スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「敷居が高いイメージがある」 鹿児島・コンクリート打ち放し・色合わせ・体験会

「敷居が高いイメージがある」 鹿児島・コンクリート打ち放し・色合わせ・体験会

敷居が高いイメージがある。もともと特殊技術なわけだから、一般にはちょっと近寄りがたいイメージがあるのかもしれない。もちろん杉板浮造りなどのような高度技術は、ごく一部の技能者しか請け負うことのできない領域。ただ、そんな上級者も最初は素人だった。打放色合わせの魅力に取りつかれたきっかけが必ずあったはずだ。

昨日は鹿児島と熊本で仕事してて、

今朝は岡山で目を覚ます。

今は白石建設堀木さんの車で京都に向かっている。

今夜は金沢で宿泊予定だ。

仕事の目的はいろいろあるけれど、

こんなに喜んでもらえるのもなかなかない。

コンクリート打ち放し色合わせ補修体験会のことだ。

コンクリート打ち放し色合わせ補修

僕自身10年以上携わっている事業。

ビジネスパートナーの伊喜さんと連携して、

日本中のコンクリート打ち放しで発生する悩みを解決している。

コンクリート打ち肌はお肌と同じように繊細。

特に打ち放しコンクリートに関していえば、

その審美眼は厳しくならざるを得ない。

土木・建築を問わず、

きれいな打ち肌

が求められる。

50年以上前から伝統のあるコンクリート打ち放し色合わせ

これは、打ち肌に現れたトラブルをなかったことにする技術。

職人技として知られ高度なスキルが要求される。

24201034_1102917609810570_82025907_o.jpg

※色合わせ体験会 in 鹿児島に駆け付けていただいたインターウェーブ倉橋社長

24169741_1102917603143904_688986720_o.jpg

※初めてにしてこの出来栄え、上々

敷居が高いイメージがある

もともと特殊技術なわけだから、

一般にはちょっと近寄りがたいイメージがあるのかもしれない。

もちろん杉板浮造りなどのような高度技術は、

ごく一部の技能者しか請け負うことのできない領域。

ただ、そんな上級者も最初は素人だった。

打放色合わせの魅力に取りつかれたきっかけが必ずあったはずだ。

そんなきっかけになれたらうれしい

僕もそうだし、倉橋社長もそう。

絶対僕なんかにはできない。

そう思い込んでいたけど、

プロのインストラクターに丁寧に教えてもらうとあら不思議。

結構それっぽく見える打ち肌が描けるから面白い。

この延長上に上級コンクリート色合わせ補修のスキルがある。

そう思うとなんだかやる気がわいてくる。

(もちろん、僕らはそこを目指すわけじゃないけれど)

打ち肌のトラブル

起こしたくないと思っていてもそれは突然やってくる。

そんな時に途方に暮れる。

ただ、そのトラブルを自分で解決できたらどうだろう?

このくらいの色合わせなら・・・

そんな風にしてその打ち肌のトラブルが解消できたら。

もちろん、大掛かりな工事の場合はそうはいかないものだけれど。

そんなきっかけを手にして参加者はとてもご満足いただいている。

全国キャラバンやってます。

そんな体験会を今日は京都で、

明日は金沢で、

来週は長崎で、、、

全国各地でやってます。

お近くの街で開催されることがあったら是非参加してみてください。

きっと何かを得ることができると思います。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

このページのトップへ