スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「どこに頼んでいいかわからない」 コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法

「どこに頼んでいいかわからない」 コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法

コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法、ありとあらゆるコンクリートにかかわることは実は生コン屋さんでもやってます。そして、コンクリート診断士がサポートしています。

三島と沼津の設計事務所を中心に19件営業訪問した。

ずいぶん久しぶりの訪問もあった。

駆け出しのころ新製品の売り込みにしつこく通った先ばかりだ。

そのころの貯金があるためいずれも歓迎してくれた。

当社診断業務、

「生コン屋さんとコンクリート診断」

は二見さんが管理する事業。

昨年から絶えることなく寄せられる診断業務。

「これは事業になる」

その実感とコンクリート診断士5名在籍(静岡県最大級)という強みを活かし、

来年度から本格的に事業を推進していく。

その下準備で主に構造系の設計事務所を中心に巡回した。

正直どこに頼んでいいかわからない

訪問先はいずれもそんな感想を抱いていた。

たまに発注機関からそんな要請を受けても、

どこに何を発注したらいいかわからない。

仮に分かったとしても今まで発注もしたことのない業者のため、

コミュニケーションコストを感じ問合せ自体を断ってしまう。

そんなこれまでの経験を伺うことができた。

つまり機会損失が多く有ったことを深く理解した。

シュミットやコア抜きのような簡単な業務でさえも

なにも高度な診断・調査のことばかりではない。

シュミットハンマーで強度推定をするとか、

コア抜きをして中性化試験を行うとか。

僕たちにとっては朝飯前の業務でも、

彼らにとっては誰に相談したらいいかわからない。

それが現実のようだった。

これはある意味目からうろこで、

実際に足を使って設計営業をしてみなければわからなかったことだ。

そしてそもそも思い出したのだが、

長岡生コンが診断業務のまねごとを始めたのも、

そんな「誰に相談したらいいかわからない」設計事務所からの問い合わせだった。

どこかの知らない診断士ではない

僕たち長岡生コンをはじめ、

地域の生コン工場は数十年にわたって、

その土地に根を生やして事業を行っている。

だから信頼もそうだけど、

なんといっても「出張費用」が掛からない。

地域の生コン工場の強みだ。

かてて加えて僕たちはその地域の材料のことから知悉している。

よそ者の調査会社に依頼するよりもよっぽど精度の高い調査結果が得られる。

訪問先によっては、

「いや、実は今そんな引き合いが役所からきてて」

みたいな事案もあった。

誰に相談したらいいかわからなかったということで、

大変喜んでもらえたことがとてもうれしかった。

コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法、ありとあらゆるコンクリートにかかわることは実は生コン屋さんでもやってます。そして、コンクリート診断士がサポートしています。

後は地道に情報発信を続けるだけ。

これだけ手ごたえを感じた営業活動も珍しい。

そして僕たちはただただ調査するだけじゃない。

その先の提案もきちんと持っている。

僕たちは最も身近なコンクリートの専門家。

コンクリートで不幸になる人を0にする

そのモットーで本格的にスタートしています。

転載元:宮本ブログ

 

※愛知・岐阜・三重のコンクリート補修のことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※コンクリート補修の詳細は→http://www.ito-syouten.com/rc/

このページのトップへ