スタッフブログ
伊藤商店の企業活動、地域との関わりなど
不定期でアップしていきます。
  • HOME
  • トピックス&お知らせ

「草ぼうぼうでめっちゃ困っている|水勾配のいらない土間コン」 防草・下地

「草ぼうぼうでめっちゃ困っている|水勾配のいらない土間コン」 防草・下地

施工前は防草シートでレンガチップを敷いてあったのに、草が生えて困っていたため、下地として採用。飛び石と化粧砂利を敷設予定。物置と植木を設置して終了となる

で、今回は山梨。

この、下地、という利用方法も結構ある。

とにかく草が生えて困っている。

防草シートとはいえ万能ではない。

草ってやつはなかなか手強い。

それこそアスファルトやコンクリートのひび割れから、

根強く生えてくるのが雑草の強さ。

防草シートでは対応しかねる。

そんなわけで透水性コンクリート。

なんで透水性コンクリートかっていうと、

水たまりが嫌だから。

下をコンクリートで整備しちゃうと大雨の時に池になる。

草もやだけど池もやだ。

これまでも、

・ウッドデッキ

・ゴムチップ舗装

・樹脂化粧砂利舗装

・人工芝

のような仕上げ舗装の下地として活用してきた。

透水性コンクリートの懐の広さと言えるだろう。

248782A1-06B1-43AA-99B9-6ED6AA98754A.jpeg

※ヤマヨセメントさん、いつもありがとうございます!

28EA4D44-50C4-4FC9-BCE5-CA76DD39081D.jpeg

※仕上げ高さより下がっているところで仕上がっている。

602C5688-1030-44CB-8AF9-7311A3B90FDF.jpeg

※仕事を終えハードボイルドな一面をのぞかせるまさつぐ

施工前は防草シートでレンガチップを敷いてあったのに、草が生えて困っていたため、下地として採用。飛び石と化粧砂利を敷設予定。物置と植木を設置して終了となる

草ぼうぼうでめっちゃ困っている。

よく聞く話かもしれない。

IT全盛のこの時代。

僕もこの草との戦いは経験がある。

もしかしたらIT全盛と草ぼうぼうは関係ないかもしれない。

とにかく草ぼうぼうは大変である。

抜くのも一苦労だ。

そして、また生えてくるのだあいつらは。

コンクリートで埋めてしまう。

ちょっとなんか自然に申し訳ない感じもするし。

今回の採用理由のように、

透水性コンクリートを整備すれば、

地下水系に降雨を還元することにもなるし、

なんとなくエコな感じだし。

これ、アリだと思う。

生コンでいいこと。

転載元:宮本ブログ

※愛知のドライテック及びワンデイペイブのことなら伊藤商店の伊藤まで→090-7087-5443

※愛知のドライテックの詳細は→http://www.ito-syouten.com/dw/

このページのトップへ