間コンクリートよりも少し高くなる

◆メリット→水勾配が必要ない・施工が早い・クレームになりづらい・クラックが見えにくい・目地が少なくて済む・メッシュ不要

・見た目

・少し高くなる

実際にお客様はそのように感じていらっしゃる。

これは真摯に受け止めなければならないだろう。

実際に材料は通常の生コンよりもお高い。

その分、

「メッシュいりません、施工時間が飛躍的に短くなるから作業手間が圧縮できます、周辺排水設備の軽減ができますetc」

補ういいことを僕たちは一所懸命お伝えする。

けど、お客様の判断は場合によっては、

「少し高くなる」

ということもあるのだからこれは事実。

見た目もそう。

「透水性コンクリート」

と名乗るためには表面が水を通す構造になっていなければならない。

だから、砂利(粗骨材)だけで構成されているペーストのない土間コン表面になる。

「だって、仕方ないじゃないですか、水通すためには」

「洗い出しっぽくていいでしょ?」

みたいにこれもその部分を補おうとするコメントをお伝えする。

けど、「見た目が嫌い」と言われたら、

それはデメリットでしかない。

何事にもデメリットというのは必ずある。

デメリットをきちんと説明する。

こういった態度が供給者としての誠実さにつながるのではないか。

なによりもこちらのお客様はこれから標準的に僕たちの水勾配のいらない土間コンを指定してくださるというのだから!!

デメリットをきちんと説明する。

その上で、メリットと比較検証していただいて、

きちんと採用していただく。

こうすればあとあと

「こう思ってた」

「こんなはずじゃなかった」

みたいな無用なトラブルを避けることができる。

デメリットを前面に出す。

すごく怖いことだけど、

もしかしたらこれはじつは近道なのかもしれない。

生コンでいいこと。

いつも勉強になります。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「専門家よりも詳しい素人|水勾配のいらない土間コン」2018/04/09 update

「専門家よりも詳しい素人|水勾配のいらない土間コン」

千葉市、元々芝のお庭。駐車場整備を計画をしたところ、土間コンの場合水勾配が必要となり、奥まで行くとブロックより高くなってしまう(20センチ以上上がってしまう)ため、ネットで生コンポータルにたどり着いた(検索は「透水性」)。本日の施工業者様も初めてでしたが、「これからも使いたい」との事でした。

嬉しい悲鳴という慣用句があるけれど、

今まさに生コンポータルはそんな状態。

毎日数件のご連絡を、

「WEBを見て」

お寄せいただいている。

なかでも最も多いお問い合わせが、

透水性コンクリート「ドライテック」

に関すること。

最近ではいわゆる専門家ではない人も様々に調べる手立てを得た。

ググる

逆に専門家の方がこの手段を講じない場合が多い。

どこかでインターネットのことを見下しているというか、

インターネットで得られた知識というのは、

「お遊び」

または、その延長線上だという固定観念。

どこかにこびりついているのかもしれない。

これだけ情報発信をしているのにもかかわらず、

専門家の企業からトンチンカンな問い合わせをもらう一方、

いわゆる一般消費者の方からはかなり的を外さない質問が寄せられる。

今回の現場もそのうちのひとつだ。

C36F2B88-533A-4AAA-A048-004DF9DCEB84.jpeg

※施工開始状況

6791BEE0-3983-42EA-873A-36439279A9F3.jpeg

※これまたあっという間の完成。

専門家よりも詳しい素人

専門家は固定観念に縛られている。

「そんなもんは無理」

決めてかかって、ろくに調べようともしない。

調べる手段は、

ぐぐる

ではない。

仕入れ先の専門家(エクステリア資材メーカーとか商社)の話しか聞かない。

インターネットに書いてあることはそもそも、

仕事ではないものとして存在を位置付けている。

だから、得られる情報も限られてしまう。

僕も含めてこんなことってないだろうか?

そして、ふとした隙間に、

専門家よりも詳しい素人

そんな存在に出会う。

千葉市、元々芝のお庭。駐車場整備を計画をしたところ、土間コンの場合水勾配が必要となり、奥まで行くとブロックより高くなってしまう(20センチ以上上がってしまう)ため、ネットで生コンポータルにたどり着いた(検索は「透水性」)。本日の施工業者様も初めてでしたが、「これからも使いたい」との事でした。

インターネット。

20年前はもしかしたらテレビゲームの延長線上として、

もしかしたら娯楽の一種として捉えていた人もいたと思う。

今や、ビジネスの必携ツールとなっている。

セメント・生コンのような分野だとどうしても流動性が低い。

従来の流通体系の枠外を最初に否定する向きもある。

そのため、70年前と基本それほど変わらない生コンクリートを未だにせっせと製造している。

セメントも似たようなもん。

専門家よりも詳しい素人。

これからぼくたちものづくりのプロはこうした人たちの目にさらされることになる。

僕はこれをポジティブに捉えたい。

素人さんの目が肥える。

ぼくたちも今までと同じことをしていたら選ばれない。

だから、努力する。

そして、よりよい物作りがうみだされる。

生コンでいいこと。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「お隣のコンクリートにはひび割れ出てないじゃないのよ2018/04/09 update

一般の人でもきっと知っている。

コンクリートはひび割れる。

これは事実だ。

ただ、自分の家(新築)の基礎や駐車場土間コンに発生したひび割れに対してはそんな寛容な姿勢ではいられないだろう。

ついつい感情に火がついちゃう。

業者さんやわれわれ専門家の説明にある、

「コンクリートはその性質上ひび割れるものなんです」

理屈言われても感情がそれを覆い尽くす。

「だって、だって、お隣さんのコンクリートにはひび割れでていないじゃないのよ

「生コン屋さんの真砂土|新製品」2018/04/07 update

「生コン屋さんの真砂土|新製品」

真砂土

真砂土舗装

これ、DIYやガーデニングで超絶人気を誇っている。

きっと一般にも、

もしかしたら「生コン」よりも「真砂土」のほうが浸透しているのではないか。

試しにググってみた。

AA8E7ED5-CA31-4F6B-8294-E60BC340061A.jpeg

※276万件(今日は札幌に来ているためローカル表示となっている)のヒット、

比して、真砂土。

045E30FC-B467-42BA-8137-69F1E8D70D85.jpeg

※33万5千件のヒット。「生コン」に軍配があがる。というよりも、検索2番手に生コンポータルがあることに驚き

とまれかくまれ、

真砂土は人気がある。

いまいちぴんとこないと思うのでその他の資材と比較してみよう。

それでは、僕たち建設従事者であればわかる舗装材。

インターロッキング舗装

32243118-2978-4687-A754-DA5B449F65D7.jpeg

※あの、メジャーな舗装、インターロッキングに真砂土は10万件ほどの水を開けている。すごい。

というわけで、真砂土の凄さは伝わっただろうか。

土を原料にしているので環境に調和する。

目にも優しい。

保水性もあるし、

草も生えない。

だから、DIYなんかでは非常に重宝される。

そんな真砂土を生コン屋さんが作ってみた。

真砂土の欠点をいくつかあげたい。

・小ロットで少しずつ施工するため時間がかかる。

※これがDIYの醍醐味かもしれないが

・土系舗装全般的に耐久性が低い。すぐボロボロになってしまう

あれ、あんま出てこないぞ。

すごいな、真砂土舗装。

だから、めちゃくちゃ人気なんだね、真砂土舗装。

そんな、真砂土舗装(あるいは真砂土よりも高性能な舗装材)を生コン屋さんから届けられないだろうか?

そんな意図で当社生コンポータルでは実験を実施してみた。

ご存知実験担当柳川さんの手による実験レポートである。

3AAEC288-FCD4-4D80-B098-C95C5CA2D7B5.jpeg

※2サンプル作成、右のほうがいい感じ。水量の違いによる差

原料は再生骨材とエコセメントと水。

全て再生原料でできているのが特徴。

真砂土を意識するためには茶色系の顔料の配合が必要だと思う。

実証実験の際には顔料を入れて製造してみたい。

真砂土に比べて何がいいって、

コンクリートの持つ耐久性

つまりボロボロになってしまうってことがない。

また、生コンプラントで製造するので、

0.5m3〜

の大きなロットでお届けできるので、

家の周りの舗装整備くらいならあっという間に終わらせてしまう。

なおかつ、仕上げがなくて転圧だけでOK

平坦性だけとってあげればあとは叩くだけで終了。

施工が超簡単だからDIYでもいける。

※水を吸い込むし保水もする。だから、環境温度の低減にも有効

うーん、これ、なんかいける気がする。

これまでも数多くの製品を生み出し、

「これ、いける気がするぞ」

てな感じでリリースしてきたけれど、

結果的に残るものは非常に少ない。

勘違いかもしれない。

けど、挑戦する価値あるかもしれない。

実際作るのは超簡単。

しかも、生コンの市場はますます限られてきていて、

活路を見出すといえばもう舗装の分野くらいしかないのだ。

生コン屋さんの真砂土

誰かが喜んでくれるかもしれないなら、

ちょっと頑張ってみようか。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

「他の支店のものにも受けさせたい|生コンでいいことセミナー」2018/04/07 update

「他の支店のものにも受けさせたい|生コンでいいことセミナー」

※会場近くで見かけた満開のさくらの木

CPDS4ユニット。

響く人と、そうでない人。

公共発注の建設現場を管理する方には届く。

昨日の仙台は10名以上のご来場があったが、

その中で4名の方がCPDSセミナーとしての受講をお望みだった。

※最近間を掴んで来たような気がしている。

どんな講習をしているかというと、

最近建設現場でも少しずつ話題になってきている、

・残コン(生コンのゴミ)

について全国各地の状況報告ならびにソリューション紹介。

・水勾配のいらない土間コン

ということで、

生コンがみなさんにとって迷惑なものであることの象徴としての土間コンの現状と、

その土間コンの常識を覆しかねない技術、

透水性コンクリートの技術と実績の説明。

そして、

・打ち放し色合わせ体験プログラム

実際に道具と材料を手にとっていただき、

まさか自分が色合わせ技能者になるなんて想像もしなかっただろう。

打ち放しコンクリートの表面のマーブル模様を、

人工的にパネルの上に模造するという技法の体験。

主に、上記3点が主軸となって、

プログラムは進行する。

A4FE9CC5-EDE0-4E01-89BC-164BD566A879.jpeg

※座るだけじゃない、立ってコミュニケーションしながら楽しいセミナー

09D9B4DB-C53C-4275-B02F-C72CA8F96639.jpeg

※GNN(元気な生コンネットワーク)でご縁のある立石コンクリート佐藤工場長と

C09E737F-229F-4568-954E-53D5ABD3D2F9.jpeg

※生コン工場の技術者の方にも打ち肌の再現を体験していただく

生コンに関する共感から始まる。

生コンって、ああだよね、こうだよね。

担い手の僕たち生コン工場としては耳の痛いことばかりだけど、

実際生コンというものは面倒がつきまとう。

出来合いの製品を工場で組み立てるのと違う。

鋳型(型枠)にドロドロの生コンを流し込んで現場で成形する。

この難しさは建設従事者でしかわからない。

これを管理するということは至難の技なのだ。

大勢の人たちの協力なくしては果たし得ない。

そんな、生コンでいいこと。

「他の支店のものにも受けさせたい」

そう言ってお帰りになった建設会社の方もいらした。

これ以上ないお褒めのおことばだ。

ありがとうございます。

全国主要6都市で毎月開催しています。

毎月。

なにがあっても、毎月開催。

いつしかそこがその地域の建設と生コンをつなぐ「場」になるように。

生コンてやっぱりローカルなもの。

だから、その場所その場所で特殊な成長や発展がある。

だから、全国主要都市で必ず開催する。

生コンでいいことセミナー

毎月だから、必ず集客がうまくいくとも限らない。

でも、つづける。

続けることがとても大切な気がしている。

生コンは建設に携わる人であればきっと必ず関係する。

そんな生コンでいいことを提供したい。

それはきっと建設にハッピーを届けて、

社会インフラにもハッピーを届けて、

絶対社会貢献につながると信じている。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

「行きたいけど工場開けられないし!2018/04/07 update

「行きたいけど工場開けられないし!

・WEBビデオ講座だから自分の都合で学習できる ・森先生とGNN工場のエキスパートから即回答。いつでもWEBで質問を受け付け ※参加者には別途Facebookアカウントまたはmessengerアカウントをお作りいただきます

いよいよ5月に迫ったGNNアカデミー。

締め切りは特に設けてはいない。

なぜなら、リアルに受講できるアカデミーでありながら、

ビデオ講座(全70時間)というサービスも併設。

「行きたいけど工場開けられないし!

転載元:宮本充也ブログ

「昔はドラムの中に人入ってたらしいよ|全自動はつり」2018/04/07 update

「昔はドラムの中に人入ってたらしいよ|全自動はつり」

言うまでもないこと。

ドラム内部はつり作業はこの世の中からなくなった方がいい

誰も否定しないと思う。

経験したことのある方ならわかる。

僕にもわかる。

定期的にやっている人はもしかしたら無感動になっているかもしれない。

生コン車のドラムの内部の固着コンクリートのはつり作業。

なけりゃいいに決まっている。

けどなくならない。

なくそう

そのように実際に考えたり行動に移した人はどれほどだろうか。

岡山の生コン工場。

白石建設は動いた。

国内大手トップメーカースギノマシンの共感を得て。

作り上げた。

ドラム内部はつり作業はこの世の中からなくなった方がいい

願うだけじゃなくて実現させた。

形にした。

前回のGNN四国でそのプレゼンが行われた。

3E3D6258-7177-4D6B-8B63-C3848E06FAB2.jpeg

※全自動はつりマシンの外観

7AB44328-21BC-4748-A911-73FB8318F0B9.jpeg

※詳細図面(スギノマシン提供)

EFFBA777-25E0-4F58-A592-0C7D54B5A43B.jpeg

※先端から高水圧が噴射され固着コンクリートを切断(はつり)する

90FEE7F0-FF8E-486F-9EC4-BCBB9EE4CF17.jpeg

※施工風景の写真。ドラム内部で高水圧がコンクリートをはつり取っている

B70682F1-6201-4E06-8C49-428A6F5465C3.jpeg

※無人で「あっ」と言う間にあの「はつり作業」が完了しちゃう

前回GNN22回ではその概要が示された。

次回GNN23回長野ではその姿がお披露目予定。

これまでみんなに忌み嫌われながらも、

誰もが行動に移さなかった分野。

生コン産業の闇

ドラム内部のはつり作業

もう、なくなる。

将来の生コンパーソンは、

「昔はドラムの中に人が入ってたらしいよ?」

そんな風に話題になっているのかもしれない。

昔は電気や水道がなかったのと同じように。

ただただ糊口をしのぐため。

生きていくため。

いやいや仕事をする。

お金稼ぐため。

そんな仕事生産性は高くなるはずがない。

やっぱやるからには挑戦したい。

社会貢献したい。

誰かの役に立ちたい。

このプロジェクトを見ているとそんな仕事の原点を思い出させられる。

転載元:宮本充也ブログ

「長年の習慣を変える|残コンスラッジ処理システム」 福井2018/04/07 update

「長年の習慣を変える|残コンスラッジ処理システム」 福井

長年の習慣を変える。

生コン工場にとっての長年の習慣。

残コンスラッジ問題については後回ししてきて、

長年工程に組み込まれているからもはや無感動。

終業時の残業や作業。

翌朝が休日だったら休日出勤を誰かが担う。

大量に余った残コンなら翌朝1時間以上かけて砕く。

騒音や振動で近隣とも微妙な関係。

「もともとはこの辺うちしかなかったんだから」

そんな風に嘯いてみる。

残コンならまだいい。

洗浄水のピットのそこに溜まったスラッジ。

2週間もすればピット満タンに溜まって、

それをホイルローダーで書き上げて天日干し(乾燥曝気)。

乾いた頃合いを見計らってコンクリートガラ(残コン)とともに廃棄。

濡れていると「これじゃうけとれませんね」なんて拒絶される。

今はまだいい。

先々もいいという確証は得られない。

けれど変えられない。

今はまだいい。

毎日の仕事に追われている。

けれど、ある日突然、それはやってくるかもしれない。

0BF457FD-D2F5-4B4A-A1E3-78ABCBB80870.jpeg

※残コンスラッジ処理システムの導入を始めた協立生コン(福井)

6EFC28D8-0514-46B7-A028-7E0B057EA7D7.jpeg

※変化を決断した。青い空はますます青く

3C6301CC-9223-4D17-9DDD-C9B118B8183D.jpeg

※ホイルローダーでの改質実験

A92B19AB-B05C-4569-937C-E11DE8A14479.jpeg

※仕上がりのチェック。残コンとスラッジに新しい用途が与えられる(川端工業中村社長協力)

習慣を変える。

僕たちにもわかる。

一旦出来上がってしまったプロセス。

いいとか悪いとかではなくて、

そのプロセスを変化させるのに対してはストレスがかかる。

それはよく理解できる。

そのプロセスのゴールが決してハッピーではなかったとしても、

今はまだなんとかなる。

そのプロセスは変化を拒む。

経営者も実務者も変化を拒む。

新しいプロセスへの変化そのものを否定する。

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_248.html

たった数日前当社を訪れたばかりだ。

ただ、訪れる決断をするまでにとても長い検討を繰り返したそうだ。

なにが自社の残コンスラッジ問題解決に有益なのか?

自問自答を繰り返した。

そして、訪問からは早かった。

近隣には川端工業の事例もあった。

これから新幹線需要が到来する。

その時に今のままのプロセスで耐えきれるのか?

残コンスラッジ解決策共同研究の輪が広がっている。

今の形がゴールではない。

日々、実務を通して改善が繰り返されている。

その輪のメンバーが多ければ、

その繰り返される回数はより多くなり、

より早く日本の残コンスラッジ問題は解決されることになる。

生コン工場のための。

残コンスラッジ処理システム。

その進化は止まらない。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

 

「土間コン打設でイラッとしたことがある」 千葉・見学会2018/04/07 update

「土間コン打設でイラッとしたことがある」 千葉・見学会

全国で開催されている見学会。

今度は4月5日木曜日千葉県。

「土間コン打設でイラッとしたことがある」

もはや無感動になってしまっているかもしれない。

ああ、そう言われてみれば面倒くさいね。

見学会やセミナーにご来場いただく方々のお声。

それだけ、めんどうくさい、が普通になっている。

それが、生コン。

だから、

「生コンでいいこと」

なんて言われても実感がわかない。

そんな土間コン打設に革命を起こしたい。

土間コン打設でイラっとしたことがある。それなら 夕方から打てる土間コン見学会 in 千葉 ~ この土間コンは水勾配もクレームもありません ~

メッシュ筋の配筋不要】生コンの注文と同じようにオーダーする透水性コンクリート

・【ブリーディングがない】打設後すぐ仕上げで施工は土間コンよりも楽!30分で全部終わり(住宅外構の場合)!!

・【ひび割れが見えづらい。色むらがない】クレームになりません!

・水勾配も考えないで水たまりのない土間コン!

・価格目安としては、3,300円/㎡(材料)程度(※詳細は説明会で)

・路面温度は10~15度低く夏場涼しくて快適

・その他とってもいいこと盛りだくさん

・日時 2018年4月5日(木) 9:30~11:00頃迄

・場所  千葉市若葉区小倉町868-35 ※参加費無料

・施工 エクステリア元 ※施工を体験していただけます

・出欠確認

出席 / 欠席

御社名       ご担当者       ご連絡先       

※いずれかに丸をつけてご返信ください。当日は生コン(残コン)にかかわるその他技術のご案内も併せてございます。

・返信先

FAX.  055-947-0052(生コンポータル 担当;まさつぐ)

生コンポータル まさつぐ(0120-582661)(090-3587-1825)

※お電話のお問い合わせはまさつぐまでお願いいたします

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

今回も実際の工事現場をお客様のご厚意により、

見学会会場

とさせていただくことになった。

土間コンなのに、

あっという間に全てが終わっちゃいます。

1日仕事じゃないので、午後に来ても何もみれません。

9時半スタートなので、

9時には来てください。

1時間遅れるともしかしたら全部終わっちゃってるかもしれません。

40m2程度の施工面積。

はじめての施工。

なのに、1時間で終わっちゃう。

そんな土間コンが今火のように全国で普及しています。

生コンでいいこと。

生コンポータルの価値です。

会場でお会いしましょう。

担当者はまさつぐです。

よろしくお願いします。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

「そのひび割れに困ったら|クラックスケール」 診断2018/04/07 update

「そのひび割れに困ったら|クラックスケール」 診断

素人さんでもできるコンクリート診断。

クラックスケールという便利な道具がある。

当社では名刺をクラックスケールにしてお配りしている。

これ、コンクリート診断の初歩中の初歩ともいうべき、

ひび割れ診断

の際に使われる便利道具。

実際のひび割れにクラックスケールを当てることによって、

そのひび割れがどのくらいの大きさなのか、

また有害であるのか、

または無害なひび割れであるのか、

コンクリート構造物のさまざまなことが知れる。

そんなグッズとなっている。

どんな使い方をするかというと、

透明なスケールに並んでいる細〜太さまざまな線と、

コンクリート表面に発生しているクラック(ひび割れ)を重ねる。

それだけ。

大きさが一緒の線のところの数字がクラックの幅。

そういうこと。

1164418D-F358-4F59-852C-AE85E1E8EE01.jpeg

※鉛筆で再現したクラック。これは太いところを計測したもの

9998EB58-4F8A-447E-AFC9-279816FCDC7D.jpeg

※こちらは細いほう0.05mmとなっている。これは無害なクラック

ひび割れは見た目あまりいいものではない。

ただ、コンクリートのひび割れは、

悪いものと無害なものがあるということは理解しておきたい。

なんでもかんでもひび割れが悪いもので、

それは全てクレームの対象ってなってしまうと、

コンクリートは怖くて施工できないのだ。

事実、コンクリートはひび割れるもの。

水が高いところがから低いところに流れるのと同じく、

コンクリートがひび割れるということは原則になっている。

だから、土間コンの上に発生したひび割れに闇雲に反応しなくていい。

冷静にクラックスケールなどを利用して対応していきたいものだ。

生コンでいいこと。

僕たち生コンポータルでは多くのコンクリート診断士とネットワークをしている。

そのひび割れに困ったら。

生コンポータル。

生コンでいいこと。

まずは簡単な診断で安心しよう。

ひび割れは怖くない。

転載元:宮本ブログ

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

このページのトップへ