スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「フィルタープレスの故障|残コンスラッジ処理システム」 二次製品

「フィルタープレスの故障|残コンスラッジ処理システム」 二次製品

自分の時代には目を背けたい。

残コンスラッジのリアル。

たまっちゃったから、穴ぼこ掘ってそこに埋めよう。

またたまっちゃったから、もう一つ穴ぼこ掘ろう。

またまたたまっちゃったね。

穴をもっと増やさなきゃ。

もっと深く掘らなきゃ。

ちょっとお隣さんにはみ出てもいいじゃん。

もっともっと。

自分の時には顕在化してくれなければ、

後の世代の人がなんとかするっしょ。

今問題視しちゃうとやっかい。

自分が矢面に立っちゃうから。

それは本意ではない。

C53907D5-ED56-4ECF-88F3-E258F2D2DC03.jpeg

※今回のゲストは香川県から。なんと、二次製品工場の来社は今回初?

8F2C6D58-DDFA-433A-8D92-36D8B3BB07CC.jpeg

※総合開発(香川)の斎藤さん。なんと、現役の宮司さん(春日神社)。フィルタープレスの故障のたびに苦しんでいるという。

2640ACC8-1554-4508-AB56-53D6329D02DA.jpeg

※絞り残渣を洗浄水や残水から取り出すための設備の見学(残コンスラッジ処理システム)

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_251.html

生コン工場の残コンスラッジばかりを議論してきたが、

実際製品工場と言われる業態にも同じく残コンスラッジは発生する。

むしろスラッジの問題は生コン工場と同程度かそれ以上に深刻。

だから、僕たち自身教えてもらうことだらけで楽しかった。

製品工場ならではのさまざまな苦労がある。

スラッジが生成されるまでの過程。

洗い場、トロンメル、水路、フィルタープレス etc

それら設備は経路が複雑で長ければ長いほど故障の温床となる。

あちこちがいかれてそのたびに、

「故障したよ」

それが夕方だろうが朝イチだろうが関係ない。

復旧しなければ生産ラインは動かないのだから。

非常に苦労が多いということだった。

なんでも斎藤さん(宮司さん)以前より生コンポータルをご覧いただいていたという。

そしてご縁があってGNN四国大会でお目にかかるチャンスを得た。

「百聞は一見にしかずですよ。ぜひいらしてください」

そのお申し出に行動が早かった。

その場で日程が決まり当社にお越しいただいた。

昨日から今日にかけて長岡生コンの全てをご見学いただいた。

設備だけでもだけ、製品だけでもダメ。

残コンスラッジの解決の要諦は、

ごめん、組織です。

上げ膳据え膳いろいろしてさしあげても、

ダメな工場はやっぱダメ。

依然として解決できるところとできないところはくっきりと別れる。

その原因を一言で表現すると、

組織。

もちろん、斎藤さんのように情熱を持って問題解決に取り組む人の存在も大切。

そして、それだけじゃなく、それを許容できる組織が本当に大切。

わざわざ伊豆まで3名でいらしてくださった総合開発さん。

きっとその組織には大切なDNAが刻み込まれているのだと思う。

問題を直視する姿勢。

そして行動に移すというDNA

そんな組織にこそ残コンスラッジのソリューションはふさわしい。

形だけ真似てもだめなのだ。

ここにきて残コンスラッジ処理システムの導入を検討する生コン関係者が増えてきた。

僕たちには自信がある。

誰かの思い上がりの独りよがりのソリューションじゃない。

多くの生コン工場が実際に工場に実装してみて、

色々な失敗や間違いを経験してそれをいちいち直して改善して、

それらが積み重なって出来上がっているシステム。

今の形がけっして完成ではない。

さらに改善が加えられ、将来にはさらにいいシステムに成長すること。

これが残コンスラッジ処理システムの価値。

残コンスラッジに苦労している人たちが連携して出来上がった価値。

生コンでいいこと。

転載元:宮本充也ブログ

このページのトップへ